武蔵松山城(むさしまつやまじょう)

武蔵松山城の基本情報

通称・別名

城山

所在地

埼玉県比企郡吉見町大字南吉見字城山

旧国名

武蔵国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

築城主

上田友直

築城年

応永6年(1399)

主な改修者

上杉朝定、北条氏康、松平家広

主な城主

上田氏、難波田氏、扇谷上杉氏、太田氏、桜井松平氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(比企城館跡群)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

源範頼館(埼玉県比企郡)[2.8km]
高坂氏館(埼玉県東松山市)[3.8km]
青鳥城(埼玉県東松山市)[4.0km]
山田城(埼玉県比企郡)[6.2km]
箕田館(埼玉県鴻巣市)[7.3km]

武蔵松山城の解説文

松山城(まつやまじょう)とは、武蔵国横見郡松山(現在の埼玉県比企郡吉見町大字南吉見字城山)にあった城。別名「武州松山城」「武蔵松山城」。

2008年(平成20年)、「比企城館跡群」の一つとして国の史跡に指定された。

歴史・沿革
築城
室町時代の応永6年(1399年)に上田友直によって本格的に築城されたとされる。他にいくつかの築城にまつわる伝説が伝えられているが、これは伝説の項に記述する。

戦国時代
室町時代から戦国時代にかけては、武蔵国中原の要衝として、関東の諸勢力による激しい争奪戦が展開された。松山城を築城したと考えられる上田氏は当初扇谷上杉氏に部将として属したため、この城は東方の下総国古河に本拠を構える古河公方および北方の上野国から武蔵国中央部への進出を狙う山内上杉氏に対する前線拠点として機能した。

後に北条氏の勢力が相模国から武蔵国に伸張してくると、扇谷上杉氏と山内上杉氏・古河公方の三勢力の間で和睦が成立し、南方より侵攻してくる北条氏に対する拠点となった。天文6年(1537年)には河越城が北条氏綱によって攻め落とされ、さらにその余勢を駆った北条勢によって松山城も攻撃を受けたが、難波田憲重らの活躍で撃退に成功した(松山城風流合戦)。この結果、松山城は河越城を失った上杉朝定の居城となり、威信をかけた拡張工事が行なわれた。しかし天文14年(1545年)、河越夜戦での河越城奪還の失敗と朝定の敗死によって扇谷上杉氏が滅亡すると、松山城は北条氏康の手に渡った。同年に一旦は上杉方の上田朝直や太田資正が奪回したものの、その後城主になった上田朝直が北条氏に寝返ったため再び北条方の城になった。

永禄4年(1561年)、上杉謙信が奪取して岩槻城主の太田資正を城代にする。しかし、永禄6年(1563年)に北条氏康と武田信玄の連合軍の攻撃の前に再び陥落、北条氏のもとに戻った。この合戦の影響が房総にも飛び火して第二次国府台合戦へと発展した。この合戦以後松山城は一時北条氏の直轄となったものの、元亀年間以後は一貫して北条氏家臣団に組み込まれた上田氏の居城となり、同氏は松山領と呼ばれる比企地方一帯を支配下に置いた。

安土桃山時代
天正18年(1590年)には、豊臣秀吉による小田原征伐が行なわれた。城主上田憲定は小田原城に籠城したため、代わって山田直安以下約2,300名が松山城に籠城、前田利家・上杉景勝の軍を主力とする大軍に包囲されて落城した。当時の豊臣方の陣容を描いた布陣図には、真田昌幸・直江兼続らの名前も見える。

徳川家康の関東入国とともに、松平家広が入城して松山藩を立藩。慶長6年(1601年)に跡を継いだ松平忠頼が浜松藩に移封されると空城になった松山城は廃城となり、この地域は川越藩の藩領となった。家広の入城から廃城までの時期に交通の便が考慮され、搦手にあたる城下町(松山本郷方面)と城域を隔てていた市野川に橋が架けられたとされる。本来ここは松山城防衛の要となる方角であり、争奪戦の相次いだ北条氏時代までは橋が存在しなかった。

江戸時代...

武蔵松山城の口コミ情報

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年06月19日]
県道沿いの標識のある階段→本曲輪→二ノ曲輪→馬出し→三ノ曲輪→曲輪四→三ノ曲輪→根古屋虎口→惣曲輪→(伝)搦手口→岩室観音堂~と回り所要約50分。
(表記は吉見町教育委員会発行のパンフによる)
三ノ曲輪~根古屋虎口・搦手口~観音堂は急坂が続くので特に足元注意です。
各曲輪には縄張り図付きの案内柱があり簡単な解説もあるので助かります。
曲輪部分はそれなりに草が刈られているものの、全体的には(夏場は特に)雑草と虫との闘いが待っていると思って下さい。

先の口コミにもあるように、縄張り図付きパンフレットは吉見百穴にあります(施設内にしか置いてないため入場料が必要)。
どうせなら百穴頂上の見晴台より城跡を眺めてみてはいかがでしょうか。

カーネル様[2016年03月13日]
東武東上線。東松山駅から。駅舎がおしゃれです

駅から東へ進み、城東の県道東松山・鴻巣線に標識があります
階段を登ると5分くらいで本丸。ここから東の二の丸・三の丸へ

堀が縦横無尽に張り巡らされていて迷います。三の丸で引き返し、本丸戻り、今度は北上して岩室観音堂へ下山。ここまで1時間半

近くの吉見百穴を観光してから東に戻り青鳥城へ。こちらは整備されないけど無骨な土塁がよい感じでした
その後、東武東上線森林公園駅まで歩きました。駅に着いたのは東松山駅をでて4時間くらいでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

三日陸奥守落人様[2014年07月25日]
既に良い口コミ情報がおありなので補足的に…

城跡は特に下草を刈るなどの手入れはされていないようで、夏はひどいヤブと虫です(*_*)
訪問は夏以外をおすすめします。

吉見百穴側にある岩室観音が当時の搦手だったそうです。

すかんぴん杉丸美濃守様[2013年02月15日]
百穴の駐車場を起点として道を左側に周り込んで登って行くと、民家の手前から入る細い登城路があります。
このルートだと曲輪四から本曲輪まで順番に登ることが出来ます。
また惣曲輪の根古屋虎口からも登れます。
岩室観音のある場所が搦手だったと言われているようです。
百穴(有料)の埋蔵文化財センターでは縄張り図の載ったプリントが貰えます。
『嵐山史跡の博物館』に行けば、松山城も含まれる比企城館跡群の情報があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore