城井谷城(きいだにじょう)

城井谷城の基本情報

通称・別名

萱切城、城井郷城、城井の郷城、城井ノ上(きいのこ)城

所在地

福岡県築上郡築上町寒田

旧国名

豊前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

宇都宮信房

築城年

建久6年(1195)

主な改修者

宇都宮氏

主な城主

城井(宇都宮)氏

廃城年

天正16年(1588)

遺構

曲輪、石垣、米倉跡

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

長岩城(大分県中津市)[7.3km]
岩石城(福岡県田川郡)[11.3km]
一ツ戸城(大分県中津市)[13.9km]
松尾城(福岡県朝倉郡)[15.6km]
旭城(福岡県豊前市)[15.8km]

城井谷城の解説文

城井谷城(きいだにじょう)は、現在の福岡県築上郡築上町寒田にある城跡。萱切城などの別名がある。
歴史
1195年、源頼朝によって豊前守護職に任ぜられた宇都宮信房が築城し、城井宇都宮氏の居城となった。後に宇都宮氏は城井氏と改名するが、この城の重要性は変わることなく、城井谷城を中心に城井氏は豊前の勢力を保った。

時代は流れ、戦国時代になっても、周囲の勢力の変遷(大内氏→大友氏→島津氏)に翻弄されながらも、城は一度として侵されることなく存続した。しかし1586年より始まる豊臣秀吉の九州征伐によって、城井氏当主城井鎮房も秀吉に従うこととなった。1587年、秀吉は城井鎮房に伊予国への移封を命じたが、父祖伝来の地を守りたい一心の城井鎮房はそれに反発。中津城に入った秀吉の参謀黒田孝高と不穏な空気が流れることとなった。城井鎮房の心情を良く知る毛利勝信は、城井鎮房に一度城井谷城を出て、その後に秀吉への嘆願を行うことを提案し、鎮房は城井谷城を明け渡した。勝信は秀吉へ城井氏移封を中止するように訴えたが、秀吉は頑としてこれを拒否。鎮房はついに決断し、同年10月、城井谷城を急襲し、奪回。籠城して豊臣軍を迎え撃つこととなった。

地の利のある城井鎮房はゲリラ作戦により、攻撃してきた黒田孝高・黒田長政親子が率いる豊臣軍を撃退。鎮房は本領安堵を条件に和議を受け入れ、1588年、中津城へ向かったが、孝高が長政に授けた謀略により、鎮房は城内で暗殺されて城井氏は滅亡、城井谷城も廃墟となった。

戦国の世とはいえ、孝高はこの謀略で勇将の城井鎮房を殺害したことを悔い(中津城に城井鎮房の亡霊が出たためとも)、中津城内に城井神社を創建し、その霊を祀っている。後に黒田氏の居城となった福岡城にも創建されている。

城井谷城の口コミ情報

カーネル様[2017年08月02日]
日豊線築城駅から太陽交通の寒田線バス(といってもワンボックスカー)で終点の上寒田で下車

そのまま進行方向の南に歩きます
ずーっと緩やかに登りで5分ほど歩くと、小さい標識に[城・牧之原キャンプ場まで3km]とあるので、まずは牧之原キャンプ場を目指す
キャンプ場のところに宇都宮氏一族と城井ノ上城の説明板があり、三丁弓の岩やミニチュア天守を超えると登山口で、ここまでバス停から35分
沢に沿って登ると、天然の岩が門の役目を果たしてます
本丸を超えて、緩く登り続けると10分ちょいで裏門に着きます

見上げる場所の岩に、大穴があり圧倒されます
その裏門へは体感で、垂直の岩(足場狭し)を登る必要があり、特に下りが怖い

バス停に戻って2時間半でした。バス停は知らないとゴミ捨て場に見えます

帰りのバスは地元の人でいっぱいでした。記憶に残るいいお城でした

禄寿応穏りき様[2016年08月17日]
今回は、築城駅から地元のタクシー(太陽交通)を利用しました。タクシーは貸し切りにした方が安く済みます。1時間4千~で、最短時間3時間から貸し切る事が出来ました(3時間1万2千円)

近い築城駅からでも約20~30分程かかります。3丁弓の岩の少し先に登り口があります。そこから登って行くのですが、
岩が剥き出しの山道で、登りにくく、滑りやすい道のりでした。靴は登山用の靴をオススメします。道は分かりにくいですが、
途中途中に赤い目印が木に貼り付けてあるので、それを目印にして行くと良いと思います。表門の岩穴を抜け、更に進むと途中に鎖を伝って岩場を登る場所があります。

結構な急斜面の岩場で、鎖をしっかり掴む為や、枝や草があるので軍手があると、
とても便利でした。

道と言える様な感じでは無いので、悪天候や積雪等がある場合は、やめた方が良いと思います。今回は3時間のタクシー貸し切りで時間内に間に合いました。

芦屋兵庫頭虎吉様[2013年12月23日]
牧の原キャンプ場から数分車で行った城井霊園前に登山口と無料駐車場があります。
そこから表門まではすぐ、本丸までも15分程度です。

しかし、その上の裏門までの道のりで積雪があり、登城を断念しました…

登山口から2時間程度で裏門を抜けて別の道から牧の原キャンプ場に戻る周遊コースがあるとか。

軍手や靴など、装備は万全に。割とキケンです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore