立石城(たていしじょう)

立石城の基本情報

通称・別名

所在地

大分県別府市南立石本町

旧国名

豊後国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

大友義統

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

高崎山城(大分県大分市)[6.5km]
日出城(大分県速見郡)[10.9km]
賀来館(大分県大分市)[12.4km]
府内城(大分県大分市)[14.4km]
鷲ケ城(大分県大分市)[15.2km]
上原館(大分県大分市)[15.3km]
大友館(大分県大分市)[15.4km]
津守館(大分県大分市)[16.6km]
龍王城(大分県宇佐市)[18.3km]
杵築城(大分県杵築市)[20.8km]

立石城の口コミ情報

2021年07月16日 【猛】遮那王豊後守牛若丸
ふいが城[立石城  周辺城郭]

残念ながらこの城跡は九州横断自動車道の建設に伴い遺構が破壊されていますが、「大分の中世城館」にふいが城の説明がありましたので以下にご紹介します。以下の記述からすると、遺構が残っていないのが残念でなりません。

<<立地>> 別府市街地の扇状地を望む鶴見岳や硫黄岳の火山群から東に張り出すように延びる丘陵の先端部にあり、小さな独立した山の頂上の北東隅に立地していたようです。標高は390mほどで、湯山の集落とはあまり比高差はないものの、一度谷に下るため実際は70mほどの比高差となるようです。場所は、高原地帯を通って豊前や玖珠方面に抜けるルート上にあったそうです。

<<現状>> 大分自動車建設工事に先立ち発掘調査が行われ、調査後主要部は破壊されてしまっているようです。

<<構造>> 山頂部は150m四方ほどの平坦面があるが、城は内東側のピーク部分を利用して造られていたようです。最高所を「L」字状に横堀で囲み、東西44mで南北28mほどの平場(曲輪)を形成していたそうです。横堀は、幅6~8m、深さは2~3.5mある大きなものだったみたいです。堀の外側には盛土が認められ、土塁が構築されていたと考えられていたようです。堀は一度掘り直しされているが、規模は拡大されていなかったそうです。曲輪は北側に三段の帯曲輪を有していたみたいです。全面調査されたようですが、建物は確認されていないようです。出土遺物は少なかったみたいですが、堀の構築は14世紀中頃から後半、掘り直しは15世紀から16世紀前半とされているようです。

<<歴史>> 同時代史料には記載が無く詳細は不明みたいです。しかし、位置から別府市北部に広がる竈門荘の地頭竈門氏との関係を想定できるとありました。一般に横堀の発達が戦国期後半であることからすればやや突出した時期となるようですが、南北朝期における小城郭の一類型として貴重な存在だったようです。

2021年06月25日 【猛】遮那王豊後守牛若丸
石垣原古戦場[立石城  碑・説明板]



激戦区の1つのようです。もう1ヶ所「石垣原古戦場」がありますが、そこは住宅地なのと私有地に石碑を昔建てていたようですが、何らかの理由で更地になっています。
しかし、この地は公園となっているため、合戦当時の様子を想像しやすいかもしれません(地形等の変動は定かではありません)。しかもそれなりの広さの公園ですので散策すると爽やかさも感じられるかもしれません。また道路を挟んだ向かい側に「古戦場薬局」という名の薬局があり、ここが古戦場だということを嫌でも思い起こさせる地となっています。
駐車場も整備されているので立ち寄りやすいと思います。説明板も駐車場から公園奥に進むと直ぐ発見出来るかと思います。
その説明板には各所の陣跡等も紹介していますので参考になると思います。

2021年06月12日 【猛】遮那王豊後守牛若丸
立石城

アプリ上のお城マークは大友義統本陣跡の奥に設定されていますが、そのまま道なりに行くと神社に行き当たります。その駐車場に車を停めれるようですが、お城マークまでのしっかりとした道はありませんでした。

駐車場の隣の敷地に神社とは別の駐車場があり、その脇道を進むとお城マークまでたどり着けれるかもしれませんが、草木が伸びていて雨も降っており、マダニ、マムシ等の対策を講じていなかったため奥に進むのは断念致しました。

その脇道には石垣が少々見れましたが、多分遺構ではないと思われます。

2021年06月11日 【猛】遮那王豊後守牛若丸
吉弘統幸陣所跡[立石城  碑・説明板]



吉弘統幸の陣所跡の方が大友義統の本陣跡よりも大切にされているように感じました。
やはり知られている人柄がそうさせているのでしょうか、「軍師官兵衛」の影響も大きいのかもしれません。
しっかりと整備が行き届いていました。

写真では草木が伸びていて分かり難いかもしれませんが、石垣原方面が良く見渡せる場所でした。

別府には城がないに等しいですが、この陣所跡は 別府を訪れた際に行って見るのも良いかもしれません。


2021年06月11日 【猛】遮那王豊後守牛若丸
大友義統本陣跡[立石城  碑・説明板]



駐車場ですが、奥に進むと神社があり、そこに停めれますが、そこまでの道幅はかなり狭いです(^^;
私の腕では軽自動車が限界です(^^;

周囲は住宅等ですので陣跡の雰囲気はありませんが、義統とはいえ流石大友家の主、記念碑は立派なものでした。



2021年05月12日 【猛】遮那王豊後守牛若丸
大友浜脇館[立石城  周辺城郭]

「日本城郭大系」によると、浜脇中学校が建っている地にあったと言われているそうです。
二階崩れの変があった頃に大友義鎮(宗麟)がここに幽閉されていたとも考えられているみたいです。
慶長5(1600)年、大友義統が石垣原合戦に出陣する時にこの館を焼き払ったようです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore