佐倉城(さくらじょう)

佐倉城の基本情報

通称・別名

鹿島城

所在地

千葉県佐倉市城内町官有無番地

旧国名

下総国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

独立式層塔型御三階櫓[3重4階/1616年築/焼失(失火)]

築城主

鹿島幹胤

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

千葉邦胤、土井利勝

主な城主

鹿島氏、千葉氏、久野氏、小笠原氏、土井氏、堀田氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(佐倉城跡)

再建造物

馬出、石碑、説明板

周辺の城

城城(千葉県佐倉市)[3.0km]
謙信一夜城(千葉県佐倉市)[3.3km]
古屋城(千葉県四街道市)[3.8km]
臼井城(千葉県佐倉市)[3.8km]
本佐倉城(千葉県印旛郡)[4.0km]

佐倉城の解説文

佐倉城(さくらじょう)は、千葉県佐倉市にあった近世の城郭である。

概要
佐倉城は、鹿島山の西端部に築かれ、西側と南側を囲みこむように鹿島川とそれに合流する高崎川が流れ北側には印旛沼に至る低湿地が広がっていた。
戦国時代、本佐倉城主千葉親胤が大叔父にあたる鹿島幹胤に命じて築城を開始したが、親胤が暗殺されたために工事は中止され、千葉邦胤の代にも工事が試みられたものの今度も邦胤の暗殺によって完成することはなかった。だが、いつしか築城予定地には鹿島親幹にちなんで「鹿島台」と呼ばれるようになったという。

1610年に、徳川家康の命を受けた土井利勝によって築城が再開され、ついに佐倉城が完成した。江戸時代は佐倉藩の藩庁が置かれた。城主は江戸幕府の要職に就くことが多く、なおかつ初期は城主の入れ替わりが多く、江戸初期に城主であった堀田正信(後に改易されている)の弟・堀田正俊の孫・堀田正亮が11万石で再入封(後期堀田氏ともいう)してからは、安定した藩の経営を行っている。

城郭は比較的質素で石垣を一切用いず、干拓以前の広大だった印旛沼を外堀の一部にし、三重櫓(御三階櫓)を天守の代用としている。このようなケースは関東地方を領した、要衝を預かる城郭を除き、川越城古河城などの譜代各藩の城にみられた。

しかし明治維新後に廃城令により建物を撤去。その後帝国陸軍歩兵第2連隊、後に歩兵第57連隊(通称・佐倉連隊)の駐屯地となったため、更に佐倉城の名残は消し去られてしまった。1962年3月28日市の史跡に指定され、現在は跡地に佐倉城址公園が建てられており、その一区画に国立歴史民俗博物館が建っている。

歴史・沿革
天文年間、千葉親胤の命により、鹿島親幹が築城。
千葉邦胤が改修を試みるも、邦胤自身の暗殺により中断。
1610年 土井利勝が普請を開始。
1813年 盗賊の失火により天守焼失。
1873年 第一軍管東京鎮台佐倉分管が置かれ、存城処分とされ、兵営設置のため旧城の建物を払い下げ、撤去する。
1962年 市の史跡に指定。
2006年4月6日、日本100名城(20番)に選定され、2007年6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。
...

佐倉城の口コミ情報

茉莉様[2017年05月19日]
JR佐倉より京成佐倉の方が若干近いのかもしれません。

本数は、とても少ないですが京成佐倉駅の北口に市の循環バスがあり100円で歴博近くの市役所まで行けます。
南口の方にも千葉グリーンバス[田町方面]のバスに乗れば歴博のバス停があります。

京成から徒歩の場合、大通りは高低差がある道を歩くので少し辛いかもしれません。
線路沿いですと高低差が少ないかも。

タクシーは駅前ですが、ほとんど台数がありませんので注意が必要。

6月は城内の菖蒲がとてもキレイですよ(*^^*)

小早川安芸守ケンケン優勝様[2017年05月08日]
バスが1時間に1本あるかないか、なので要注意!タクシー乗り場もあるがタクシーがいない事がほとんど。空堀はかなり見応えがあります。

蒼月☆様[2017年03月14日]
くらしの植物園はJAF会員は団体料金になります。現在は100円→50円

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年05月08日]
JR・京成佐倉から国立歴史民族博物館方面へのバス、博物館前まで行くものと行かないものがあります。後者の場合、歴史博物館入口バス停より愛宕坂を歩いて上ることになるので楽をしたい方はバスダイヤを確認しましょう(運転士が教えてくれます)

歴史博物館のレストラン(古代米を使ったメニューがウリのようです)に置いてあった「佐倉城址公園マップ」という歴博作成の小学生以上向けイラストマップが、とても見やすくおすすめです(スタンプのある佐倉城址公園センターには記載日現在未設置)

すずママ右馬頭要害情報屋様[2016年04月04日]
JR休日お出かけパスで行きました。JR佐倉駅観光案内所で地図をもらい子連れでしたのでバスで国立歴史民族博物館まで行きました。Suica使えました。

博物館の入館料は大人420円、特別展示をみるには追加料金が必要です。中に入ったら展示室が6つあり、3つ見終わるまで外に出られませんでした。中学生以上が向きかな?

戦争遺跡としては佐倉連隊跡だそうです。所々に説明板があります。

名城スタンプは博物館ではなく、くらしの植物園側の駐車場にある佐倉城址公園センターにありました。

こちら側から帰ると大手門跡があり、みちなりにJR佐倉駅に向かい歩くと宮小路町のバス停に着きました。途中、武家屋敷もありました。

ナビでくる場合は佐倉東高校がわかりやすいと思います。

じっくりみるのであればご飯を食べられるところが少ないのでお弁当持ちの方が安心と思います。博物館にレストランありました。


藤井伊賀守様[2016年01月17日]
以前は、ヤブがすごすぎて、ぜんぜん見えなかった空堀が、きれいになっていて感動!

二の丸、三の丸の空堀は堀底を歩けます。迫力満点!

まさ大膳大夫猛虎 様[2015年09月09日]
18切符で行きました。佐倉駅北口を降りると階段下に、観光案内所が有ります。地図を貰って下さいね。
バスで京成佐倉行きが良いです。170円の最低料金宮小路で下車。7〜8分で到着です。
佐倉城にと途中に、武家屋敷跡・曲輪等有ります。城手前には、佐倉城趾公園が有り、其処には大きな駐車場も有り、建物内・外にて100名城スタンプが押せます。尚その建物内には、我々を勇気付けるパンフレットが有りますから、貰うと城を廻るのに助かります。

野舘宮内少輔サラマンダー様[2013年12月03日]
2013年11月26日15時10分(75分)

駐車場、トイレ有りの大きな城址公園です
要所には解説板があります(明治時代の姿が掲載されています)
本丸、二の丸、出丸跡などを散策するだけでも、結構な時間が掛かります
私が城だなぁ〜、と感じられた場所は、出丸跡です
外は水堀、見えるは高い本丸…やっと登ると深い空堀…
普通に歩くのも大変なのに、戦いながらなんて想像出来ません
のんびりと散策していたら、博物館に入れない時間になってしまったので、また機会を作って来たいと思います

参議一之介様[2013年06月23日]
「ちばグリーンバス」という路線バスが運行されています。本数はあまり多くありませんが、JR佐倉駅からはやや遠いので、時間が合えば利用するとよいと思います。160円です(京成佐倉駅も通ります)。
JRの佐倉駅と京成佐倉駅とはかなり離れているのでご注意ください。

尾張守ひろっちぃ様[2012年11月24日]
建物は何も残っていません。比較的楽な山を登った山頂は佐倉城跡公園として整備され市民の憩いの場になっています。本丸跡 櫓跡があり随所に空堀があります

修理大夫えぶぅ*様[2012年09月03日]
佐倉城の楽しみ方はその縄張の広さと土塁、空堀。歴博方面の正面入口から入っても愛宕坂以外は何も楽しめません。出丸跡から帯曲輪跡を通って本丸へ向かうとその広さを実感できます。本丸後も数々の櫓跡・門跡が案内板付きであり、当時の様子を知ることができます。軍の駐屯地時代の遺構も数多くあり、どちらが好きでも楽しめると思います。

ばくりんこ右京大夫様[2012年08月18日]
城らしい建物は何も残っていないけど、当時の複雑で広大な縄張を今に伝える空堀、土塁がしっかりと残り城好きには充分楽しめます。
国立歴史民族博物館と併せて見るなら一日あってもいいぐらいです。

GINTOKI様[2012年01月19日]
佐倉城内の国立歴史民俗博物館のミュージアムショップでは!佐倉城の天守(御三階櫓)のペーパークラフトの模型を販売してます!日本百名城スタンプラリーのスタンプは佐倉城公園管理事務所に佐倉城天守(御三階櫓)の復元模型と共にあります!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore