一宮城(いちのみやじょう)

一宮城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市本町3、大江(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

関成重

築城年

不明

主な改修者

主な城主

関氏、不破氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

苅安賀城(愛知県一宮市)[2.6km]
野府城(愛知県一宮市)[3.5km]
中島城(愛知県一宮市)[4.3km]
下奈良城(愛知県一宮市)[4.9km]
下津城(愛知県稲沢市)[5.1km]

一宮城の解説文

一宮城(いちのみやじょう)は、現在の愛知県一宮市にかつて存在した、戦国・安土桃山時代の平城である。

歴史

築城時期は不明(天文・弘治年間?)である。

尾張国の一宮である真清田神社の神主である関成重が、真清田神社、及びその領地を守る為に築城する。関成重の子である関共成は、織田信長、豊臣秀吉に仕えたが、1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦いにて戦死する。

その後、織田信雄の家臣である不破広綱が入城するが、1590年(天正18年)に彼が去ると一宮城は廃城される。

一宮城主の関氏は清和源氏の子孫である。森可成の娘が関小十郎右衛門共成に嫁いだ事から、森氏との関わりが深い。後に関氏から森氏に養子へ出されたり、家督を継ぐ事があった。

規模
東西50m、南北90mの広さがあり、土塁や堀で囲まれていた。

現在
三菱東京UFJ銀行一宮支店(旧東海銀行一宮支店)の玄関先に石碑がある。周辺は本町商店街になっており、城の形跡は全く無い。近くにJR尾張一宮駅がある。

一宮城の口コミ情報

大宰大弐川より河。様[2015年01月19日]
UFJ銀行の店先に石碑がありました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore