一宮城(いちのみやじょう)

一宮城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市本町3(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

関成重

築城年

不明

主な改修者

主な城主

関氏、不破氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

苅安賀城(愛知県一宮市)[2.6km]
野府城(愛知県一宮市)[3.5km]
中島城(愛知県一宮市)[4.3km]
下奈良城(愛知県一宮市)[4.9km]
下津城(愛知県稲沢市)[5.1km]
黒田城(愛知県一宮市)[5.2km]
大野城(愛知県一宮市)[6.2km]
小折城(愛知県江南市)[6.8km]
岩倉城(愛知県岩倉市)[7.5km]
片原一色城(愛知県稲沢市)[7.6km]

一宮城の解説文

一宮城(いちのみやじょう)は、現在の愛知県一宮市にかつて存在した、戦国・安土桃山時代の平城である。

歴史

築城時期は不明(天文・弘治年間?)である。

尾張国の一宮である真清田神社の神主である関成重が、真清田神社、及びその領地を守る為に築城する。関成重の子である関共成は、織田信長、豊臣秀吉に仕えたが、1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦いにて戦死する。

その後、織田信雄の家臣である不破広綱が入城するが、1590年(天正18年)に彼が去ると一宮城は廃城される。

一宮城主の関氏は清和源氏の子孫である。森可成の娘が関小十郎右衛門共成に嫁いだ事から、森氏との関わりが深い。後に関氏から森氏に養子へ出されたり、家督を継ぐ事があった。

規模
東西50m、南北90mの広さがあり、土塁や堀で囲まれていた。

現在
三菱東京UFJ銀行一宮支店(旧東海銀行一宮支店)の玄関先に石碑がある。周辺は本町商店街になっており、城の形跡は全く無い。近くにJR尾張一宮駅がある。

一宮城の口コミ情報

2021年04月01日 【若者組】右衛門尉太一之助
一宮城

記念碑が、銀行前に建っています。
また、木が目印です

2021年03月27日 【城郭道】治部少輔タッキー
若葉神社[一宮城  寺社・史跡]



明治42年、伝馬通りが開通して、大正8年、一宮城跡に隣接する由緒深きこの地に一宮初の木造洋館建築の尾西毛工組合の建物が竣工した頃に若葉神社が祀られたと考えられます。
以来、この地には数々の建物が建てられましたが、神社を祀って街を守人々の気持ちは変わりませんでした。
御神助かはわかりませんが、周辺の街に火災が結構あったのにも関わらず、この地域にはありませんでした。
今後もこの地を見守ってくれると思います。

2021年03月07日 【城郭道】治部少輔タッキー
真清田神社二の鳥居跡[一宮城  寺社・史跡]



かつてこの地には真清田神社二の鳥居があった。現在は本町アーケード街の中に石碑がある。ここから真清田神社は徒歩5分。

2021年01月06日 【城郭道】治部少輔タッキー
浅野城(浅野長政公邸)[一宮城  周辺城郭]



一宮城から東へ2キロ行ったところにある浅野城は浅野長政誕生の地であります。浅野公園として綺麗に整備されていて、地元の人々で賑わっています。水堀に囲まれていて、上から見ると本丸に出丸がくっついたかのような感じの縄張です。

とても浅野家等に関する歴史が感じられる城となっているので是非、行ってみてください。

2021年01月03日 【城郭道】治部少輔タッキー
石碁盤[一宮城  寺社・史跡]



浅野長政の嫡男、幸長の娘、春姫が家康の九男、尾張藩藩主、徳川義直と結婚。長政の次男の長晟が家康の三女、振姫と結婚した。これにより、関係ができるとさらに、家康と長政は囲碁で一層関係が深まった。長政没後、家康は一時期囲碁を絶ったという。現在、浅野公園のあるところには写真のような囲碁がある。

2020年12月25日 【城郭道】治部少輔タッキー
馬蹄石[一宮城  寺社・史跡]



浅野公園にある馬蹄石(ばていせき)。山内一豊が岩倉城下に住む家族のもとへ急いで帰る途中、浅野邸へ駆け寄った時の蹄跡と伝えられています。今も残っているもんなんですね。

2020年12月23日 【城郭道】治部少輔タッキー
大赤見城[一宮城  周辺城郭]



一宮城から2キロくらい離れた城。跡地は住宅街で石碑が建っています。リア攻めする方は名鉄バス『両郷町』で降りて歩くのがいいと思います。是非、行ってみてください。

御城印は202012月23日時点ではないです。

写真は陽が落ちた跡の石碑です。あたりは結構、暗かったです。


2020年12月18日 【城郭道】治部少輔タッキー
浅野公園のトイレ[一宮城  トイレ]



浅野城跡である浅野公園にあるトイレ。中は綺麗でした。浅野城リア攻めの際などで使用してください。

2020年11月28日 【城郭道】治部少輔タッキー
真清田神社[一宮城  寺社・史跡]



JR尾張一宮駅から徒歩10分のところにあります。大きくて立派な神社となっています。御朱印もあり、人もたくさんいました。一宮城からも近いのでリア攻めの際によってみてはいかがでしょうか。


2020年10月21日 【城郭道】治部少輔タッキー
大赤見城[一宮城  周辺城郭]



指定区域  なし
遺構    なし
住所    一宮市赤見二丁目5
築城年   不明
城主    織田平七郎
現状    石碑

一帯には地下中屋敷・地下西屋敷・地下東屋敷・市場東屋敷・市場地下屋敷・下市場等の小字名が残り、市場を備えたかなり完成された城下があったことが伺える。
諸書に織田平七郎が居住したと伝わり、『尾張名所図会』は「服部系図」によって、織田弾正左衛門尉勝久とその子平七郎久長がここに居住し、久長が楽田村に移った後に弟敏任の子孫が移住して服部と改姓し、その後裔が桶狭間の戦いで活躍した服部小平太であるとする。しかし、「服部系図」の前半部が江戸時代に作られた信憑性の低い「織田系図」とほぼ一致することから、自身の古い系図を持たない服部氏が家系を結びつけたものと解され、「服部系図」により大赤見城主を織田久長とするのは誤りであって、特定の人物には比定できないという見方もある。

赤見の地は、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いの末期、羽柴秀吉の第二次尾張出馬の際に戦場となったことから、同年10月には徳川家康が当城に西郷家員を入れて守備させた。

今は石碑が建つのみで遺構は残っていない。

石碑は民家の脇にあり、なかなか雰囲気があります。


2020年10月19日 【城郭道】治部少輔タッキー
トイレ[一宮城  トイレ]



葵公園の隣にトイレがあります。
中は綺麗で夜も電灯がついてて使いやすくなっています。
一宮城石碑からトイレまでは歩いて5分足らずです。

2020年08月22日 【城郭道】治部少輔タッキー
葵公園[一宮城  関連施設]



一宮城のすぐそこにある葵公園。ここにはかつて豪族である佐分利氏の屋敷がありました。関ヶ原の戦いの際、徳川家康は真清田神社で必勝祈願しまし、佐分利氏の屋敷で一泊しました。
その後、大坂冬の陣の際も家康は真清田神社で必勝祈願をしました。

2020年08月04日 美濃守さとみっくす
一宮城

JR尾張一宮駅から徒歩6分で近くにコインパーキングがたくさんあるので是非、リア攻めしてみてください。

2020年08月04日 【城郭道】治部少輔タッキー
石碑、説明板[一宮城  碑・説明板]



一宮市観光協会により建てられました。いつつくられたかはわかりませんが一宮城の存在を人々に知らせる良いものとなっています。
是非、リア攻めして写真撮ってってください。

2020年03月10日 【城郭道】治部少輔タッキー
一宮城

尾張一宮駅または名鉄一宮駅から徒歩で5分ほどで石碑に到着。遺構はありませんが、近くにある大江川は平安時代からあるそうなので、もしかしたら堀で利用されていたかもしれません。御城印は3月10日時点ではないのでつくってほしいです。



ついでですが一宮市にはこのアプリに載っていない城がまだたくさんあります。よかったら調べてみてはいかがでしょうか?近くの真清田神社は徳川家康ゆかりの神社です。

2015年01月19日 右近衛中将ピロシキ
一宮城

UFJ銀行の店先に石碑がありました。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore