高田城(たかだじょう)

高田城の基本情報

通称・別名

豊後高田城、柴崎城、(豊州陣屋)

所在地

大分県豊後高田市玉津字本丸

旧国名

豊後国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

高田重定

築城年

建久7年(1196)

主な改修者

竹中重利

主な城主

高田氏、竹中氏、松平氏

廃城年

正保2年(1645)

遺構

曲輪、横堀(水堀)、石垣、土塁

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

真玉城(大分県豊後高田市)[5.4km]
立石陣屋(大分県杵築市)[9.3km]
沓掛城(大分県杵築市)[12.4km]
時枝城(大分県宇佐市)[12.5km]
光岡城(大分県宇佐市)[16.1km]

高田城の解説文

高田城(たかだじょう)は、現在の大分県豊後高田市玉津字本丸(旧国豊後国)にあった城である。豊後高田城、柴崎城とも呼ばれる。

概要
鎌倉時代に高田氏が桂川右岸の台地に築いた平山城である。代々、大友氏家臣の高田氏の居城であった。

安土桃山時代に竹中氏が改修、江戸時代には豊後府内に移封された竹中氏に代わって3万2,000石で松平氏が移封されたが、1645年に松平氏が転封された後は廃城とされ、1669年に松平氏島原領の飛び地となり島原領豊州陣屋が置かれた。

歴史
建久7年(1196年)に、大友能直に伴って豊後に下向した高田重定によって築かれたとされる。ただし、実際に大友氏が豊後に下向したのは3代大友頼泰の時代と考えられており、高田重定による築城という説にも疑問が呈されている。

大友氏が改易された後の文禄2年(1593年)に、竹中重利が封じられ、城を拡張した。その後高田城は、細川氏の城となる。石垣が現存しないことを理由に細川時代の高田城を別の場所に比定する向きもあるが、高田城は元和の一国一城令によって破却されており、その石垣が干拓など他の目的に転用された可能性も否定できない。寛永16年(1639年)には、松平重直が豊前国龍王(宇佐市安心院町)の陣屋から移って、この城を増修築して居城とし、高田藩が成立する。

重直が正保2年(1645年)に豊後木付に転封となると、この城は廃城とされたが、寛文9年(1669年)に肥前島原に入封した松平忠房が、豊前・豊後の飛地支配のため、旧本丸に豊州陣屋を設けた。

江戸中後期のものと推定される「豊後国高田芝崎絵図」には、「古城/本丸/二丸/三丸」と記され、かつてこの地に城郭が営まれ、その本丸、二ノ丸、三ノ丸と伝承される地域があったことが分かる。本丸部分には「此坪数六千九百八十八坪/八十三間四尺四方也」、二ノ丸部分に「此坪数三万三千五百五十坪/百五十三間三尺四方」、本丸土手部分に「土居高三間高下」、二ノ丸土手部分に「土手三間少高下有」、堀部分に「よこ(横=幅)十間/深三間」、三ノ丸部分に「本丸、二丸、三丸地形平」と注記される。また、高田川に「此川幅七十四間/舩懸深五尺、塩道七八尺ニ成」とある。なお、近世の1間は藩によって6尺から6尺5寸まで様々であったが、そのうちどれが豊後高田領において使われていたか、詳らかでない。

堀・土塁は近世中後期までよく残存しており、現在でも豊後高田市立桂陽小学校付近など数か所にその遺構をみることができる。

参考文献
豊後高田市編『豊後高田市史』(豊後高田市、1998年)
常盤歴史資料館蔵「豊後国高田芝崎絵図」(前掲『豊後高田市史』口絵写真)...

高田城の口コミ情報

カーネル様[2017年03月22日]
日豊線宇佐駅から

アプリを起動すると本丸まで、4.5kmでまぁまぁ遠い
城は駅の北東だけど改札は西口なので、400mほど北上してから右折して国道213号に入り北西へ、見晴らしがよく広い歩道を快適に歩く
道は緩やかに下ってから登ったり、市街地では一部歩道がない不条理もありましたが、50分ほどで国道は緩やかに左に、直進は生活道路の分岐で直進すると、昭和の町展示館を通ります

ここの街並みは古い建物があったりして、見てるだけでも楽しいです
街並みを抜けて、桂川にかかる桂橋を渡り桂陽小学校の南東に着き、ここには階段があり、城跡の石垣という説明があります

時計回りに小学校の回りを歩きます
水堀があるということで、スマホの地図を拡大すると小学校の敷地内に水マーク。敷地内に水堀か?と思い、外から見たらプールでした
本物の水堀は小学校の北側にあります。小学校の塀も城っぽい飾りになってて、いい雰囲気でした
帰りは中央公園西側にあるバスターミナルから宇佐駅行のバスに乗る。1時間歩いたのがバスは7分だった
宇佐駅に戻り、宇佐神宮へのバスに乗り換えて参拝しました

くーちゃん加賀守様[2016年05月14日]
城の道向かいには、あの世界の車窓からのナレーションで有名な石丸謙二郎さんのお兄さんがやっているお蕎麦屋さんがあります。

にゃにゃーにょ豊後守様[2016年05月01日]
大分県北部の豊前国/豊後国の境界に位置する豊後高田市。
そこの市内を流れる桂川河口北側の丘陵に、大友氏に仕えた高田氏が城を築いたと云われておるのじゃ。

竹中氏が城主の頃に石垣など築き城も大きくし、その後あれやこれやあり島原藩の飛び地となった時(豊州陣屋、二万七千石)に石段は整備されたらしいのう。

本丸跡は桂陽小学校と中央公民館になり、小学校の北東側に¬の形で内堀が水を湛え、さらに北東方面に外堀と土塁が¬字状で残っておるのじゃ。
南西の桂川&周防灘側は断崖となっておるぞい。

公民館に駐車場があり、その東方に高田城標柱や石垣・石段・説明板などがあるのじゃ。
なお島原領と延岡領の境石が小学校正門内に移設されておるぞい。


☆『昭和の町』
昭和30年代のレトロな街並みを再現した商店街なのじゃ。高田城に来たのなら此所の散策もおすすめじゃぞ!
週末を中心に、ボンネットバスが町を周遊しておるぞい(無料)

☆宇佐駅からのバスが発着する「豊後高田バスターミナル」は昔、宇佐参宮鉄道の終着駅で現在もバス乗場(旧頭端式ホーム)などに駅の名残があり興味深いのじゃ♪

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore