白米城(まったけじょう)

白米城の基本情報

通称・別名

平田城、町丈城

所在地

大分県中津市耶馬溪町大字平田

旧国名

豊前国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

野中重房

築城年

建久年間(1190〜1199)

主な改修者

主な城主

野中氏、平田氏、栗山氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

市史跡(平田(白米)城址)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

一ツ戸城(大分県中津市)[9.2km]
長岩城(大分県中津市)[9.6km]
唐原山城(福岡県築上郡)[10.4km]
大畑城(大分県中津市)[10.9km]
光岡城(大分県宇佐市)[13.2km]

白米城の解説文

歴史
構築時期は建久年間(伝承)。
戦国期は、在地領主野仲氏の居城。野仲氏は城番として平田氏を置く。黒田氏入部時に攻撃され落城。その後、平田城は黒田家の重臣栗山利安に与えられ、石垣作りの城へ造りかえられたと考えられる。

遺構の残存状況
城域は二つの丘陵に及ぶ。
南側の忠霊塔のある丘陵斜面には、16世紀末の石垣がある。算木積みが未発達な点など中津城跡と共通する特徴がある。築石部は布目崩し積みとする。
北側の斜面にも石垣が一部残る。また、戦国期の名残と考えられる削り出しの土塁もみることができる。

情報提供:中津市教育委員会

白米城の口コミ情報

左衛門佐ぽーさん様[2017年01月08日]
現地には所々案内板があるので迷うことはないと思います。駐車場も完備です。
城域は大きく北台と南台に分かれます。この城は江戸時代になると使われなくなったようで、黒田氏が築いた石垣がそのまま残っています。
南台はかなり整備が行き届いています。まずは低い石垣がお出迎えしてくれますが、こんなもんかと侮るなかれ。北側に回ると高さ3mほどの見事な野面積みの石垣が見られます。隅石まで残ってて大満足です。
北台にも同規模の石垣があると案内板にありましたが、未整備で時間の都合もあり、今回はパス。全体が整備されれば有名なお城になれるのでは?官兵衛に間に合わなかったのかなぁ。

下野守obstetrics様[2014年11月09日]
栗山善助の子大膳が出生した城とのことですのぼりがたくさんあがっていました地元では平田城との方が一般的なようです

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore