時枝城(ときえだじょう)

時枝城の基本情報

通称・別名

所在地

大分県宇佐市大字下時枝

旧国名

豊前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

時枝惟光

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

時枝氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

光岡城(大分県宇佐市)[4.7km]
大畑城(大分県中津市)[8.8km]
高田城(大分県豊後高田市)[12.5km]
中津城(大分県中津市)[12.6km]
唐原山城(福岡県築上郡)[13.6km]

時枝城の解説文

時枝城(ときえだじょう)は、かつて大分県宇佐市下時枝に存在した城。宇佐神宮弥勒寺の寺務方であった時枝氏の居城。

概要
戦国時代には時枝平太夫が城主となっていた。平太夫は反大友氏の急先鋒で、毛利氏や秋月氏らと呼応してたびたび反乱を起こしている。豊臣秀吉による九州征伐の際には真っ先に豊臣氏に降伏し、その案内役を務めるとともに、時枝城を黒田孝高に提供した。時枝氏が黒田氏の家臣となって筑前国に移ってからは廃城となる。のちに時枝陣屋がおかれた。

時枝城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore