唐原山城(とうばるさんじょう)

唐原山城の基本情報

通称・別名

唐原神籠石

所在地

福岡県築上郡上毛町宇野1236

旧国名

豊前国

分類・構造

神籠石式山城

天守構造

なし

築城主

不明

築城年

7世紀中期?

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

不明

遺構

列石

指定文化財

国史跡(唐原山城跡)

再建造物

周辺の城

旭城(福岡県豊前市)[4.7km]
大畑城(大分県中津市)[4.9km]
中津城(大分県中津市)[5.1km]
白米城(大分県中津市)[10.4km]
光岡城(大分県宇佐市)[11.7km]

唐原山城の解説文

神籠石(こうごいし)または神籠石式山城(こうごいししきやましろ)とは九州から瀬戸内地方にみられる、石垣で区画した列石遺跡を呼ぶ。現状『日本書紀』、『続日本紀』に記載がない、遺構でしか存在を確認できない山城を指している。

福岡県築上郡上毛町に残る唐原山城は、全国に16箇所あるこのような神籠石の1つで、国の史跡に指定されている。切石(きりいし、岩を割って作った石)による石積みを配列した列石などの遺構が残る。

唐原山城の口コミ情報

カーネル様[2017年08月02日]
日豊線中津駅から 国道212号を45分ほど南下し、県道110号へ右折する
山国川を渡って、大分県から福岡県へ入ります

ここら辺は、駅前の喧騒は完全に消え、のどかな畑に囲まれた道を進みます

目標物もないので、歩きスマホで地図をガン見(申し訳ありません)しながら、上毛町東部火葬場方面へ向かう

この脇に、唐原山城ののぼりと地図があるので撮影。その背後が第1水門です
第1水門を見たら、先ほど撮影した地図を参考に第2水門に向かうが、低木と植物が行く手を阻む
日当たりがいいので、植物は密に生えてて、嫌なタイプのやぶ漕ぎを強いられます。結局、よくわからずに撤退

第3水門は貯水池の西側からアプローチするも、民家の敷地になってたので引き返しました

中津駅に戻って3時間40分。とにかく遠かった。という印象のお城

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore