岐部城(きべじょう)

岐部城の基本情報

通称・別名

所在地

大分県国東市国見町岐部

旧国名

豊後国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

岐部成久

築城年

鎌倉時代

主な改修者

主な城主

岐部氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

富来城(大分県国東市)[10.2km]
真玉城(大分県豊後高田市)[15.4km]
吉広城(大分県国東市)[16.6km]
沓掛城(大分県杵築市)[18.3km]
高田城(大分県豊後高田市)[20.3km]

岐部城の口コミ情報

にゃにゃーにょ豊後守様[2016年01月01日]
ペトロ岐部†世界を歩いた神父

国道213号線で国東半島北部のトンネルをいくつも抜けると、岐部川を渡る辺りで『ペトロ・カスイ岐部神父記念公園』が見えてくる。
公園には芝生の上に神父の像や教会などがあり、背後に十字架が建つ小山がそびえる。
その小山こそ岐部城址なのじゃ。

駐車場脇に岐部氏主従の供養塔が並んでおり、その付近から登城じゃな。
石段の途中にはベンチもあり、上に進むと瀬戸内に浮かぶ姫島が望めるのじゃ。
城址は立派な石垣が築かれておるが、どうも後年に積まれたモノらしいのう?

山頂の主郭の後方は木が生い茂っておるが、その奥に尾根を分断しておる堀切が見れるぞい。
しかし、岐部城に関する説明板などが全く無いのが残念なのじゃ…。

【ペトロ・カスイ・岐部】
ペトロ岐部(岐部茂勝)は安土桃山時代から江戸時代初期のカトリックの司祭。
情報など無い時代に、自力で歩いてローマへ至ったスゴい方じゃぞ!
エルサレムを訪れた初の日本人でもあるが、帰国後最期は殉教したのじゃ。
城址に隣接する「国見ふるさと展示館」に詳しい史料が展示してあるぞい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore