種垂城(たなだれじょう)

種垂城の基本情報

通称・別名

種足城

所在地

埼玉県加須市騎西町上種足(種足城址公園)

旧国名

武蔵国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

佐々木氏

築城年

15世紀?

主な改修者

主な城主

佐々木氏、小田氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

騎西城(埼玉県加須市)[3.6km]
菖蒲城(埼玉県久喜市)[3.9km]
源経基館(埼玉県鴻巣市)[5.9km]
加納城(埼玉県桶川市)[6.2km]
花崎城(埼玉県加須市)[7.0km]

種垂城の口コミ情報

⛫武蔵の美濃守の謙様[2016年06月25日]
種足城が所在する騎西郡や隣接する太田庄は、鎌倉府の御料所があり、重要視されていた。

また応永24年以前(15世紀前半)種足には日蓮宗の東国における重要な宗教施設である布教道場(御堂)が存在したという。

その道場跡とみられるのが種足城北側に隣接する小沼耕地遺跡だという見方がある。このことからも、種足地域は日蓮宗の布教道場(御堂)と共に発展したと見ることができるかもしれない。

江戸時代中期の騎西郡種足村の石高が約1500石という大村であった。
中世の頃においても、それなりの大村であったことが想定できる。

騎西(私市)城に入城した小田顕家は15世紀後半頃に種足城から移ったという。同時期に常陸小田氏にも同名の人物がいるが別人の可能性が高いといわれる。

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年03月01日]
城跡は現在種垂城址公園として整備されていますが、案内解説板と石碑があるのみで遺構は全くありません。
石碑は一風変わったデザインですが、なぜそんなデザインになったのかはわかりません。

pika越後守様[2012年01月28日]
種垂城址公園 普通の公園です。ブランコとトイレのみ。駐車場あり。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore