黒田城(くろだじょう)

黒田城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市大字黒田字古城59(黒田小学校)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

五島光正

築城年

明応年間(1492〜1501)

主な改修者

一柳直盛

主な城主

山内氏、和田氏、沢井氏、一柳氏、富永氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

市史跡(黒田城址)

再建造物

模擬天冠木門、石碑、説明板

周辺の城

野府城(愛知県一宮市)[2.8km]
田代城(岐阜県羽島郡)[3.2km]
大野城(愛知県一宮市)[4.1km]
伏屋城(岐阜県羽島郡)[4.6km]
一宮城(愛知県一宮市)[5.2km]
川手城(岐阜県岐阜市)[5.9km]
長森城(岐阜県岐阜市)[6.1km]
加納城(岐阜県岐阜市)[6.2km]
苅安賀城(愛知県一宮市)[6.3km]
下奈良城(愛知県一宮市)[6.6km]

黒田城の解説文

黒田城(くろだじょう)は、尾張国葉栗郡黒田(現在の愛知県一宮市木曽川町黒田字古城)に戦国時代から安土桃山時代にかけてあった城。平城。一宮市指定史跡。初代土佐藩主となった山内一豊の生まれた城である。

歴史
黒田の地は、鎌倉から京都に続く鎌倉街道沿いにあり、かつ尾張国と美濃国を隔てる木曽川のすぐ近くにあり、戦略上重要といえる地域であった。この地への築城は、明応年間(1492年 - 1500年)に相模国から尾張に入った五藤源太左衛門光正が居館程度のものを築いたのが初めてであるといわれている(『五藤家文書』)。この五藤家はのちに山内家に仕え、江戸時代には土佐藩の重臣となっている。

その後の経過は不明であるが、天文初年(1532年以降)には岩倉城を本拠とした織田伊勢守家の家老であった山内盛豊が城代として入ったと考えられている。天文14年(1545年)にはこの城で盛豊の三男として山内一豊が誕生している(『一豊公御武功附御伝記』)。

このころ織田伊勢守家と織田氏の傍流ながら勢力を強大化させた織田信長とが対立、家老である山内家も巻き込まれ、弘治3年(1557年)7月12日、盗賊(実際は信長の手勢と考えられる)が黒田城を襲撃し、この際に一豊の兄十郎は討死(このときに盛豊も殺されたという史料もあるが、確かな史料にはその後も盛豊の活動が見られるので間違いであると考えられる)、生き残った山内一族は主家の岩倉城に逃れたものの、翌々年にはその岩倉城も信長によって落城、山内家は一豊が豊臣秀吉の下で立身するまで離散することとなった。

その後犬山城主織田信清の弟・広良が城主となるが、永禄5年(1562年)に広良が美濃斎藤氏との軽海の戦いで戦死、信清の家臣である和田新助が城主となった。その後新助は織田信清と信長の不和に際して信長に降ってそのまま彼の直臣となり、多くの合戦に加わったことが記録に見えるが、天正2年(1574年)の長島の戦いで討死し、弟の和田定教が継いだ。ところが、和田氏系図によると、この定教が何らかの理由で追放されている。なお、定教は本貫の近江国甲賀郡に帰って隠遁し、その後本能寺の変後に三河に逃走しようとしていた徳川家康を助けたことで召し出され、子の定勝は家康に仕えている。

しばらくその後の黒田城主は不明であるが、天正10年(1582年)には織田信雄の家老であった沢井雄重が1万4千500貫で入城した。沢井は検地を行うとともに、領内の伊富利部神社及び籠守勝手神社の再建を行っている。また、天正12年(1584年)の小牧の役の際には黒田城を死守して羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の調略にも応じず、これを賞して後に徳川家康から感状と太刀が与えられている。

天正18年(1590年)、織田信雄が転封を拒否して改易されたのに巻き込まれて沢井雄重も禄を失い、黒田城には3万5千石で一柳直盛が入った。このときに黒田城は大きく改修がなされ、比較的大きな構えになったと考えられている。慶長5年(1600年)、一柳直盛は伊勢国・神戸に5万石で転封、黒田城は尾張を所領とした松平忠吉の支城となり、家臣の富田忠繁が入ったが、しばらく後に廃城となった(時期は特定できていない)。

遺構
平野部であることもあり開発などにさらされて特に遺構は残っておらず、敷地の多くは一宮市立黒田小学校となっているが、学校の脇に大正6年(1917年)建立の石碑が城跡であったことを示している。

アクセス
JR東海道本線木曽川駅下車、南へ徒歩3分
名鉄名古屋本線新木曽川駅下車、北東へ徒歩5分...

黒田城の口コミ情報

2020年10月14日 とんかつおやじND
北方代官所[黒田城  寺社・史跡]



天明元年(1781)この地に置かれた北方代官所(陣屋)は、木曽川沿いの葉栗、丹羽、中島の三郡、美濃の大納、池田、本巣ほか九郡に及ぶ広い地域を管轄していた。
明治四年(1871)代官所は廃止される。
北方の池は木曽川の運材を管理するに好適で、万治二年(1659)以来、川並奉行所が設けられていた。
百〜百五十石の武士が任命された。代官所は御陣屋とよばれ、北方代官所は、尾張・美濃の百七十か村、総高八万七千百九十三石余りの広大な地域を支配した。名を残した代官に畑繁神社の祭神となった酒井七左衛門や牛刀舎を設立した深沢新平がいる。
この番所に「木曽川徒渡りの者、切り捨てにす事」の額を掲げていた。

最後の画像は付近にある石碑
明治天皇が御休息された場所

2020年10月04日 城郭道の兵部少輔タッキー
黒田城

一宮市立黒田小学校の片隅に石碑や模擬門があります。綺麗に整備されていて、見学しやすい状態となっています。ベンチもあるのでここで休憩することもできます。
リア攻めにはおすすめの城ですよ。

2020年09月13日 村国志摩守三成
光明寺城[黒田城  周辺城郭]

織田信長に光明寺の住職を紹介され軍法をさずかった松平元康は「家康」に改名。

徳川家康誕生の地であるらしいです。
詳細はWikipediaなどを・・・。

2020年08月03日 城郭道の兵部少輔タッキー
法蓮寺[黒田城  寺社・史跡]

黒田城からJRの踏切を渡ってすぐです。
立派な門が立ち構えられており、駐車場もあります。駐車場の近くに『山内一豊公出生地』の石碑があります。その奥に行けば一豊公の父、盛豊公と一豊公のお墓があるのでぜひ行ってみてください。


2019年05月04日 しげぽん
黒田城



山内一豊公誕生の地、記念碑の周りは小さい公園になってます。

2016年04月24日 ドラガン右近衛中将店長
黒田城

巧妙が辻の山内一豊生誕の黒田城趾を巡る。
名古屋鉄道の黒田駅近く徒歩5分くらい。
今や黒田小学校でしたが、周りに水堀が巡らされており、往事の平城ぶりが容易に想像できる。
小学校の校庭には「今日からみんな黒田っ子」の横断幕。
山内先輩を追い越せ~(^^)/

2015年09月23日 我流尾張守クール
黒田城

前述に習い、城跡近くに在る一宮市木曽川町資料館を訪れました。建物自体が国登録有形文化財です。
一豊公のみならず、その他地元武将別に紹介されており、一見の価値があります。

お城とは関係ありませんが、大正時代の蓄音機を13台所有しており、そのうちの1台で実際にSP盤を聴かせて頂きました。日本に2台しかないと思われる蓄音機です。
黒田城跡をリアル攻めの際は是非、お立ち寄りください。
城跡、資料館共にJR、名鉄の駅から徒歩圏内です。入館料は無料です。
月曜休み、9:30~17:30。

2011年01月07日 うさチ
黒田城

近くの木曽川資料館には小さいけど山内一豊に関する資料や黒田城の模型や絵が展示してありますよ黒田城跡からさほど離れていないので、立ち寄りをオススメします

2010年07月25日 徳川内大臣源朝臣康武
黒田城

[武将像]山内一豊像
城跡公園内に鎮座。土台に比べて、ちと小さめ。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore