岩石城(がんじゃくじょう)

岩石城の基本情報

通称・別名

所在地

福岡県田川郡添田町添田1788-2(添田公園)

旧国名

豊前国

分類・構造

山城

天守構造

独立式望楼型[2重3階/1991年築/RC造模擬]

築城主

大庭景親

築城年

保元3年(1158)

主な改修者

細川氏

主な城主

平氏、大庭氏、大友氏、大内氏、秋月氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、石垣、堀切、井戸

指定文化財

再建造物

模擬天守(添田町美術館)、石碑

周辺の城

城井谷城(福岡県築上郡)[11.3km]
益富城(福岡県嘉麻市)[11.6km]
香春岳城(福岡県田川郡)[12.1km]
御所ヶ谷神籠石(福岡県行橋市)[12.1km]
松尾城(福岡県朝倉郡)[12.6km]
障子ヶ岳城(福岡県京都郡)[12.8km]
馬ヶ岳城(福岡県行橋市)[13.2km]
鹿毛馬神籠石(福岡県飯塚市)[16.8km]
古処山城(福岡県朝倉市)[17.1km]
長岩城(大分県中津市)[18.6km]

岩石城の解説文

岩石城(がんじゃくじょう)とは、福岡県田川郡添田町添田(現・添田1788番地の2)にあった城である。

歴史

平清盛が築いた。後世に大友氏、大内氏、豊臣秀吉の各大名の順に、攻め落とされては修復されると言う歴史を繰り返す。

1991年には7億5000万円の費用を掛けて復元された。1階は美術館となっており、入館料は無料。

岩石城の口コミ情報

2020年06月19日 じょーうん能登守
戸城山城[岩石城  周辺城郭]



戸城山城は1339年に菊池武重が築きました。
豊臣秀吉の九州征伐の時、城主であった馬屋原元有は降伏を申し出たが許されず、黒田官兵衛の攻撃を受け落城しました。

山頂は公園となり整備されて、横堀や土塁といった遺構が見やすいです。
奥に行くと整備はされてませんが、堀切や畝状竪堀群を見ることができます。

2012年12月16日 
岩石城

駐車場はありませんでした。模擬天守はありますが、解説にある通り中は美術館。甲冑が一式だけ展示さるてました。

2012年11月04日 きたろう三世
岩石城

城跡へは、岩石城模擬天守を素通りして、適当な空き地に駐車して岩石山山頂を目指す。車道の終点からなら、徒歩30分程度で天守台に到着。

岩石城の周辺観光情報

添田公園

県内でも有数の桜の名所として知られ、春には1600本の桜を見に町内外からも、たくさんのお客様が訪れます。

英彦山神宮奉幣殿

羽黒山(山形県)、大峰山(奈良県)と並び国内有数の修験霊山として知られている田川郡添田町の英彦山。お参りされる皆さんは、まず奉幣殿を目指して来られます。

道の駅 歓遊舎ひこさん

道の駅歓遊舎ひこさんは、福岡県の東南端に位置し、霊峰英彦山の玄関口として多くの方に親しまれています。

情報提供:添田町まちづくり課
「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore