古河公方館(こがくぼうやかた)

古河公方館の基本情報

通称・別名

鴻巣御所、鴻ノ巣御所、古河公方足利成氏館

所在地

茨城県古河市鴻巣

旧国名

下総国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

足利成氏

築城年

享徳4年(1455)

主な改修者

主な城主

足利氏、氏姫

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(古河公方足利成氏館跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

古河城(茨城県古河市)[1.2km]
栗橋城(茨城県猿島郡)[7.9km]
小谷城(栃木県小山市)[8.3km]
粟原城(埼玉県久喜市)[9.6km]
花崎城(埼玉県加須市)[9.7km]

古河公方館の解説文

古河公方館(こがくぼうやかた)は茨城県古河市鴻巣にあった中世の城館。鴻巣御所・鴻巣館とも呼ばれる。古河御所と呼ばれる場合もある。現在、古河公方館跡地の大半は古河総合公園にある。

概要
享徳4年(1455年)、享徳の乱の際に、初代古河公方の足利成氏により築かれたと考えられている。古河城本丸から南東へ1km程度離れた鴻巣の地にあり、御所沼に突き出た半島状台地に築かれた連郭式の中世城館である。天正18年(1590年)には、最後の古河公方足利義氏の娘である氏姫(氏女)の居館となった。寛永7年(1630年)に、氏姫の孫にあたる尊信が下野国の喜連川に移ったのちは主を失い、時宗十念寺の寺域となる。現在、当時の建築物は残されていないが、城跡の大半とその周辺は古河総合公園として整備されている。

歴史・沿革
『鎌倉大草紙』享徳四年(1455年)六月の条に「成氏は総州葛飾郡古河縣こうのすと云所に屋形を立、……」とあることから、享徳の乱において鎌倉から下総・古河に移座した初代古河公方・足利成氏により築かれたと考えられている。長禄元年十月には「下河辺古河の城ふしむ出来して古河へ御うつりありける」とあるので、成氏は2年間程度本館を御所としたのち、立崎の古河城へ移ったことになる。

その後は氏姫の時代まで史料が乏しい。当時は舟で往来可能だった古河城とあわせて、一つの広大な城域を形成していた等の見方も示されている。なお、足利義氏についても、葛西城関宿城小金城佐貫城・鎌倉への移座を重ねた末の永禄12年(1569年)に古河帰座を実現し、本館を御所としたとする見解もあるが、根拠となった史料は異なる解釈も可能なあいまいなもので、検討の余地がある。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉の「古河城破却」(立ち退きの意か)令により、氏姫は古河城から本館に移ってきた。父の義氏は天正10年(1582年)に没していたが、古河公方の後継者が定まらず、氏姫が古河足利氏を継承していた。

天正19年(1591年)3月、秀吉は氏姫に対して、足利頼純の子である国朝との縁組を指示した。頼純は、かつて古河公方と対立してきた小弓公方・足利義明の子であり、天文4年(1535年)の国府台合戦で小弓公方が滅びたのちは、安房国の里見氏に庇護されていた。この婚姻の結果、鎌倉公方以来の関東公方家は再び統一され、下野・喜連川の喜連川氏として江戸時代へ継承される。文禄2年(1593年)に国朝が病死した後は、引き続き弟の頼氏と氏姫との婚姻が成立し、二人の間に義親が生まれた。氏姫はその後も古河を離れず、義親夫妻とその子の尊信とともに、元和6年(1620年)に生涯を終えるまでを本館で過ごした。

寛永4年(1627年)に義親が死去したのちは尊信が残っていたが、寛永7年(1630年)に喜連川にいた祖父の頼氏が死去すると、後を継ぐために古河を離れた。残された本館は時宗十念寺の寺域となる。

構造
御所沼に向けて、東から西に延びる半島状の台地上にある。現地調査の結果、かつての城域は東西700m に及び、先端にあたる西側から順に、1曲輪(根城)(南北幅40m、東西長135~140m)、2曲輪(中城)(南北幅70~100m、東西長180m)、外郭(宿)(南北幅100~130m)の3区画が確認されている。各区画の間には空堀があり、堀の西側には土塁も設けて、東側からの来襲に備えていた。

1曲輪は、本丸に相当すると考えられている。現在は「公方様の森」と呼ばれる一角である。
...

古河公方館の口コミ情報

Terry左衛門尉 様[2018年04月16日]
牡丹桜を見ながらふと思案している。古河の地は利根川の水運に近いし、関東には防御の構えとして有利な山城を作るようなところが、殊に旧下総国には少ないように思えるのだが、何故に成氏は古河という一面平坦な土地に居館を構えたのだろう〔城は川沿いにあったとされているが〕。群雄割拠し、諸豪が山城に立てこもった戦国時代初期とは異なるとはいえ、このような桃源郷のようなのどかな場所で居館を構えていたとすれば、やはり、公方の威光は大なるものであったのだろうし、雅である。
歴史的な該博な知識は別として、春のこの季節に訪れるとついそういう思案ごとをしてしまう。

雑賀様[2016年10月21日]
氏姫に強く興味を持ち訪ねてみたくなりました. 
公方様のお住まい、氏姫が生涯を閉じた御所、別名は鴻巣御所… 
雅な館のイメージを勝手に抱いていたが、そこはそれ『関東の爆弾男』と呼ばれる?足利成氏が築城した館、堀切や土塁も明確に残っています.
 
館の周囲に広がる現在の御所沼は復元されたものだが、当時は沼から湿地帯と渡良瀬川を経て古河城にも繋がっていたとのこと.
 
静謐な墓所や見晴らしの良い沼、広場も複数、桃林を始め様々な花々を楽しめる広大な総合公園内にあります.
 
公園から車で5分程の鮭延寺(けいえんじ)に、最上家で活躍した鮭延秀綱の墓所があることをあとから知りました.今回スズメバチの影響で立入り禁止だった本丸跡である『公方様の森』と合わせ、再訪したいです.

土塁ルイ様[2016年03月27日]
古河公方公園の桃林にある「徳源院跡」は北条氏康の孫にあたる足利氏姫の墓所になります。

氏姫は小弓・古河両公方家統合の礎となり、江戸期には5千石ながら10万石待遇の家格を持つ喜連川家として、名族足利氏の中で唯一明治維新まで大名格で存続しました。

徳源院跡は、桃林の真ん中にあるものの歩道から少しはずれているため、最近まで全く気付きませんでした。
公方館跡や桃まつりに行かれるのであれば、一緒に回ってみるといいと思います。

古河公方館の周辺観光情報

古河公方公園

25ヘクタールにおよぶ広大な自然の中に、四季折々に咲く、美しい花々が訪れる人をなごませるせてくれます。 春には、矢口、源平、菊桃など2000本の桃の花が咲き誇り、まさに桃源郷を思わせる情景が広がります。

詳細はこちら

古河城追手門跡

当該地の北に位置する東西方面の大通りを境に、北側は武家屋敷となっており(片町)、南側は城の堀と五間(約9m)ほどの高さの土塁が構築されており、追手門に入るには堀にかかる橋を渡りました。堀の水深は二尺(約60cm)、堀幅は七間(約13m)とも一六間(約30m)ともいわれています。

詳細はこちら

古河歴史博物館

関東地方の中央に位置し、室町時代以来の城下町として栄えた古河。 その古河城出城跡に平成2年に開館しました。周辺の景観を生かしたこの建物は、1992年の日本建築学会賞・1996年の公共建築賞を受賞しています(設計=吉田桂二)。

詳細はこちら

杉並通り

この通りは、赤レンガと雪華をイメージして造られた道で、武家屋敷のおもかげを残す街並みと調和してなかなかの景観をかもしだしています。 テレビや雑誌、ポスター等にもしばしば登場し古河を代表する景観のひとつでもあります。

詳細はこちら

雀神社

今から約1150年前、清和天皇の貞観元年(859年)に出雲大社から勧請したものとされ、大己貴命・少彦名命・事代主命の三柱の神が祀られています。 雀神社の名の起こりは、昔この辺りを「雀が原」といったことからその名がつけられたとも、「国鎮めの神」といったのが訛ってスズメになったともいわれています。

詳細はこちら

情報提供:古河市産業部観光物産課
「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore