古河公方館

(こがくぼうやかた)

通称・別名

鴻巣御所、鴻ノ巣御所、古河公方足利成氏館

所在地

茨城県古河市鴻巣

城郭構造
平城
天守構造
築城主
足利成氏
築城年
享徳4年(1455)
主な改修者
主な城主
足利氏、氏姫
廃城年
遺構
曲輪、土塁、空堀
指定文化財
県史跡(古河公方足利成氏館跡)
再建物
石碑、説明板
周辺の城
古河城(古河市) 1.2km
栗橋城(猿島郡) 7.9km
小谷城(小山市) 8.3km
粟原城(久喜市) 9.6km
花崎城(加須市) 9.7km

古河公方館口コミ情報

雑賀様[2016年10月21日]
氏姫に強く興味を持ち訪ねてみたくなりました. 
公方様のお住まい、氏姫が生涯を閉じた御所、別名は鴻巣御所… 
雅な館のイメージを勝手に抱いていたが、そこはそれ『関東の爆弾男』と呼ばれる?足利成氏が築城した館、堀切や土塁も明確に残っています.
 
館の周囲に広がる現在の御所沼は復元されたものだが、当時は沼から湿地帯と渡良瀬川を経て古河城にも繋がっていたとのこと.
 
静謐な墓所や見晴らしの良い沼、広場も複数、桃林を始め様々な花々を楽しめる広大な総合公園内にあります.
 
公園から車で5分程の鮭延寺(けいえんじ)に、最上家で活躍した鮭延秀綱の墓所があることをあとから知りました.今回スズメバチの影響で立入り禁止だった本丸跡である『公方様の森』と合わせ、再訪したいです.

土塁ルイ様[2016年03月27日]
古河公方公園の桃林にある「徳源院跡」は北条氏康の孫にあたる足利氏姫の墓所になります。

氏姫は小弓・古河両公方家統合の礎となり、江戸期には5千石ながら10万石待遇の家格を持つ喜連川家として、名族足利氏の中で唯一明治維新まで大名格で存続しました。

徳源院跡は、桃林の真ん中にあるものの歩道から少しはずれているため、最近まで全く気付きませんでした。
公方館跡や桃まつりに行かれるのであれば、一緒に回ってみるといいと思います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore