一宮城(いちのみやじょう)

一宮城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市本町3、大江(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

関成重

築城年

不明

主な改修者

主な城主

関氏、不破氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

苅安賀城(愛知県一宮市)[2.6km]
野府城(愛知県一宮市)[3.5km]
中島城(愛知県一宮市)[4.3km]
下奈良城(愛知県一宮市)[4.9km]
下津城(愛知県稲沢市)[5.1km]
黒田城(愛知県一宮市)[5.2km]
大野城(愛知県一宮市)[6.2km]
小折城(愛知県江南市)[6.8km]
岩倉城(愛知県岩倉市)[7.5km]
片原一色城(愛知県稲沢市)[7.6km]

一宮城の解説文

一宮城(いちのみやじょう)は、現在の愛知県一宮市にかつて存在した、戦国・安土桃山時代の平城である。

歴史

築城時期は不明(天文・弘治年間?)である。

尾張国の一宮である真清田神社の神主である関成重が、真清田神社、及びその領地を守る為に築城する。関成重の子である関共成は、織田信長、豊臣秀吉に仕えたが、1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦いにて戦死する。

その後、織田信雄の家臣である不破広綱が入城するが、1590年(天正18年)に彼が去ると一宮城は廃城される。

一宮城主の関氏は清和源氏の子孫である。森可成の娘が関小十郎右衛門共成に嫁いだ事から、森氏との関わりが深い。後に関氏から森氏に養子へ出されたり、家督を継ぐ事があった。

規模
東西50m、南北90mの広さがあり、土塁や堀で囲まれていた。

現在
三菱東京UFJ銀行一宮支店(旧東海銀行一宮支店)の玄関先に石碑がある。周辺は本町商店街になっており、城の形跡は全く無い。近くにJR尾張一宮駅がある。

一宮城の口コミ情報

2020年08月22日 城郭道の刑部少輔タッキー
葵公園[一宮城  関連施設]



一宮城のすぐそこにある葵公園。ここにはかつて豪族である佐分利氏の屋敷がありました。関ヶ原の戦いの際、徳川家康は真清田神社で必勝祈願しまし、佐分利氏の屋敷で一泊しました。
その後、大坂冬の陣の際も家康は真清田神社で必勝祈願をしました。

2020年08月04日 主殿頭さとみっくす
一宮城

JR尾張一宮駅から徒歩6分で近くにコインパーキングがたくさんあるので是非、リア攻めしてみてください。

2020年08月04日 城郭道の刑部少輔タッキー
石碑、説明板[一宮城  碑・説明板]

一宮市観光協会により建てられました。いつつくられたかはわかりませんが一宮城の存在を人々に知らせる良いものとなっています。
是非、リア攻めして写真撮ってってください。

2020年03月10日 城郭道の刑部少輔タッキー
一宮城

尾張一宮駅または名鉄一宮駅から徒歩で5分ほどで石碑に到着。遺構はありませんが、近くにある大江川は平安時代からあるそうなので、もしかしたら堀で利用されていたかもしれません。御城印は3月10日時点ではないのでつくってほしいです。



ついでですが一宮市にはこのアプリに載っていない城がまだたくさんあります。よかったら調べてみてはいかがでしょうか?近くの真清田神社は徳川家康ゆかりの神社です。

2015年01月19日 左衛門督ピロシキ
一宮城

UFJ銀行の店先に石碑がありました。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore