騎西城(きさいじょう)

騎西城の基本情報

通称・別名

私市城、根古屋城

所在地

埼玉県加須市根古屋(地図は本丸跡を示す)

旧国名

武蔵国

分類・構造

平城

天守構造

独立式層塔型[3重3階/1975年築/RC造模擬天守]

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

小田氏、松平康重、小笠原氏

廃城年

寛永9年(1632)

遺構

土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(騎西城土塁跡)

再建造物

模擬天守(郷土史料展示室)、石碑、説明板

周辺の城

種垂城(埼玉県加須市)[3.6km]
花崎城(埼玉県加須市)[3.9km]
菖蒲城(埼玉県久喜市)[5.0km]
粟原城(埼玉県久喜市)[6.1km]
羽生城(埼玉県羽生市)[8.3km]

騎西城の解説文

騎西城(きさいじょう)とは、現在の埼玉県加須市にあった城である。

概要
築城時期は不明。
康正元年(1455年)古河公方足利成氏が、深谷上杉氏の城であった騎西城を攻略した。
永禄6年(1563年)上杉輝虎が小田助三郎の守る騎西城を攻略した。
天正2年(1574年)の第三次関宿合戦では、簗田持助の関宿城が北条氏政の大軍に包囲され、それを助けるために布陣した上杉謙信がこの騎西城、菖蒲城などの城下を焼討ちした。
天正18年(1590年)の小田原の役後、松平康重に与えられた。
関ヶ原の戦いの後の慶長6年(1601年)大久保忠常が城主に任じられたが、寛永9年(1632年)、大久保忠職が美濃加納城へ移封となったため、廃城となった。

交通
東北自動車道加須インターチェンジより車で約15分
東武伊勢崎線加須駅、JR高崎線鴻巣駅よりバス

騎西城の口コミ情報

⛫武蔵の甲斐守の謙凸様[2016年07月03日]
騎西城を巡る合戦では長禄三年(1459年)太田荘会下、文正元年(1466年)南多賀谷や北根原で上杉方と古河公方方が衝突したという。

古戦場近くには足利氏ゆかりの龍興寺があり、永享の乱、結城合戦で亡くなった足利持氏、春王丸、安王丸の供養塔が建つ。
中興開山は持氏の伯父である曇芳和尚である。

またその近くには多賀谷氏が下妻に移住する前の館跡(大福寺)がある。
多賀谷氏は享徳の乱の勃発に大いに関係し、氏家、朝経兄弟は関東管領山内上杉憲忠を討った功により、下妻三十三郷を給ったという。

そして関東管領上杉憲忠を討った事を機に関東は戦国時代の幕開けとなる享徳の乱に突入するのである。

⛫武蔵の甲斐守の謙凸様[2016年07月03日]
騎西城は享徳の乱(1455年~1482年)勃発当初、上杉方と古河公方足利成氏方の最前線として位置づけられる。また鎌倉府の武蔵国内の御料所を抑える意味でも重要視されていた。

一説によると上杉方の太田道灌が築城したともいわれる。
享徳4年(1455年)騎西城とその周辺では激しい戦いがあった。その後、上杉方の長尾景仲らの立て籠る騎西城は成氏方に攻められ落城した。

成氏が奪取した騎西城は奉公衆佐々木氏に守らせたという。

下野守宇治丸様[2016年03月06日]
模擬天守は…城型のビルです(笑)
県道挟んで向かい側に騎西城土塁跡と説明版・石碑がありましたが、周りが住宅街なので入りづらかったです。
登っても良かったのでしょうか?

鎌倉五山民部大輔建長僧堂様[2015年09月22日]
いきなりヌオンと模擬天守が見えます。忍城といい埼玉県はこういうの好きですね。
廃城は1632年、いまあるのは1975年築城?だそうです。

兵部卿北王子胡散人様[2013年09月13日]
模擬天守の隣に、生涯学習センターがあります。
そこに申し込むと、天守内部を見学できます。
内部は地元の歴史資料館です。

道路の向かい側には、土塁跡があります。

ビバちゃん様[2012年06月08日]
正直ガッカリな城巡りとなりました (T-T) 
観るべきものは何もありません…

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年03月05日]
実は今の模擬天守のような三層ではなく平屋だったらしい

ぎっちゃん様[2010年06月24日]
遺構の土塁は本来もう少し短いモノなのですが、復元して今見られる長さになったそうです
模擬天守は公開日がありそれ以外は非公開。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore