寿能城(じゅのうじょう)

寿能城の基本情報

通称・別名

所在地

埼玉県さいたま市大宮区寿能町2-155(寿能公園)

旧国名

武蔵国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

潮田資忠

築城年

永禄3年(1560)

主な改修者

主な城主

潮田資忠

廃城年

遺構

土塁?、櫓台跡

指定文化財

県旧跡(寿能城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

土呂陣屋(埼玉県さいたま市)[0.6km]
大和田陣屋(埼玉県さいたま市)[0.7km]
大成館(埼玉県さいたま市)[2.6km]
松野氏館(埼玉県さいたま市)[3.1km]
落合陣屋(埼玉県さいたま市)[4.4km]

寿能城の解説文

寿能城(じゅのうじょう)は、現在の埼玉県さいたま市大宮区にあった城である。県指定旧跡。

歴史・沿革
永禄3年(1560年)頃に岩槻太田氏の岩槻城の支城として見沼に面して築城された。初代城主の潮田資忠は通説では当時の岩槻城主の太田資正の四男とされている。

その後、太田資正の嫡男氏資が後北条氏方に属して岩槻城主になると、寿能城も後北条方の城になる。

天正18年(1590年)の小田原の役のさい、城主の潮田資忠・資勝父子は4月18日に小田原城にて戦死。寿能城も豊臣方の浅野長政軍のに攻められて落城し、家来やその妻子は見沼に身を投げたと言われる。このことから、大正から昭和初めに村人に供養を願って現れた蛍になった姫の話が伝わっている。

徳川家康の治下に一帯の開発が命ぜられ、城址はほとんど失われた。

太平洋戦争時には城址に高射砲が敷設され遺構の破壊が更に進んだ。近年になって城址の一部(さいたま市大宮区寿能町2丁目155番地)が寿能公園として整備されたが面影はほとんど残っていない。寿能公園に立つ潮田資忠の墓碑は資忠の子孫が元文3年(1738年)に建立したものである。

寿能城の口コミ情報

とん様[2017年01月01日]
大宮第二公園、大和田公園の側であり、付近は他にも大宮公園や大宮第三公園など大きな公園地帯であり周辺の人たちの憩いの地域です。
ジョギングや散歩などをしながら散策すると気分がより良いかも知れません。城跡付近の説明文も色々充実しており、楽しめると思います。

土塁ルイ様[2016年10月15日]
マップを見るとわかりますが、寿能城、大和田陣屋、土呂陣屋がそれぞれ見沼低地を囲むような台地に立地しています。

このあたりは旧大宮市の住宅地で宅地化され、遺構を探すのも一苦労ですが、機会があれば、寿能城出丸跡にあたる大宮市営球場スタンド後ろの北側通路から周囲を俯瞰されてみることをオススメします。

この3城を訪れたことがある人なら、その距離感や高低差にちょこっと感動することと思います。

糸柳釆女正猫紫雨様[2013年09月13日]
歩くととてもわかりづらい場所にありますが、見つけてしまえば分かりやすいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore