水戸城(みとじょう)

水戸城の基本情報

通称・別名

馬場城、水府城

所在地

茨城県水戸市三の丸1他

旧国名

常陸国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

三階物見[3重/1609年築/焼失]、独立式層塔型御三階櫓[3重5階/1766年再/焼失(空襲)]

築城主

馬場資幹

築城年

建久年間(1190〜1199)

主な改修者

佐竹義宣、徳川頼房

主な城主

大掾氏(馬場氏)、江戸氏、佐竹氏、徳川氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、門、藩校、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国特別史跡(藩校)、県史跡(水戸城跡(塁及び濠))、県指定文化財(旧水戸城薬医門)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

武熊城(茨城県水戸市)[0.9km]
吉田城(茨城県水戸市)[1.8km]
見川城(茨城県水戸市)[3.5km]
勝倉城(茨城県ひたちなか市)[3.9km]
河和田城(茨城県水戸市)[6.2km]
長者山城(茨城県水戸市)[6.2km]
加倉井館(茨城県水戸市)[9.7km]
多良崎城(茨城県ひたちなか市)[10.4km]
祝町向洲台場(茨城県東茨城郡)[10.8km]
松川陣屋(茨城県東茨城郡)[11.1km]

日本100名城・続日本100名城スタンプ情報

番号・名称

14 水戸城

設置場所

弘道館料金所窓口[地図

水戸城の解説文

水戸城(みとじょう)は、常陸国茨城郡水戸(現在の茨城県水戸市三の丸)にあった日本の城である。

江戸時代には、徳川御三家の一つ水戸徳川家の居城で、水戸藩の政庁が置かれた。茨城県指定史跡。三の丸にある藩校・弘道館は国の特別史跡。

概要
水戸市の中心部、水戸駅の北側に隣接する丘陵に築城された連郭式平山城である。北部を流れる那珂川と南部に広がっていた千波湖を天然の堀としていた。本丸の西側に二の丸が配され、さらに西に三の丸が配され、それぞれが空堀で仕切られていた。城郭は主に土塁と空堀で構成された戦国期東国の典型的な城である。常陸国主佐竹氏の後は徳川御三家の居城となった。尾張藩の名古屋城、紀州藩の和歌山城と違って戦国遺風が濃い連郭式の城である。水戸徳川家は参勤交代を行わない江戸定府大名であったため、水戸城が藩主の居城として使われることは少なく、城内の建築物は質素であった。

江戸時代の御殿は、二の丸に現在の茨城県立水戸第三高等学校と茨城大学教育学部附属小学校・附属幼稚園にまたがる形で存在した。三の丸には藩校などがあり、本丸は主に倉庫として使用されていたとされる。本丸を中心として使用していたのは江戸氏の頃とされる。江戸近隣の城は江戸幕府に憚り天守建造はしないが、それは御三家の水戸も例外ではなかった。しかし、外見は三層、中は五階建ての御三階櫓と称す大型の櫓があり天守閣の代用とされた。御三階櫓は明治の解体を免れたが、太平洋戦争時の水戸空襲で焼失し、以後再建されていない。

三の丸付近が城址として整備されており、土塁・空堀が現存している。三の丸には水戸藩藩校であった弘道館(国の重要文化財、特別史跡)が現存しており、弘道館の西側には旧茨城県庁舎が建っている。また、薬医門(茨城県指定有形文化財)は銅板葺に変更されたものの現存しており、現在は旧本丸にある茨城県立水戸第一高等学校に移築されている。この門は佐竹氏時代の建物と言われており現存する水戸城の建物で最古のものである。

現在の城跡は文教地区となっており、立ち入り禁止のエリアが多い。水戸一高の他、水戸三高、水戸市立水戸第二中学校、水戸市立三の丸小学校、茨城大附属小・幼稚園が建っている。三の丸小学校は校門や塀、校舎の多くを和風にしている。

明治期に二の丸と三の丸の間の堀は道路用地(県道232号市毛水戸線)、本丸と二の丸の間の堀は鉄道用地(JR水郡線)になった。

御三階櫓
水戸城の御三階櫓の初代は「三階物見」と呼ばれる三重櫓であり、1764年(明和元年)に焼失した当時は銅板葺であったが、以前は茅葺であり極めて簡素であったという。焼失後、1766年(明和3年)に再建され三階櫓という実質上の天守となった。2代目の御三階櫓は、外観3重内部5階の最上重の入母屋以外の破風のない層塔型で、櫓台はなく、地面に敷かれた礎石の上に建っているものであった。下の部分、一階二階部分は海鼠壁であり、三階四階五階部分が白壁で、外見は三層、中身は五階であった。昭和戦前期までは残っていたが、1945年(昭和20年)の水戸空襲により焼失した。なお、空襲等太平洋戦争の戦災で焼失した天守相当の建築のうち再現されていないのは現在は水戸城だけである。

歴史・沿革
馬場・佐竹時代
築城は古く平安時代末期まで遡る。常陸国の大掾であった平国香の子孫である馬場資幹により建久年間(1190年 - 1198年)に築かれたとされる。以後、大掾氏(馬場氏)の居城となった。このため、佐竹氏が入城するまで「馬場城」と呼ばれていた。...

水戸城の口コミ情報

2020年09月22日 生駒美作守江現蔵
水戸城



三の丸はとても広く学校が多いです。二の丸の現存の薬医門は水戸第一高校の門です。今年4月に大手門が完成しました。

2020年09月09日 水天一碧
水戸城

水戸城は台地上にあり、城の北側には那珂川が流れ、千波湖は現在の位置よりさらに水戸駅にまで近い位置にあったため、自然の水堀に囲まれ守られた城でした。この立地がとても良く、那珂市やひたちなか市方面から水戸城方面に車を運転して見る遠景もぜひ見てほしいです。
古写真や絵図が残っており、徳川が築いた城であるかのように思われがちですが、そもそもは鎌倉時代に大掾氏によって築かれ長い歴史を持つお城です。
そして、佐竹氏が常陸太田城からうつり、秋田に移封されるまでの12年間の居城となったお城でもあります。常陸太田城のままでは、領国運営には少し遠かったのかなあと思います。
現在見られるお城は、佐竹氏が作ったものに徳川がさらに拡大整備をし手入れをしたにすぎないとのことです。二の丸と三の丸は佐竹氏によって築かれ、そこを隔てる堀は佐竹氏によるもので、三の丸にある巨大な箱堀は逆に徳川の手によるものだそうです…
佐竹氏時代の城を知る絵図のようなものはありませんが、他の佐竹氏の城で、水戸城と似通った感じの縄張り図を見ながら、想像力を全開にして歩くのが楽しいです。

2020年06月07日 Jedi兵庫允Master
水戸城



水戸城の大手門を見てきました。とにかくデカイ😅駅構内の観光案内所は閉鎖してました。

2020年05月23日 野呂利左衛門督休三
水戸黄門神社[水戸城  寺社・史跡]



徳川光圀の出生地を記念して三木之次の子孫によって建てられ、水戸徳川家から贈られた光圀像が祀られているそうです。
こちらは三木邸から外れているそうですが水戸市の説明板が立てられています。

すぐ背後に二の丸の崖線を見ることができる位置にあります。

2020年05月23日 野呂利左衛門督休三
水戸黄門誕生の地[水戸城  碑・説明板]



讃岐松平家初代の松平頼重と水戸徳川家二代の徳川光圀が生まれることを、父の水戸徳川家初代の頼房は認めていませんでしたが、その母を預かった水戸徳川家の重臣の三木之次は内密にその命令に背きました。
頼重は江戸の三木邸で生まれましたが、光圀は水戸の三木邸で生まれました。

この場所は三木邸のほぼ北端にあたります。三木邸の中心はもう少し南の線路の辺りだったそうです。その南側は千波湖だったようです。三木邸は元禄十(1697)年頃に水戸徳川家の中御殿となり、代わりに北三の丸に替地が宛がわれています。

碑の上部にあるのは水戸城三階櫓のオブジェです。

(参考:Wikipedia「三木之次」)

2020年05月16日 野呂利左衛門督休三
弘道館[水戸城  遺構・復元物]



徳川斉昭が開いた水戸藩の藩校。天保十二(1841)年に仮開館(安政四[1857]年に本開館)し、明治五(1872)年には閉校と短い期間ですが幕末史の重要な舞台です。
現在は正門と正庁のみしか建物はありませんが、かつては文館、武館、医学館、調練場、鹿島神社からなっており、敷地も今の県庁三の丸庁舎や県立図書館、水戸警察署、三の丸小学校を含むものでした。なお現在の弘道館公園は弘道館の正門と正庁、文館跡、鹿島神社から成ります。

弘道館の失われた建物の内、鹿島神社の建物は昭和二十(1945)年の水戸空襲で焼失しましたが、それ以外は明治元年の弘道館戦争での焼失です。
戊辰戦争で越後や会津を転戦した諸生党は会津藩降伏後、再起を図り後方で手薄となっているであろう水戸に戻ってきますが、水戸城占拠を果たせず、弘道館に立て籠ります。翌日の戦闘で諸生党は退却しますが、この戦闘で多くの建物が失われ、正門には弾痕が刻み付けられることになります。

なお、諸生党の名称は弘道館の書生が多かったことに由来しますが、面々の多くは斉昭の藩主就任で割を喰った門閥保守派です。

2020年05月16日 野呂利左衛門督休三
弘道館北柵御門[水戸城  遺構・復元物]



弘道館には正門と南北2つの柵門(弘道館の図面「弘道館全図」の表記)がありました。ここは北側の柵門で、2019年に再建されたものです。
弘道館の文館(学習の場。出版施設もあった)と調練場の境にありました。調練場は今の県庁三の丸庁舎や茨城県立図書館、水戸警察署に当たります。
北柵御門は枡形の中に土塁が張り出した形状で門を入ってから土塁に挟まれた右左左と曲がる通路を進むことになります。
現在、北柵御門の虎口土塁は東側の弘道館公園部分のみの復元なので通行することはできません。
弘道館の北と南には二の丸の堀と三の丸の堀を結ぶように土塁と堀が延びていました。
ここから東(二の丸方向)に延びる土塁と堀は当時のものです。

2020年02月02日 もっちん上総介
水戸城



水戸の城下町MAP-幕末版-が、水戸駅構内改札口並びの観光案内所、弘道館内の売店等で、一部100円で売られています。
現在の水戸市街地図に、嘉永〜文久頃の水戸城及び水戸城下の地図を、重ねたものです。
双方の地図を見比べながら、水戸の町を歩いて観るのも、面白いかとおもいます。
是非ご購入下さい。

2019年09月29日 ケムラーまさある甲斐守
三ノ丸駐車場[水戸城  駐車場]



三ノ丸駐車場。
庁舎前ですが、どなたでも駐車可能。
1時間300円。

2019年09月29日 ケムラーまさある甲斐守
弘道館駐車場[水戸城  駐車場]



弘道館駐車場。
10台ほど駐車出来ます。
無料ですが、弘道館見学者用です。
見学してから散策しましょう!
大人200円。

2018年11月08日 さーはる@ALL左衛門督
水戸城

旧三の丸に復元工事中の大手門。11/7に上棟式が行われました。完成お披露目は来年9月を予定しています。


2017年05月08日 讃岐守せんとくん
水戸城

水戸駅から、弘道館の前の大手橋を渡り、水戸第一高校にある薬医門を目指して行く途中に、模擬塀と杉山門が再建されてました。
杉山門の予備知識がなかったので驚きました。
杉山門を通過し、水戸第一高校に着く前の橋の下に、水郡線の線路があったが、昔は堀だったのでしょう。
水戸第一高校の校門を入ってすぐに、薬医門があります。
徳川御三家の城に相応しい立派な門です。

2014年04月26日 ジャミ伊賀守
水戸城

車ではじめから水戸城を目指して来ると何処に車を停めていいのか?どう見ればいいのか?わかりずらかったです。
弘道館を目指して無料駐車場(現時点13台分)に駐車し、水戸城跡通りをみて回ると見易いと思いました。

2013年03月10日 大田原釆女正資清
水戸城

弘道館、2013/03/09現在、孔子廟が拝観可能になっています。
正庁等は震災復旧の為、工事中でした。



2013年02月19日 まさっち参議
水戸城

JR水戸駅より徒歩10分。
現存する建物は薬医門のみ。水戸一高の敷地内にありますが、見学者は門のところまでは入れます。
城らしさを感じるのは大手門跡。門は現存しませんが土塁が往時を偲ばせます。
大手門の正面には藩校の弘道館があります。こちらは建物も現存しているのですが、震災被害を受けており現在は修理中。敷地内には入れますし、工事用のフェンスは一部に透明のアクリル板が使われているので、そこから覗く事は可能です。

2012年07月25日 徳川内大臣源朝臣康武
水戸城

藩校弘道館、今現在も入館無料でした。あちこちが修理工事中で、幕囲いばかり^^;

2012年05月07日 傾奇揚げ仙兵衛
水戸城

薬医門の写真を撮りに行く時 場所が高校なので挙動不審だと変質者に間違われ通報されないようにコソコソするのは辞めましょう。

2012年02月26日 しまさ左大臣
水戸城

「100名城スタンプ情報」
弘道館料金所窓口で訪ねると出してくれました。
(2012/2/19時点)

2011年10月14日 サムライ出羽守はる
水戸城

震災の影響で閉鎖されていた藩校弘道館が先週から部分公開中です。正庁などの建物の中は見学出来ませんが、震災当時のまま修復が必要な部分も多々ある模様。
公開時間は9:00〜16:30までで入館料は無料ですが無料の期間は不明。
弘道館前の道路は一方通行。しかも駐車場は数台程度しか置けないので、でお越しの際は近くの三の丸かJR水戸駅の駐車場をお勧めします。

2011年09月27日 サムライ出羽守はる
水戸城

震災から半年が過ぎましたが水戸城三の丸にある弘道館は今も閉鎖中国の重要文化財でもある正庁・至善堂は外壁・屋根損傷、塀の瓦も大部分が落下し、警鐘は全壊したままでブルーシートが掛けられたまま・・・修復作業は始まっている様子ですが再開はいつになるかはわからず

2010年09月20日 天神
水戸城

弘道館はすばらしい。あんな所で勉強すると身に付くのも早いだろうなあ〜

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore