伏屋城(ふせやじょう)

伏屋城の基本情報

通称・別名

一夜城、太閤城

所在地

岐阜県羽島郡岐南町伏屋4

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

羽柴秀吉

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

羽柴氏、伏屋氏

廃城年

遺構

土塁

指定文化財

町史跡(伏屋城趾)

再建造物

説明板

周辺の城

長森城(岐阜県岐阜市)[1.5km]
川手城(岐阜県岐阜市)[3.1km]
加納城(岐阜県岐阜市)[3.6km]
更木陣屋(岐阜県各務原市)[4.2km]
大野城(愛知県一宮市)[4.4km]

伏屋城の解説文

伏屋城(ふせやじょう)は、現在の岐阜県羽島郡岐南町伏屋4丁目にあった城である。別名 一夜城・太閤城。

略歴
永禄年間(1558年から1569年)、美濃国攻略の為織田信長が羽柴秀吉に命じて築城される。城というより、美濃攻めの為の最前線の砦である。

1584年の小牧・長久手の戦いでは、秀吉側の最北端の拠点として、伏屋市兵衛が入城する。

廃城時期は不明。

別名の由来
伏屋城は短期間での築城を行う為、墨俣城と同じ手法がとられたという。即ち、川の上流から加工した木材を流し、それを陸揚げして組み立てるという方法である。わずか1週間足らずで完成した事から、「一夜城」の別名がある。もう一つ「太閤城」という別名があるが、秀吉が太閤になった事にちなんで後の世につけられたと考えられる。

伏屋城の口コミ情報

治部少輔蓋と城様[2011年03月26日]
雑記林の奥に土塁が残っていますね

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore