城山砦(しろやまとりで)

城山砦の基本情報

通称・別名

上杉砦、柏原城、柏原城山砦、柏原山城

所在地

埼玉県狭山市柏原2376他

旧国名

武蔵国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

上杉憲政

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

上杉憲政、柏原太郎?

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

県選定重要遺跡(城山砦跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

河越館(埼玉県川越市)[6.3km]
砂久保陣場(埼玉県川越市)[6.7km]
大堀山城(埼玉県川越市)[8.3km]
田波目城(埼玉県坂戸市)[8.4km]
川越城(埼玉県川越市)[8.5km]
中山家範館(埼玉県飯能市)[8.6km]
毛呂氏館(埼玉県入間郡)[11.0km]
根古屋城(埼玉県所沢市)[11.6km]
今井城(東京都青梅市)[12.0km]
山口城(埼玉県所沢市)[12.0km]

城山砦の解説文

城山砦跡は、江戸時代後期の書物の『新編武蔵風土記稿』によると、天文年間に山内上杉憲政が、後北条氏に奪われた川越城を奪還すべく包囲した際にここに陣を敷いたとされており、江戸時代後期には「上杉砦」と呼ばれ、既に4段程の遺構しか残っていない、と書かれている。

現存する面積は約7,000平方メートルで、入間台地のやや舌状の部分にある、沖積面から約10メートル上の河岸段丘に、東から本郭、ニノ郭と造られている。本郭は崖面以外を高さ約3メートルの土塁に囲われ、その外側には現存する深さが約3メートルの空堀がある。

また、その更に外側に、高さ1メートルの土塁状の高みが今でも確認できる。ニノ郭は、土塁の残存と考えられる高みの上に、現状は稲荷社が祀られている。西側には深さ約1メートルの堀が残っており、狭いながらも郭を構成していたことがわかる。

平成10年度に本郭周囲のほ場整備に伴って発掘調査が行われ、最も外側の土塁状の高みの外に、更に深さ約3メートルの堀が検出された。堀の底や壁には、堀を掘ったときについたと考えられる鍬の痕も残っていたため、砦は、造られて間もなく放棄された可能性が出てきた。検出された堀は保存するために埋め戻され、現在は道路となっている。

平成18年度に、学術調査のために行われた本郭の内側の空堀の調査では、現況より更に約2メートル深く掘られている形跡が確認された。また、深い堀が崩れないように押さえるための修復したような跡が検出された。

さらに、平成22年度の小口部分の確認調査では、中世のカワラケ(小皿)の小破片が出土している。

情報提供:北本市教育委員会教育部文化財保護課


城山砦の口コミ情報

2022年05月01日 長森原
鎌倉街道上ノ道・影隠地蔵[城山砦  寺社・史跡]



鎌倉街道上ノ道沿いに佇む影隠地蔵。かつて木曽義仲の嫡男・清水冠者義高が、追手から逃れる為に街道傍らの地蔵堂の陰に身を潜めた故事にちなんで建立されました。鎌倉街道上ノ道は、鎌倉の化粧坂口から発して、遠く義高の故郷である信濃まで通じていました。

なお城山砦は、この鎌倉街道上ノ道の支道の、入間川渡河点(奥富八丁の渡し)を押さえる為に造られたようです。最後の写真は、所沢から狭山にかけての鎌倉街道図。城山砦は右端の入間川沿いの所です。

2021年12月21日 武蔵守与作兵衛
城山砦



遠くから観るとここだけこんもりとした森のようで、いかにも何かありそう、という雰囲気です。

駐車場の表示はありませんが、西側にスペースがあり車4~5台が停められます。
西側からアプローチすると平坦ですが、入間川の河岸段丘の縁に立地しているので、東側は崖になっており見る場所により大きく印象が変わり面白いです。規模は小さいですが西側には空堀が残っています。
その名の通り城ではなく砦という佇まいでした。

2021年08月26日 乱会
城山砦

柏原城とも。遺構の残存度は高く、よく整備されています。横矢掛かりも確認できます。
かの有名な河越夜戦(夜戦とは言っていない)の際に、山内上杉軍の陣城として使われた可能性はあるかと。

2021年03月29日 やむ
城山砦



狭山市柏原にあり、柏原城とも言う。住宅街の中のこんもりとした丘にある

2019年05月16日 長森原
城山砦



本郭。地元の方の話によると、「50年前にはこの城山から本当に川越の方まで見渡す事が出来た」との事。
絶壁の段丘崖側には土塁は有りません。

2019年05月14日 愛甲太閤相模の狂人
城山砦



本郭の西側を固める土塁は高さ3メートルほどあり、南へ突き出しています。そして突き出した部分の周囲が見事にカーブした空堀で囲まれて防御されています。先端は物見台として使ってたのでしょうか…

2019年05月12日 愛甲太閤相模の狂人
城山砦



城郭南東側にある入口から登ってゆくとすぐに本郭―二の郭間の空堀に誘導されます。写真は空堀の突き当りから入口側を振り返ったところで、一見ただの遊歩道ですがシッカリと空堀しています。簡素な縄張りながら、この空堀で両側の曲輪と正面の土塁上から袋叩きに出来るなど、考え抜かれています。★本郭虎口は空堀の突き当りまで進んで、すぐ右です。

2019年04月24日 きっず
駐車スペース[城山砦  駐車場]

駐車場ではありませんが、2・3台停めれるスペースがあります。

2015年02月08日 野呂利左衛門督休三
城山砦

現存遺構は本郭と二ノ郭(馬出曲輪とする説も)からなる。東側と南側は入間川の河岸段丘の急峻な斜面に区切られている。本郭西側の堀と土塁は折りが入り、本曲輪南西角は横矢掛かりにするため突出している。
二ノ郭は現存の状況では本郭よりも土塁の高さが低く、堀も浅い。この曲輪の土塁上に城山稲荷神社がある。
発掘調査が行われているが、本郭から古代の住居跡が検出されているが、中世のものは出ておらず、遺物もほとんど出ていない。

2014年05月06日 土塁ルイ
城山砦

地味で小規模ですが堀、土塁などの残存遺構が楽しめました。

城山砦の周辺スポット情報

 堀・土塁跡(遺構・復元物)

 堀跡(遺構・復元物)

 本廓跡(遺構・復元物)

 堀兼の井(遺構・復元物)

 七曲井(遺構・復元物)

 九頭龍大権現碑(碑・説明板)

 説明板(碑・説明板)

 説明板(碑・説明板)

 鎌倉街道堀兼道・標柱(碑・説明板)

 鎌倉街道上ノ道・説明板(碑・説明板)

 鎌倉街道上ノ道・石碑(碑・説明板)

 鎌倉街道堀兼道・標柱(碑・説明板)

 女影原古戦場跡(碑・説明板)

 入間川御所(周辺城郭)

 義貞砦(周辺城郭)

 小山ノ上遺跡(寺社・史跡)

 鎌倉街道上ノ道・影隠地蔵(寺社・史跡)

 新田義貞駒繋ぎの松・八幡神社(寺社・史跡)

 徳林寺(寺社・史跡)

 三ツ木古戦場跡(寺社・史跡)

 駐車スペース(駐車場)

 鎌倉街道上ノ道・八丁の渡し(その他)

 鎌倉街道・奥富八丁の渡し(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore