大堀山城(おおほりやまじょう)

大堀山城の基本情報

通称・別名

大堀山館

所在地

埼玉県川越市下広谷332-1他

旧国名

武蔵国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

扇谷上杉氏

築城年

室町時代

主な改修者

主な城主

扇谷上杉氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(大堀山館跡)

再建造物

説明板

周辺の城

河越館(埼玉県川越市)[3.3km]
高坂氏館(埼玉県東松山市)[6.2km]
川越城(埼玉県川越市)[6.4km]
城山砦(埼玉県狭山市)[8.3km]
石戸城(埼玉県北本市)[8.7km]

大堀山城の解説文

大堀山館跡は本郭の北側に帯状に広がる二の郭・三の郭を持つ構造である。郭を区画する堀には高い土塁が残されており、機能的には住まいである「館」ではなく、合戦に備えた「城・陣所」と考えられる。

発掘調査では本郭・二の郭の下に、方形の郭があったことを示す堀が検出され、最低でも1回の造り替えはあったことが確認された。出土した遺物はかわらけや瀬戸・美濃産陶器などの他、双六などの遊戯に使われる土製のサイコロ、中国産の茶入、木製臼、蘇民将来符などであり、15世紀後半の年代が与えられる。

発掘調査成果から推測できる15世紀後半という遺跡の使用時期には、大堀山館跡の周辺では文明9年(1477)の「勝原(すぐろはら)の合戦」、長享2年(1488)の「勝陣所(すぐるじんしょ)」など、幾つかの合戦や陣所の記録が残っている。

大堀山館跡の築城経緯は明らかになっていないが、これらの合戦のいずれかに際して扇谷上杉氏によって築かれたものと考えられる。

提供:川越市教育委員会文化財保護課

大堀山城の口コミ情報

ハチミツ式部卿様[2016年08月16日]
川越市にありますが、圏央道の南側に位置します。
ナビをセットし、かなり細い道を進むと、若葉霊園の案内表示が出て来ます。
更に進んでいくと、右手にみえる山林が城趾となっています。

昼間でも、暗い感じで、自然のままが残っていて、整備はほとんどされていません。
なので、夏の時期の散策は不可能だと思われます。

説明板がないと、ほんとただの雑木林に見えますが、良く読むと、戦国時代の関東における主要な二つのルートが交わる重要な拠点を押さえる役割を担って築かれた重要なお城だったようです。

県指定史跡にもなっているので、もっと整備に力を入れれば、訪れやすくなるのでは、と思いました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore