中釘陣屋(なかくぎじんや)

中釘陣屋の基本情報

通称・別名

指扇陣屋、山内陣屋

所在地

埼玉県さいたま市西区大字中釘

旧国名

武蔵国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

山内一唯

築城年

元和9年(1623)

主な改修者

主な城主

山内氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

永田陣屋(埼玉県さいたま市)[3.0km]
大成館(埼玉県さいたま市)[4.9km]
御屋敷山(埼玉県さいたま市)[6.5km]
川越城(埼玉県川越市)[6.5km]
土呂陣屋(埼玉県さいたま市)[6.7km]

中釘陣屋の解説文

中釘陣屋は、土佐藩の藩祖である山内一豊の甥・山内一唯が旗本としてこの地に領地を得た際に構えた陣屋である。

だが一唯はのちに嗣子のなかった本家の土佐藩山内家に養子として入ったため、この陣屋は廃止された。

現在、跡地は宅地や畑となっており遺構を確認することは出来ない。

中釘陣屋の口コミ情報

上尾堀の内安房守様[2015年10月14日]
秋葉神社より数百メートル離れた北西部一帯(中釘929周辺)が陣屋址になります。秋葉神社の境内は含みません。

現在はほとんどが耕作地となり、明確な遺構(土塁、堀)は見受けられませんでした。

舌状台地先端に設けられた周囲より一段高い地形と陣屋北側に流れる小川が往時を偲ばせています。

pika越後守様[2011年10月16日]
山内一豊の甥である一唯が築いたとされています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore