岐阜城(ぎふじょう)

岐阜城の基本情報

通称・別名

稲葉山城

所在地

岐阜県岐阜市天主閣18

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

望楼型?[4重5階?/1567年頃築/解体(廃城)]、独立式望楼型[3重4階/1910年築・1956年再/RC造復興]

築城主

二階堂行政

築城年

建仁元年(1201)

主な改修者

織田信長

主な城主

斎藤氏、織田氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切

指定文化財

国史跡(岐阜城跡)

再建造物

天守、門、石碑、説明板

周辺の城

鷺山城(岐阜県岐阜市)[3.3km]
長森城(岐阜県岐阜市)[4.1km]
加納城(岐阜県岐阜市)[4.2km]
更木陣屋(岐阜県各務原市)[4.6km]
川手城(岐阜県岐阜市)[4.6km]

岐阜城の解説文

岐阜城(ぎふじょう)は、岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山(稲葉山)にあった日本の城(山城跡)。織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城である。城跡は岐阜城跡(ぎふじょうあと)として金華山と、その山塊の2,091,602.74平方メートルが国の史跡に指定されている。その範囲は、現在の国有林の範囲に符合する。

『信長公記』に、「尾張国小真木山より濃州稲葉山へ御越しなり。井口と申すを今度改めて、岐阜と名付けさせられ」と記載されている。稲葉山(井口山)からの続きが瑞龍寺山という。

歴史・沿革
鎌倉・室町時代
1201年(建仁元年) - 二階堂行政が稲葉山に砦を築いたのが始まりとされる。続いて行政の娘婿・佐藤朝光、その子伊賀光宗、光宗の弟・稲葉光資が砦の主となり支配。二階堂行藤の死後、廃城となる。
15世紀中頃 - 美濃守護代・斎藤利永が、この城を修復して居城とする。

戦国時代
1525年(大永5年) - 斎藤氏家臣の長井長弘と長井新左衛門尉が謀反を起こして稲葉山城を攻撃。長井氏の支配下となる。
1533年(天文2年) - 新左衛門尉が没すると、その子、長井新九郎規秀(斎藤利政、後の斎藤道三)が後を継ぎ、城主となる。
1539年(天文8年) - 守護代になっていた斎藤利政が、稲葉山山頂に城作りを始める。
1541年(天文10年) - 利政が守護の土岐頼芸を追放。
1547年(天文16年) - 織田信秀、頼芸派の家臣と稲葉山城下まで攻め入るも大敗(加納口の戦い)。
1554年(天文23年) - 利政、城と家督を嫡子の斎藤義龍に譲り剃髪、道三と号する。
1556年(弘治2年)4月 - 義龍、長良川の戦いにより道三を討ち取る。
1561年(永禄4年)5月 - 義龍の急死により、斎藤龍興が13歳で家督を継ぎ、城主となる。
同年6月 - 十四条の戦いに勝利した織田信長が稲葉山城を攻めるも敗退。
1564年(永禄7年)2月 - 斎藤氏の家臣であった竹中重治と安藤守就が造反して挙兵。稲葉山城を攻める。龍興らは城を捨て鵜飼山城へ逃げ、竹中らが城を半年間占拠する。
1567年(永禄10年)9月 - かねてから美濃攻略を狙っていた織田信長が西美濃三人衆の内応により稲葉山城下に進攻(稲葉山城の戦い)。龍興は城を捨てて長良川を舟で下り、伊勢長島へ逃亡した。...

岐阜城の口コミ情報

大宰少弐播磨の将軍 様[2017年08月20日]
岐阜城天守閣から眺める岐阜市街や遠くは、名古屋のセントラルタワーズまで見える景色は、天下一で正しく絶景ですよ!
戦国時代の岐阜城からは、敵の城や砦の状況が粒さに把握できたと思います。

真田図書助業正様[2017年08月19日]
馬の背の登山道から登りましたが、思っていたよりも険しい道で大変でした。岐阜城を堪能でき、オススメですが覚悟が必要です。

摩免度の各務久綱様[2017年08月07日]
関ヶ原の戦い前哨戦時、岐阜城は城主が信長の孫(清洲会議の三法師が成人した)秀信のとき落城。その時の家臣38名の戦死を供養する血天井が岐阜城下長良川を渡った長良福光にある崇福寺にあります。織田家ゆかりのお寺です。織田家ゆかりの品、墓所、庭も手入れが行き届いていて綺麗でした。お時間がある方は是非足を運んでみて下さい。

織田大膳大夫晃司様[2017年08月02日]
[追記]
海音寺潮五郎は岐阜城を呪われた城として紹介している。

城主のほとんどが非業の死。または流刑の地で亡くなったからである。

唯一の例外が池田輝政。
父(恒興)と兄(元助)が身代わりになったから。

織田大膳大夫晃司様[2017年07月30日]
有料駐車場は岐阜公園の周りに多くありますが、少し歩くようになりますが護国神社を進んだ先の長良川の岸辺に無料駐車場があります。

2017/07/27現在麓の信長公館跡は発掘調査中でシートが掛けられて納得のいく写真は撮れないので諦めましたが、またの楽しみにとっておきます。

今回は雨霧のため遠望は望めませんでしたが、晴れた日の眺めは天下一です。

斎藤道三の頃の稲葉山城の頃は天守に居を構えてましたが、織田信長は経済性を重視して麓に居を構えました。

尾張守大うつけしゅうさい様[2017年05月12日]
岐阜城の素晴らしさは、岐阜城から見渡した景色を見ればどなたでも感動します。

金華山の高さは329メートルしかありませんが、南を向けば伊勢湾が確認できます。右手には桑名、四日市。左手は知多半島。正面には名古屋駅の高層ビルが見えます。

更に双眼鏡で覗いたら、ナガシマスパーランドのホワイトサイクロン、小牧山城、犬山城、そして名古屋城もはっきりと見えます。

もっと凄いのが、常滑の中部国際空港の陸橋が見えます。驚きです!

織田信長が同じように岐阜城から景色を眺めて、いよいよ天下取りを目指す強い気持ちになったと分かるような気がします。

てつ&あゆ兵部少輔様[2017年05月09日]
無料駐車場有りますよ。意外と書き込まれていなかつたので。

256号線・長良橋交差点を長良川方面に進み、すぐの左側道に下ります。下りて100m位で右折し256号線をくぐり抜けます。そのまま進むと有料駐車場が有りますが、我慢してホテルパーク〜護国神社まで進めば、神社前の川岸に、造成された無料駐車場があります。(何年も前からあったと思います。)
去年行った時は舗装は無く砂利道で、大きな水溜りが出入り口にあり大変でしたが、昨日行った時は、きれいに舗装されておりました。
駐車場出入り口付近から見上げる天守閣は、ロープウェイ側から見える天守閣よりも大きく見えるので、撮影ポイントとしても◎です。

小早川安芸守ケンケン優勝様[2017年05月08日]
山頂に見える岐阜城が一番インパクトがあります。駐車場は有料駐車場がロープウェイ乗り場近くにあります。

カーネル様[2016年08月24日]
岐阜駅から岐阜バスで10分の岐阜歴史公園前で下車
公園から登る登山道はいくつかありますが、馬の背は石垣がありお薦めです

早朝のロープウェイ運行前に登ると、誰もいない城山が多いですが、ここは朝から地元の方でいっぱいです(一度、豪雨の中で登ったらさすがにガラガラでした。雲にけむる天守がよかった)
おかげで道がよく整備されていて、迷うことはないです

下の公園から30分でロープウェイからの道と合流し、帰りは二ノ丸・馬場跡経由でロープウェイ方面に下り、乗り場手前から百曲登山道で下山しました
こちらも道中に石垣があります

岐阜駅行のバスは、行きにバスを降りたところでなく、公園前の大通沿いにあります

1時間半ちょいで麓の公園に戻りました

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

土塁ルイ様[2016年07月20日]
駐車場が少し離れています。必ず駐車場の位置を確認して近づくべし。
カーナビを「岐阜城」としたところ、到着音声と同時に金華山トンネルに突入。トンネルを抜け、かなり先でターンして戻ってきてロープウェイ方向に進みましたが駐車場はありませんでした。一方通行も逆走しそうになりました。

パンフレットは、ロープウェイ乗り場には小さい三つ折りだけでしたが、信長居館跡発掘現場のフェンスにプラスチックケースに入ったA4版三つ折りのパンフレット(空撮・山頂部縄張図・居館跡発掘写真)がありました。

【単騎駆】右衛門督かげちゃん様[2016年02月04日]
二の丸辺りで岐阜城おもてなし武将隊の方が、ちびっ子や外国人の観光客と記念撮影していました~。

殺三千世界鴉⚡️晋作様[2015年07月25日]
今もあるのか分かりませんが、昔は岐阜公園内の名和昆虫博物館の横にあった茶店で、味噌おでんをよく食べました(^-^)

青コアラ丹波守様[2015年07月24日]
金華山麓の岐阜市歴史博物館で売っている「国史跡 岐阜城跡」(400円)という冊子は、内容が濃くおすすめです。

富士丸佐渡守孫兵衛様[2013年11月23日]
駐車場は岐阜公園第1が近くておすすめです。1回300円だったかな。
100名城のスタンプは天守閣の下にある資料館にありますが、入場券の半券をもぎる人が自分の席のカウンター内に潜ませていますので、声をかけないと出てきません(>_<)

tomm加賀守様[2010年11月26日]
この程ようやく「国史跡」に認定されます

tomm加賀守様[2010年11月06日]
岐阜城を堪能する意味合いで、個人的には「馬背」の岩場を登って「瞑想の小道」で景色を眺めながら下りるのをお薦めしたいのですが、体力に自信のある方向けという事で
大手道の「七曲」は登りやすいですが、途中からコンクリの階段になるので個人的には面白くないです。。。

100名城スタンプは山頂の岐阜城資料館に(昔はここで無料で陣羽織&模造刀で記念写真撮れました)
パンフレットはロープウェイ乗り場のチケット売り場(人がいる所)・天守閣・資料館などにあります。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像追加]織田信長像
岐阜城麓の岐阜市歴史博物館内に、福井県織田に立つ平服立像のミニチュアが鎮座。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月23日]
[武将像]織田信長像
居館跡の冠木門前にあった騎馬像が、新築された御殿様式の観光案内所の門横に移転。
岐阜駅前に黄金の甲冑立像火繩銃持ち。
なぜか大垣市のソフトピアビル内に、平服マント火繩銃持ち立像あり。
ゆるキャラ「のぶさま」売出中。

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年06月20日]
ロープウェイに乗ると往復1050 登山ルートを行けば無料だがかなり険しい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore