一宮城(いちのみやじょう)

一宮城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市本町3(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

関成重

築城年

不明

主な改修者

主な城主

関氏、不破氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

苅安賀城(愛知県一宮市)[2.6km]
野府城(愛知県一宮市)[3.5km]
中島城(愛知県一宮市)[4.3km]
下奈良城(愛知県一宮市)[4.9km]
下津城(愛知県稲沢市)[5.1km]
黒田城(愛知県一宮市)[5.2km]
大野城(愛知県一宮市)[6.2km]
小折城(愛知県江南市)[6.8km]
岩倉城(愛知県岩倉市)[7.5km]
片原一色城(愛知県稲沢市)[7.6km]

一宮城の解説文



一宮城(いちのみやじょう)は、現在の愛知県一宮市にかつて存在した、戦国・安土桃山時代の日本の城(平城)である。

歴史 

築城時期は不明(天文・弘治年間?)である。

尾張国の一宮である真清田神社の神主である関成重が、真清田神社、及びその領地を守るために築城する。関成重の子である関共成は、織田信長、豊臣秀吉に仕えたが、1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦いにて戦死する。

その後、織田信雄の家臣である不破広綱が入城するが、1590年(天正18年)に彼が去ると一宮城は廃城される。

一宮城主の関氏は清和源氏の子孫である。森可成の娘が関小十郎右衛門共成に嫁いだ事から、森氏との関わりが深い。後に関氏から森氏に養子へ出されたり、家督を継ぐ事があった。

規模 

東西50m、南北90mの広さがあり、土塁や堀で囲まれていた。

現在 

三菱UFJ銀行一宮支店の玄関先に石碑がある。周辺は本町商店街になっており、城の形跡は全くない。近くにJR尾張一宮駅がある。

所在地 

愛知県一宮市本町3丁目

一宮城の口コミ情報

2022年05月14日 【城郭道】尾張守たっきー
八剣社[一宮城  寺社・史跡]



ここ八剣社には趣があるものがあります。お地蔵さまのあたりをよく見るとカタカナで文字が刻まれています。江戸時代、尾張藩はキリスト教弾圧に厳しく、一宮のあたりでもそれは例外ではありませんでした。石像には隠れキリシタンたちが密かに信仰するために刻んだと思われるカタカナがあります。説明板などはないですが、カタカナは二箇所で見られます。奥の石段を登って左のお地蔵さまの裏側の下の方をよく見るとあります。一宮城から徒歩2分しないくらいなので見てみてください。

2022年04月22日 ▼☽▼猫耳萌え▼☽▼
佐分利屋敷[一宮城  周辺城郭]



一宮城から、真清田神社にかけて屋敷が、立ち並んでいたらしいが、遺構など残っていない。葵公園の由来に、佐分利屋敷の説明板があるのみです。アーケード街から、市役所に行く通路の脇の公園の片隅に説明板があります。

2022年04月22日 ▼☽▼猫耳萌え▼☽▼
丸の屋敷[一宮城  周辺城郭]



この屋敷についても検索したが、何も出て来なかった。一宮四家の関氏(一宮城)、佐分利氏(佐分利屋敷)、兼松氏(兼松屋敷)ならば、この丸の屋敷は、伴氏の屋敷跡だったのだろうか?謎です。商店街や住宅地となり、詳細は不明。

2022年04月22日 ▼☽▼猫耳萌え▼☽▼
兼松屋敷[一宮城  周辺城郭]



この屋敷について検索してみたが、何も出て来なかった…。一宮市島村字上深田にも、兼松屋敷があったとされているので、何かしら関係のある屋敷跡だと思われるが、住宅地となり遺構など残っていない。

2022年04月22日 ▼☽▼猫耳萌え▼☽▼
一宮城



この城に住んでいた関氏は、平重盛の子孫で、伊勢関氏の一族である。
関長安は、はじめ織田信長に、のちに秀吉に仕え、天正12年(1584)小牧山の戦で長久手に戦い、討死した。
この城には、豊臣秀吉も立寄ったことがあったが、のちには織田信雄の家来の不破源六広綱の城となり、天正18年 広綱が去ってから廃城になった。
一宮市観光協会

説明板より。

以前は、石碑のみだったが、説明板が設置されている。

銀行利用者ならば、銀行の地下駐車場がありますが狭いので、JR尾張一宮駅東側の有料地下駐車場等の利用が無難です。

2022年04月21日 ▼☽▼猫耳萌え▼☽▼
三八市の市神堂旧地[一宮城  寺社・史跡]



真清田神社の門前から、地蔵寺辺りまでが、三八市が開かれた場所とされる。享保十二年(1727)に市を立てることを許可され、天保十三年(1842)の記録には、490程の店が軒を連ねたとさている。現在は、アーケード街の片隅に石碑がある。

2022年04月21日 ▼☽▼猫耳萌え▼☽▼
真清田神社二の鳥居跡[一宮城  寺社・史跡]



アーケードの中程に、真清田神社二の鳥居跡の石碑があるのみです。真清田神社一の鳥居跡は、一宮一里塚跡の付近にあります。

2022年03月15日 マタザ但馬守
一宮城

銀行の前。一宮駅から徒歩5分。物陰に隠れてんのちゃうか?みたいなインパクト。

2022年03月03日 ゆき丸
一宮城

一宮駅からまっすぐ徒歩で5分。銀行の前に碑があります。

2021年11月28日 【城郭道】尾張守たっきー
油田遺跡[一宮城  寺社・史跡]



この地にむかし真清田大神が降臨し、後年現在地に遷座したと言い伝えられている。油田の地名の起りは明らかでないが、その土地を灯明料所として真清田神社に寄進し、年貢の一部が納入されたことに由来するものと思われる。
区画整理によって地名が変更され、現在は多加木2丁目となっている。

一宮市公式観光サイトより

ひっそりとしたところに石碑があります。木の下に隠れているので情景がこれまた風情がありますね。かなり奥深く入る真清田神社ゆかりの地なので興味のある方はぜひ。

2021年11月06日 永久楽尾張守マクシミリアン
一宮城

三菱UFJ銀行一宮支店前に碑が立ってます。何も遺構はなし。城主だったのは、500mぐらい離れた真清田神社(尾張国一宮)の神官だったそうです

2021年10月31日 【城郭道】尾張守たっきー
葵公園[一宮城  関連施設]



いつの間にか新しい看板が!知る人ぞ知る太平洋戦争末期に起きた対馬丸の悲劇に関することですね。気になる方は葵公園へ!

2021年09月05日 【城郭道】尾張守たっきー
佐分利屋敷[一宮城  周辺城郭]



関四家の一つ、佐分利氏の屋敷があった場所。現在の葵公園にあたる。佐分利氏は徳川家康ともゆかりがある一族である(詳しくは葵公園の口コミを見てください)。現在、遺構はないが気持ちの良い公園となっている。

2021年09月05日 【城郭道】尾張守たっきー
葵公園[一宮城  関連施設]



【葵公園の由来】本町二丁目四-五七
関ヶ原の戦いの二日前の慶長五年(一六〇〇)九月十三日、清須を出立した徳川家康は一宮の佐分利五郎兵衛清政宅で小憩し、真清田神社で戦勝を祈願したと伝える。小憩の際、清政弟の新左衛門は屋敷地の藪から竹を伐り旗竿として家康に献上したという。その後の大坂冬の陣(慶長十九年)に際しても、家康は清政宅に立ち寄り、旗竹の献上を受けたという。
昭和十四年発行の『一宮市史』には、佐分利氏邸跡に家康が鑑賞した(一説には家康が手植えした)という藪椿の巨木があったが、昭和十一年に枯れて伐採されたとある。尾張国の名所を網羅した『尾張名所図会』(後編明治十三年刊行)の挿し絵には、『佐分利氏宅御旗竿藪』と『御殿跡大椿』が描かれており、この地が人々の間でよく知られていたことが窺える。
明治時代に入ると、多くの通称町名が生じ、前掲『一宮市史』には、家康小憩の由緒から『御藪町』・『椿町』・『御朱印地町』が称されたとある。同書によると、旗竹献上の功での御朱印の下賜が『御朱印地町』のいわれだという。また大正九年には『御藪町』と『椿町』が合併し、『葵町』になったという。『葵』は徳川将軍家が用いた三つ葉葵紋に由来するものであろう。その後の町名改正で『葵町』と『御朱印地町』は正式な町名になったが昭和四十八年の第二次住居表示事業で両町名は消え、現在の『本町ニ丁目』となった。
この『葵公園』の名称は、新庁舎整備事業に併せて『新柳公園』から新しく生まれ変わったこの地に由来して名付けられた。

説明板より。書くのが大変だった。

2021年08月09日 能登守さとみっくす
真清田神社二の鳥居跡[一宮城  寺社・史跡]

大和証券の前に石碑があります。ここからまっすぐ行くと一宮城主、関氏ゆかりの真清田神社があります。

2021年07月28日 【城郭道】尾張守たっきー
堀跡(浅野城)[一宮城  遺構・復元物]



浅野公園の周囲を取り巻く水堀。太陽に当たると輝いています。
明治か大正か。その頃に、浅野公園が整備され、堀跡を利用した水堀が造られました。
現在、魚が泳いでいて、行った時は子供達が釣りをしていました。

日常は失ってから気付くもの
あっ、一句できちゃった。

2021年04月01日 若暇神_玄蕃助太一之助
一宮城

記念碑が、銀行前に建っています。
また、木が目印です

2021年03月27日 【城郭道】尾張守たっきー
若葉神社[一宮城  寺社・史跡]



明治42年、伝馬通りが開通して、大正8年、一宮城跡に隣接する由緒深きこの地に一宮初の木造洋館建築の尾西毛工組合の建物が竣工した頃に若葉神社が祀られたと考えられます。
以来、この地には数々の建物が建てられましたが、神社を祀って街を守人々の気持ちは変わりませんでした。
御神助かはわかりませんが、周辺の街に火災が結構あったのにも関わらず、この地域にはありませんでした。
今後もこの地を見守ってくれると思います。

2021年03月07日 【城郭道】尾張守たっきー
真清田神社二の鳥居跡[一宮城  寺社・史跡]



かつてこの地には真清田神社二の鳥居があった。現在は本町アーケード街の中に石碑がある。ここから真清田神社は徒歩5分。

2021年01月06日 【城郭道】尾張守たっきー
浅野城(浅野長政公邸)[一宮城  周辺城郭]



一宮城から東へ2キロ行ったところにある浅野城は浅野長政誕生の地であります。浅野公園として綺麗に整備されていて、地元の人々で賑わっています。水堀に囲まれていて、上から見ると本丸に出丸がくっついたかのような感じの縄張です。

とても浅野家等に関する歴史が感じられる城となっているので是非、行ってみてください。

2021年01月03日 【城郭道】尾張守たっきー
石碁盤[一宮城  寺社・史跡]



浅野長政の嫡男、幸長の娘、春姫が家康の九男、尾張藩藩主、徳川義直と結婚。長政の次男の長晟が家康の三女、振姫と結婚した。これにより、関係ができるとさらに、家康と長政は囲碁で一層関係が深まった。長政没後、家康は一時期囲碁を絶ったという。現在、浅野公園のあるところには写真のような囲碁がある。

2020年12月25日 【城郭道】尾張守たっきー
馬蹄石[一宮城  寺社・史跡]



浅野公園にある馬蹄石(ばていせき)。山内一豊が岩倉城下に住む家族のもとへ急いで帰る途中、浅野邸へ駆け寄った時の蹄跡と伝えられています。今も残っているもんなんですね。

2020年12月23日 【城郭道】尾張守たっきー
大赤見城[一宮城  周辺城郭]



一宮城から2キロくらい離れた城。跡地は住宅街で石碑が建っています。リア攻めする方は名鉄バス『両郷町』で降りて歩くのがいいと思います。是非、行ってみてください。

御城印は202012月23日時点ではないです。

写真は陽が落ちた跡の石碑です。あたりは結構、暗かったです。


2020年12月18日 【城郭道】尾張守たっきー
浅野公園のトイレ[一宮城  トイレ]



浅野城跡である浅野公園にあるトイレ。中は綺麗でした。浅野城リア攻めの際などで使用してください。

2020年11月28日 【城郭道】尾張守たっきー
真清田神社[一宮城  寺社・史跡]



JR尾張一宮駅から徒歩10分のところにあります。大きくて立派な神社となっています。御朱印もあり、人もたくさんいました。一宮城からも近いのでリア攻めの際によってみてはいかがでしょうか。


2020年10月21日 【城郭道】尾張守たっきー
大赤見城[一宮城  周辺城郭]



指定区域  なし
遺構    なし
住所    一宮市赤見二丁目5
築城年   不明
城主    織田平七郎
現状    石碑

一帯には地下中屋敷・地下西屋敷・地下東屋敷・市場東屋敷・市場地下屋敷・下市場等の小字名が残り、市場を備えたかなり完成された城下があったことが伺える。
諸書に織田平七郎が居住したと伝わり、『尾張名所図会』は「服部系図」によって、織田弾正左衛門尉勝久とその子平七郎久長がここに居住し、久長が楽田村に移った後に弟敏任の子孫が移住して服部と改姓し、その後裔が桶狭間の戦いで活躍した服部小平太であるとする。しかし、「服部系図」の前半部が江戸時代に作られた信憑性の低い「織田系図」とほぼ一致することから、自身の古い系図を持たない服部氏が家系を結びつけたものと解され、「服部系図」により大赤見城主を織田久長とするのは誤りであって、特定の人物には比定できないという見方もある。

赤見の地は、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いの末期、羽柴秀吉の第二次尾張出馬の際に戦場となったことから、同年10月には徳川家康が当城に西郷家員を入れて守備させた。

今は石碑が建つのみで遺構は残っていない。

石碑は民家の脇にあり、なかなか雰囲気があります。


2020年10月19日 【城郭道】尾張守たっきー
トイレ[一宮城  トイレ]



葵公園の隣にトイレがあります。
中は綺麗で夜も電灯がついてて使いやすくなっています。
一宮城石碑からトイレまでは歩いて5分足らずです。

2020年08月22日 【城郭道】尾張守たっきー
葵公園[一宮城  関連施設]



一宮城のすぐそこにある葵公園。ここにはかつて豪族である佐分利氏の屋敷がありました。関ヶ原の戦いの際、徳川家康は真清田神社で必勝祈願しまし、佐分利氏の屋敷で一泊しました。
その後、大坂冬の陣の際も家康は真清田神社で必勝祈願をしました。

2020年08月04日 能登守さとみっくす
一宮城

JR尾張一宮駅から徒歩6分で近くにコインパーキングがたくさんあるので是非、リア攻めしてみてください。

2020年08月04日 【城郭道】尾張守たっきー
石碑、説明板[一宮城  碑・説明板]



一宮市観光協会により建てられました。いつつくられたかはわかりませんが一宮城の存在を人々に知らせる良いものとなっています。
是非、リア攻めして写真撮ってってください。

2020年03月10日 【城郭道】尾張守たっきー
一宮城

尾張一宮駅または名鉄一宮駅から徒歩で5分ほどで石碑に到着。遺構はありませんが、近くにある大江川は平安時代からあるそうなので、もしかしたら堀で利用されていたかもしれません。御城印は3月10日時点ではないのでつくってほしいです。



ついでですが一宮市にはこのアプリに載っていない城がまだたくさんあります。よかったら調べてみてはいかがでしょうか?近くの真清田神社は徳川家康ゆかりの神社です。

2015年01月19日 蔵人頭ピロシキ
一宮城

UFJ銀行の店先に石碑がありました。

一宮城の周辺スポット情報

 堀跡(浅野城)(遺構・復元物)

 石碑、説明板(碑・説明板)

 記念碑山(碑・説明板)

 寧々の歌碑(碑・説明板)

 石碑、説明板(碑・説明板)

 説明板(真清田神社)(碑・説明板)

 浅野城(浅野長政公邸)(周辺城郭)

 大赤見城(周辺城郭)

 佐分利屋敷(周辺城郭)

 兼松屋敷(周辺城郭)

 丸の屋敷(周辺城郭)

 浅野下村屋敷(周辺城郭)

 真清田神社(寺社・史跡)

 常念寺(寺社・史跡)

 馬蹄石(寺社・史跡)

 若葉神社(寺社・史跡)

 八剣社(寺社・史跡)

 石碁盤(寺社・史跡)

 即得寺(寺社・史跡)

 福寿院(寺社・史跡)

 服織神社(寺社・史跡)

 大江川千年碑(寺社・史跡)

 三八市の市神堂旧地(寺社・史跡)

 真清田神社二の鳥居跡(寺社・史跡)

 一宮一里塚跡(寺社・史跡)

 真清田神社御旅所(寺社・史跡)

 社務所(真清田神社)(寺社・史跡)

 一宮市道路元標(寺社・史跡)

 キリスト殉難の碑(寺社・史跡)

 油田遺跡(寺社・史跡)

 馬見塚遺跡(寺社・史跡)

 稲荷山古墳(寺社・史跡)

 照手姫袖掛け松(寺社・史跡)

 トイレ(トイレ)

 浅野公園のトイレ(トイレ)

 トイレ(トイレ)

 トイレ(トイレ)

 トイレ(トイレ)

 真清田神社駐車場(駐車場)

 浅野公園(駐車場)

 駐車場(有料)(駐車場)

 葵公園(関連施設)

 宝物殿(関連施設)

 一宮市観光案内所(関連施設)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore