加納城(かのうじょう)

加納城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県岐阜市加納丸の内

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

独立式層塔型御三階櫓[3重4階/1602年築/焼失(落雷)]

築城主

奥平信昌

築城年

慶長7年(1602)

主な改修者

主な城主

奥平氏、戸田氏、安藤氏、永井氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、堀

指定文化財

国史跡(加納城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

川手城(岐阜県岐阜市)[0.6km]
長森城(岐阜県岐阜市)[3.4km]
伏屋城(岐阜県羽島郡)[3.6km]
岐阜城(岐阜県岐阜市)[4.2km]
田代城(岐阜県羽島郡)[4.6km]

加納城の解説文

加納城(かのうじょう)は、岐阜県岐阜市加納丸の内にあった日本の城である。徳川家康による天下普請によって築かれた平城で、江戸時代には加納藩藩主家の居城となった。城跡は加納城跡(かのうじょうあと)として国の史跡に指定されている。

構造
加納城は2重の堀をもつ、南北に細長い城(南北約550メートル、東西約400メートル)であり、城の大手門は北側にあり、中山道に面し、大手門前で屈曲する構成となっていた。内堀は本丸を取り囲む形で配置され、少なくとも北堀は障子堀であった。外堀は東側が荒田川、北側が清水川、西側が長刀堀であり、南側の外堀は加納中学校付近にあった。主要な部分は本丸を中心に、東に二ノ丸、北に厩曲輪・三ノ丸、南に大藪曲輪があった。この城の石垣には加工するにはあまり適さないチャートが使われている。

本丸
本丸は方形をなし、そこから外枡形が突出している。これは初期徳川系城郭の特徴のひとつで「加納城型」とも呼ばれている。

『加納城修理絵図』には、本丸北西隅に天守台、北東、南東、南西の隅に2重の隅櫓、南西隅櫓と天守台の間に二重櫓が1棟が描かれている。

天守は上げられず、代わりに二ノ丸北東隅に御三階櫓が建てられていた。

御三階櫓
御三階櫓は、享保13年(1728年)に書かれた城絵図によれば独立式層塔型3重4階である。二ノ丸の東北隅に建てられ、現存当時は「お三階」と呼ばれていた。 慶長6年(1601年)廃城となった岐阜城山頂にあった天守を移築したものと伝えられ、絵図面からは、東西面と南北面とで柱間寸法に違いがあるなど改変の跡と見られる構造が覗える。

享保13年に落雷による大火で焼失し、そのまま廃藩置県を迎える。現在は同地に岐阜地方気象台がある。

歴史・沿革
前期加納城
文安2年(1445年)に川手城の備えのため、土岐氏の家宰の斎藤利永によって沓井城として築城された。船田合戦では斎藤妙純の居城となっていた。しかし、天文7年(1538年)にはすでに廃城となっている。
...

加納城の口コミ情報

はせちゃん弾正忠様[2013年02月07日]
2/10 10:00〜
厩曲輪跡にて、発掘調査現地説明会が実施されます
貴重な遺構を見られるかと

傾奇揚げ仙兵衛様[2011年01月28日]
今はただの運動公園

古楽侍従広家様[2010年09月13日]
本多忠勝が築城に関わった城の一つ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore