杵築城(きつきじょう)

杵築城の基本情報

通称・別名

木付城、勝山城、臥牛城

所在地

大分県杵築市杵築35

旧国名

豊後国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

型式不明[階層不明/1591年築/焼失(落雷)]、独立式望楼型[3層3階/1970年築/RC造模擬]

築城主

木付頼直

築城年

明徳4年(1393)

主な改修者

主な城主

木付氏、前田氏、杉原氏、細川氏、小笠原氏、松平氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、堀

指定文化財

県史跡(杵築城跡(藩主御殿跡))

再建造物

模擬天守、石碑、説明板

周辺の城

日出城(大分県速見郡)[10.4km]
安岐城(大分県国東市)[10.9km]
吉広城(大分県国東市)[11.9km]
沓掛城(大分県杵築市)[12.2km]
立石陣屋(大分県杵築市)[16.3km]

杵築城の解説文

杵築城(きつきじょう)は、大分県杵築市杵築にあった城郭。

概要
杵築城は、室町時代初期に木付氏によって八坂川の河口にある台山(だいやま)の上に築かれた。台山は、北は高山川、東は守江湾に囲まれた天然の要害である。連郭式の平山城で、台山を空堀により4区画に区切られていた。 当初は台山山城に主郭部が設けられたが、慶長元年(1596年)の震災と、慶長2年(1597年)の暴風雨によって天守などが損壊したため、台山北麓に居館が移され、正保2年(1645年)以降は松平氏により山上の郭群が廃止されている。

戦国時代には大友氏と島津氏の戦いの舞台となり、江戸時代には杵築藩の藩庁が置かれた。城跡は、公園として整備され、山上の天守台跡に博物館と展望台を兼ねた模擬天守が建てられている。

歴史
明徳4年(1393年)に、木付頼直により築かれた。戦国時代、島津氏の大軍に攻められるが、籠城の末これを退けた。しかし、後に主君の大友義統が文禄の役での失態の責めを負って豊臣秀吉により幽閉されると、当主木付統直は自刃し木付氏も滅びた。

その後、前田玄以、秀吉の腹心だった宮部継潤、杉原長房、続いて慶長4年(1599年)には細川忠興の所領となり、重臣の松井康之・有吉立行を城代として置いた。寛永9年(1632年)、忠興の子・忠利が熊本藩に移封となると、替わって小笠原忠知が入った。その後、正保2年には松平英親(能見氏)が豊後高田藩より3万2千石で封じられ、その後明治維新まで居を構えた。

現在、山上は城山公園として整備され、一部石垣が残る。天守は慶長13年(1608年)に落雷で焼失して以来再建されなかったが、現在本丸の天守台跡には3層の模擬天守が建てられ資料館として利用されている。山麓居館部は、現在の杵築神社、杵築中学校一帯に位置し、神社北側に石垣が残っている。御殿跡には現在図書館と公民館が建つが、庭園の遺構が残る。また、旧城内城鼻地区に旧船形屋敷が現存し、現在は民家として利用されている。このほかに、藩校学習館の正門が、杵築小学校の裏門として現存している。

杵築城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋内大臣や〜きみ様[2017年05月08日]
ここはお城であり、近くの海岸はカブトガニが来る場所です。

このお城は遠景から見て、それから敷地に入るのがいいですね。

駐車場はありました。

織田左兵衛督晃司1202晴天様[2017年02月14日]
私の好きな撮影ポイントは八坂川沿いからの遠望です。風景とマッチして美しい。
天守正面から撮影される方が多いですが、私個人的には入口の戸と木製の看板が観光用模擬天守を思わせてしまうのであまり撮影しようとは思わない。
でも、天守内の展示物は歴史的価値観のあるものが多く、天守からの眺めは素敵です。

NTT西日本のCMにも登場してます。

左衛門佐ぽーさん様[2017年01月09日]
島津を退けた名城としての遺構はそこまで見所があるわけではないですが、模擬天守に登ると立地で得した城なんだな、というのが良く分かります。
そしてこの模擬天守を侮るなかれ。先人が紹介されている展示品の他に、甲冑(足軽用、背中は無し)や兜の現物を試着できます。アルミや紙製の甲冑にうんざりしているあなたにはピッタリですよ。

にゃにゃーにょ豊後守様[2014年05月01日]
杵築城は模擬天守なのじゃが杵築のシンボルとなっており、ここから八坂川・守江湾が一望できる眺めは壮観じゃぞ! 駐車場有。

『坂道の城下町』
杵築は南北の高台に武家屋敷、その真ん中の谷間に商家があるため「サンドイッチ型城下町」と云われておるのじゃ。

杵築といえば『酢屋の坂 と 志保屋の坂』なのじゃっ!!
向かい合う対の坂道で、写真などでもよく紹介されておるぞい。
『勘定場の坂』には富士山の形をした踏石があり、石段の上から24段あたりにあることから「西(二四)の富士」と云われておる。探してみるのじゃ!
☆くの字に曲がっておる「飴屋の坂」の下に駐車場・トイレ有。

北台武家屋敷
『大原邸』長屋門をくぐると茅葺屋根の風格ある家老屋敷を堪能できるぞい。
「磯矢邸」「能見邸」「藩校の門」なども見所じゃ。
南台武家屋敷
「中根邸」や「きつき城下町資料館」。武家屋敷ではないが「一松邸」からの眺望などもおすすめなのじゃ。
東には寺町もあるぞい。

武家屋敷通りは土塀の続く町並みが江戸時代の風情を感じさせるのう…♪
杵築は、ゆっくり散策できる穴場の城下町じゃぞ!

んな摂政な!マイリバ様[2012年05月29日]
城そのものよりも縁あって展示されているモノが凄いです!
石田三成の兄・正澄の兜、浅井長政の次男・直政の甲冑なんてヨダレものです(^q^)

加藤豊後守清正様[2012年02月14日]
武家屋敷や石畳は当時のまま残されていて、名所にもなっています!少京都とも言われてます。

加藤豊後守清正様[2011年06月10日]
杵築の元になった木付という名字があるみたいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore