旭城(あさひじょう)

旭城の基本情報

通称・別名

千束旭城、千束陣屋

所在地

福岡県豊前市千束字千束ノ田

旧国名

豊前国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

小笠原貞正

築城年

明治3年(1870)

主な改修者

主な城主

小笠原氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

再建造物

周辺の城

唐原山城(福岡県築上郡)[4.7km]
中津城(大分県中津市)[5.5km]
大畑城(大分県中津市)[9.2km]
宇留津城(福岡県築上郡)[10.6km]
長岩城(大分県中津市)[13.8km]
白米城(大分県中津市)[14.1km]
城井谷城(福岡県築上郡)[15.8km]
光岡城(大分県宇佐市)[16.1km]
時枝城(大分県宇佐市)[17.3km]
馬ヶ岳城(福岡県行橋市)[19.1km]

旭城の口コミ情報

2021年04月30日 【〓】遮那王豊前守牛若丸
旭城



日本最新の城となります。
石垣と本丸の城といった感じでしょうか。
ただ説明板によるとこの一帯が城だったこと、さらに周囲に田んぼがあったので、ひょっとしたらそれらの一部は掘の名残かもしれません。
石垣も低かったですが、当時の高さも同じだったかは分かりません。

城の中でいわゆる最新のものでしたが、写真にもあるように一部石垣が壊れかけていました。地震によるものでしょうか?

2021年04月27日 【〓】遮那王豊前守牛若丸
八屋城[旭城  周辺城郭]

「豊前国戦国事典」によると、築城者は宮尾織部とされていました。
天正15(1587)年、黒田氏の入部に反抗して、山田一族の八屋刑部が籠城したが敗れて落城したとありました。

2021年04月27日 【〓】遮那王豊前守牛若丸
八田城[旭城  周辺城郭]

「豊前国戦国事典」によると、全長120mの範囲に土塁や堀切等の遺構が残る中規模の城郭だそうです。

2021年04月27日 【〓】遮那王豊前守牛若丸
櫛仮屋城(山田城)[旭城  周辺城郭]

「豊前国戦国事典」には、畝状空堀を備えた典型的な中世の山城で、本丸の北側は清水谷と言われ断崖絶壁で、南側に空堀が巡らされているようです。城跡一帯には主郭、曲輪、堀切が残り、石塁、井戸、石垣、望楼跡等もあるそうです。
宇都宮一族の山田元房が築城したとありました。
天正15(1587)年に城主山田親実が立て籠り黒田軍と戦ったそうですが、落城し、木江城に逃走したようです。

櫛狩屋城という漢字をあてることもあるようです。


2021年04月26日 【〓】遮那王豊前守牛若丸
成恒城[旭城  周辺城郭]

「豊前国戦国事典」によると、築城者は成恒氏。神社の西北側に当たる裏手には濠等の遺構がわずかに残っているそうです。

2021年04月26日 【〓】遮那王豊前守牛若丸
高田城[旭城  周辺城郭]

「豊前国戦国事典」によると、屋敷の周囲は水を湛えた濠が巡らされ、佐井川を外濠とした平城であったこと窺えるそうですが、現在はわずかに土塁の一部が残るのみだそうです。
築城者は宇都宮大和守の家臣だった有吉内記とされているそうです。
天正16年に黒田長政が日隈城を攻めた時、城主の有吉清則は討死し、落城したとありました。

2021年03月20日 龍馬太閤【西国の覇者】
馬場城[旭城  周辺城郭]



福岡県の豊前市にある馬場城☆手の平を開いた様な場所で山と谷が交互に入り組む地形で角田川の流れに突き出す様な形で立地してます♪

築城年代は不明ですが豪族である仲蜂谷氏によって築かれたと伝わります☆
仲蜂谷氏は豊前宇都宮氏一族で宇都宮信房の五男家信が仲蜂谷氏を名乗りました☆

攻める羽柴秀吉の九州征伐の後に豊前中津に入封した黒田孝高に従わなかった事で黒田家が怒濤の攻めを見せます☆時の城主・八屋幡十郎統重が籠もり応戦しますが黒田孝高により攻められ落城しちゃいました…☆


2020年08月16日 じょーうん豊後守
旭城

日本で1番最後に建てられた城と言われてます。現在は八束八幡神社になってます。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore