田代城(でんだいじょう)

田代城の基本情報

通称・別名

蓮台城

所在地

岐阜県羽島郡笠松町田代667(白鬚神社)

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

森可勝

築城年

16世紀前期

主な改修者

主な城主

森氏

廃城年

不明

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

なし

周辺の城

黒田城(愛知県一宮市)[3.2km]
川手城(岐阜県岐阜市)[4.1km]
加納城(岐阜県岐阜市)[4.4km]
野府城(愛知県一宮市)[4.7km]
伏屋城(岐阜県羽島郡)[4.8km]
墨俣城(岐阜県大垣市)[5.8km]
長森城(岐阜県岐阜市)[5.9km]
竹ヶ鼻城(岐阜県羽島市)[6.0km]
大野城(愛知県一宮市)[6.7km]
一宮城(愛知県一宮市)[8.0km]

田代城の解説文

田代城(でんだいじょう)は、現在の岐阜県羽島郡笠松町田代にあった、戦国時代の日本の城である。この城がある地域は、当時尾張国葉栗郡である。

略歴
築城は1500年代初頭と言われているが、不明である。初代城主の森可勝は森成利(蘭丸)等を輩出した、戦国武将・森氏である。天文21年(1552)に、森可成の長男である傳兵衛可隆、永禄元年(1558)には次男勝蔵(長可)、永禄3年(1560)には森越後守可行の次男九一郎(対馬守可政)が誕生している。

永禄8年(1565)可成の三男蘭丸長定(乱丸成利)が金山城に於いて誕生しているため、1560年~1565年に廃城となったと思われる。

織田信長・斎藤道三との関わり
斎藤道三の娘の帰蝶(濃姫)は織田信長の元に嫁いでいる。天文22年(1553)、斎藤道三と織田信長は尾張国中島郡冨田村(現・愛知県一宮市)の正徳寺(聖徳寺)で親子対面し、帰りをともにする。田代城にて別れの儀式を行い、道三は稲葉山城に、信長は那古野城に戻っていったという。

現在
跡地には白鬚神社がある。この地には奈良時代の寺院跡(蓮台寺、東流廃寺)があり、礎石が発掘されている。

田代城の口コミ情報

2020年08月26日 とんかつおやじND
柳津城[田代城  周辺城郭]



築城時期は文亀年間(1501年頃)といわれている。城主の竹腰摂津守は斎藤氏に仕えていたが、弘治2年(1556年)の長良川の戦いで戦死し、城主は叔父の成吉摂津守尚光にかわる。成吉摂津守尚光(のちに竹腰尚光に改名)も斉藤氏に仕える。

戦国時代、この地は尾張国であったが、斎藤氏の勢力下であり、斎藤氏と織田氏の戦いの最前線であった。

旧柳津村の地名には、一ヶ城、七ヶ城という地名が残っていたが、これは柳津城の出城や砦があった場所といわれている。

城址は光沢寺の境内にあるが、石碑のみ残る。
ウィキペディアより

2019年05月04日 しげぽん
田代城



道三、信長の別れの地の説明。
神社裏手には契約駐車場しかないので、近隣でスペースを、探す必要があります

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore