祝町向洲台場(いわいまちむこうずだいば)

祝町向洲台場の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町

旧国名

常陸国

分類・構造

台場

天守構造

なし

築城主

水戸藩

築城年

文久3年(1863)

主な改修者

主な城主

水戸藩

廃城年

遺構

土塁

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

松川陣屋(茨城県東茨城郡)[7.8km]
勝倉城(茨城県ひたちなか市)[7.9km]
吉田城(茨城県水戸市)[9.7km]
武熊城(茨城県水戸市)[9.9km]
水戸城(茨城県水戸市)[10.8km]
多良崎城(茨城県ひたちなか市)[11.2km]
見川城(茨城県水戸市)[13.9km]
河和田城(茨城県水戸市)[16.5km]
石神城(茨城県那珂郡)[16.7km]
長者山城(茨城県水戸市)[16.8km]

祝町向洲台場の解説文

祝町向洲台場(いわいまちむこうずだいば)は茨城県東茨城郡大洗町にあった幕末の台場である。

概要
那珂川の河口近く右岸の高台、アクアワールド大洗のすぐ西側に位置する。

現在は跡地全体が砂防林として松林になっているが、地形は当時の名残をよく残している。

南北約200メートル、東西約90メートルと大きな台場で、常陸国では最大規模のものであった。

歴史
水戸藩主であった徳川斉昭が天保11年(1840)に自領に戻った際、沿岸防備のために築造を意図した。

その後、安政2年(1855)より縄張りが始められ、文久3年(1863)頃に築造された。

本来の目的である海防のためには利用されたなかったが、元治元年(1864)の天狗党の乱においては那珂湊に陣取る諸生党を攻撃するため、この台場から大砲が発射された。

交通
東水戸道路・水戸大洗ICより約15分。付近に県営駐車場(約1,000台収容、24時間営業)あり
ひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅より茨城交通バス(50番 茨大前営業所行き)で約7分
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線・大洗駅より海遊号(アクアワールド・大洗ルート)で約15分

参考文献
祝町向洲台場跡現地説明板。
大洗町役場webサイト(http://www.town.oarai.lg.jp/)。

祝町向洲台場の口コミ情報

2020年06月21日 水天一碧
磯浜海防陣屋[祝町向洲台場  周辺城郭]

Googleマップに日下ヶ塚古墳で登録あります。ここでは陣屋の最高所でマークしてます。

駐車場は大洗町役場が無難です。古墳周りは住宅街で駐車場はありません。役場から徒歩で10分かかりません。(陣屋に入るための狭い坂道を歩いている時にすれ違ったレヴォーグは道幅にぴったりでした。路駐も諦めてください)

異国船に対処するための陣屋でしたが、天狗党の乱で占拠され、幕府軍の砲撃により鎮圧するも、以後、再建されることはなかったそうです。
1番高い平坦地の写真だけ挙げましたが、右奥にはかなり高低さをつけた平坦地が連なっています。上の平坦地に行くための虎口?階段のようなスロープ?がついているらしいんですが藪写真にしかならず。
ちなみに、昨年、すぐ近くにある車塚古墳などと合わせて、磯浜古墳群として国指定史跡になりました。古墳が好きな方にもオススメの場所です。

2019年05月02日 下野守ヒロティー
祝町向洲台場

海辺の小高い丘の上に看板があるだけでした。奥に見えるのはアクアワールド・大洗水族館です。
さすがは海辺。よほど強い風に晒されたのでしょう。鉄製の看板部分が枠から外れて、裏返しになって落ちていました。
幕末期に水戸藩主徳川斉昭公が、設置させた砲台の跡です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore