加納城(かのうじょう)

加納城の基本情報

通称・別名

(沓井城)

所在地

岐阜県岐阜市加納丸の内

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

独立式層塔型御三階櫓[3重4階/1602年築/焼失(落雷)]

築城主

奥平信昌

築城年

慶長7年(1602)

主な改修者

主な城主

奥平氏、戸田氏、安藤氏、永井氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、横堀

指定文化財

国史跡(加納城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

川手城(岐阜県岐阜市)[0.6km]
伏屋城(岐阜県羽島郡)[3.5km]
鏡島城(岐阜県岐阜市)[4.1km]
岐阜城(岐阜県岐阜市)[4.3km]
田代城(岐阜県羽島郡)[4.5km]
鷺山城(岐阜県岐阜市)[5.6km]
更木陣屋(岐阜県各務原市)[6.1km]
黒田城(愛知県一宮市)[6.4km]
黒野城(岐阜県岐阜市)[7.4km]
北方城(岐阜県本巣郡)[7.4km]

加納城の解説文



加納城(かのうじょう)は、岐阜県岐阜市加納丸の内にあった日本の城である。徳川家康による天下普請によって築かれた平城で、江戸時代には加納藩藩主家の居城となった。城跡は加納城跡(かのうじょうあと)として国の史跡に指定されている。

構造 

加納城は2重の堀をもつ、南北に細長い城(南北約550メートル、東西約400メートル[1])であり、城の大手門は北側にあり、中山道に面し、大手門前で屈曲する構成となっていた。内堀は本丸を取り囲む形で配置され、少なくとも北堀は障子堀であった[2]。外堀は東側が荒田川、北側が清水川、西側が長刀堀[3]であり、南側の外堀は加納中学校付近にあった。主要な部分は本丸を中心に、東に二ノ丸、北に厩曲輪・三ノ丸、南に大藪曲輪があった。この城の石垣には加工するにはあまり適さないチャートが使われている。

城下町・加納は、東に配置された武家地と、北側にある中山道53番目の宿場である加納宿であった。

本丸

本丸は方形をなし、そこから外枡形が突出している。これは初期徳川系城郭の特徴のひとつで「加納城型」とも呼ばれている。

『加納城修理絵図』には、本丸北西隅に天守台、北東、南東、南西の隅に2重の隅櫓、南西隅櫓と天守台の間に二重櫓が1棟が描かれている[4]

天守は上げられず、代わりに二ノ丸北東隅に御三階櫓が建てられていた。

御三階櫓

御三階櫓は、享保13年(1728年)に書かれた城絵図[5]によれば独立式層塔型3重4階である。二ノ丸の東北隅に建てられ、現存当時は「お三階」と呼ばれていた。慶長6年(1601年)廃城となった岐阜城山頂にあった天守を移築したものと伝えられ、絵図面からは、東西面と南北面とで柱間寸法に違いがあるなど改変の跡と見られる構造が覗える[6]

享保13年に落雷による大火で焼失し、そのまま廃藩置県を迎える。現在は同地に岐阜地方気象台がある。

歴史・沿革 

前期加納城

文安2年(1445年)に川手城の備えのため、土岐氏の家宰の斎藤利永によって沓井城として築城された。船田合戦では斎藤妙純の居城となっていた。しかし、天文7年(1538年)にはすでに廃城となっている。

後期加納城

関ヶ原合戦の結果、それまで岐阜城を本拠地にしていた織田秀信(信長の孫息子)が追放され、慶長6年(1601年)に岐阜城は破却された。岐阜城の代わりとして翌1602年7月1日から加納城が築城され、9月に徳川家康の義理の息子である奥平氏が入城した時には本丸・二ノ丸は完成していたようである。縄張は徳川家康自身が行ったとされ、普請奉行は本多忠勝とし近隣の大名を動員した。いわゆる天下普請である。建材は主に岐阜城の櫓や石垣が用いられ、近くの革手城からも土砂などが用いられた。解体した岐阜城天守の部材を二ノ丸御三階櫓に転用したと伝えられる。加納城は加納藩の藩主の居城となり、慶長7年(1603年)に奥平信昌が入った後、奥平氏の居城となった。

寛永9年(1632年)に奥平忠隆が死去、嫡子がいないために改易されると従兄弟の大久保忠職が入城、一時的に城主となる。その後の寛永16年(1639年)に戸田光重が入城、3代にわたり城主を務めるが移封され、宝永8年(1711年)に安藤信友の居城となった。さらに時代が下って宝暦5年(1755年)に永井直陳が加納藩主となり、明治維新に至るまで永井氏の居城となった。

近代

明治4年(1871年)、廃藩置県によって加納県の県庁が置かれたが、同年11月に岐阜県へ合併した。翌、明治5年(1872年)、廃城令により城は廃城処分となり建物は破却。城門などは売却された。明治33年(1900年)、岐阜県師範学校が跡地に置かれ、本丸跡を運動場とした。明治39年(1906年)三の丸跡に加納尋常小学校が移転される。昭和14年(1939年)、本丸跡が陸軍第51航空師団司令部となり、戦後は昭和29年(1954年)から昭和50年(1975年)まで自衛隊の駐屯地が置かれるなどした後、昭和58年(1983年)10月28日に加納城跡として国の史跡に指定された。

近年の発掘調査で枡形や前期加納城の土塁・礎石の跡、埋没した石垣や井戸跡、多くの土器などが出土した。遺構は調査後に埋め戻され、現在では加納公園(本丸跡)と周辺に石垣、堀跡などがわずかに見られるのみである。

現存建物 

  • 岐阜市日置江 - 「EXEX GARDEN エグゼクス・ガーデン」に二の丸門とされる城門が移築されている。
  • 各務原市蘇原 - 城門2棟がそれぞれ個人宅に移築されているとされていたが、そのうち蘇原野口町(野口館)にあった「安積門」について、門の土台に残された墨文字から大垣城のものであることがわかった[7]。この門は中山道鵜沼宿に移築され、2009年5月から一般公開されている[8]

作品 

歌川広重の浮世絵「木曽海道六十九次」のうち「加納」に城の一部が描かれている。

参考文献 

  • 【書籍】「加納城跡の発掘 : 発掘22年の成果 」 |ref=発掘(2010)}}

加納城の口コミ情報

2022年05月15日 スーさん
加納城



私は岐阜市の信長神社からあるいたので、30分ほどかかりました。名鉄岐阜駅からなら20分ほどかと。本丸は公園になってますが、周りの土塁が残っており、その下の二の丸の石垣は岐阜城からもつてきたようです。三の丸には小学校が建っていて、そこにも石垣が残ってます。

2021年08月12日 式部少輔桜姫
加納城



関ヶ原戦のすぐに建てられており、豊臣方への抑えとしては凄く良い位置にある。荒田川のほとり、「西の山口(大内)、東の川手」の川手城の、川向。川手城の土塁が使われており、川手城はそれにより跡形もなくなってしまった。天守は造られず、岐阜城の天守が、二ノ丸に三階櫓として移築され、あったが火災で消失。

師範学校、日本軍駐屯地、自衛隊駐屯地、と経てきてるので、石垣と水堀(水なし)以外は何もなし。石垣が黒いのは、岐阜空襲のせい?金華山と同じチャートの、野面のカッコいい石垣が、真四角に本丸を囲んだ平城。

しかし想像より広い。二ノ丸に岐阜気象台、三ノ丸に加納小学校、曲輪もあり、大手町=大手門の表示にニヤニヤ。もう少し観光化されても良いのに、そのままの放置状態。まあ、これはこれで良いのかも。

2021年07月31日 いち近江守
加納城

関ヶ原戦のち岐阜城は廃城し、新たに加納に天下普請で築城
平城、本丸跡は土塁や石垣で真四角に囲まれて残る 明治廃城まで加納藩として奥平家ら徳川譜代で続いた。
廃城後も学校、自衛隊駐屯地などで使用され今に至る。石垣は岐阜城のようなチャートの石材を使用。また岐阜城天守を天守台に築かず、隅櫓として用い移築したが江戸期に焼失している

2021年01月05日 【城郭道】尾張守たっきー
上茜部城[加納城  周辺城郭]



加納城から歩いて15分程で着く上茜部城。現在、歩道のそばに石碑と説明板が建っています。遺構は無さそうです。
加納城リア攻めの際に行ってみてはいかがですか。

2021年01月02日 【城郭道】尾張守たっきー
駐車場[加納城  駐車場]

現在、駐車場となっているところはかつて堀だったところです。

2021年01月01日 【城郭道】尾張守たっきー
加納城



岐阜城付近の『歴史博物館前』から『加納付属小学校前』まで名鉄バスで移動し、歩いて10分で加納城に着きました。『加納付属小学校前』の近くの歩道橋に大手門跡の石碑がありました。

野面積みの石垣が本当に綺麗ですね。いくらでも見ていられます。なかなかの規模で楽しめるのですが、説明板が少ないのでもう少し建ててほしいですね。
加納城は現在、岐阜県ではなかなか見られない平野部にある野面積みの石垣を持つ城なので岐阜城へ行ったら是非、行ってみてください。

2020年10月14日 播磨屋弾正大弼
加納城

JR岐阜駅南口から加納めぐりバス(岐阜市コミュニティバス)が1時間に1本程度の頻度で運行され、加納城址もしくは加納公園バス停下車。土日祝も運行あり(2020年10月現在)。

加納城はJR岐阜駅から1.2km程なので、バスの谷間なら歩いた方が早く着きます。

2020年09月24日 織田上総介晃司
加納城

加納公園(加納城)の南側に駐車場があります。

公園内部からは土塁が、外からは石垣が見れます。
夏場は石垣に草が絡みついて隅石垣しかはっきりと見る事ができません。

岐阜城があるので観光としての加納城とは行政も見てないのだろう…
ただ公園としては市民の憩いの場となってます。

2020年09月01日 あん信濃守どうも
加納城

本丸の石垣がよく残っている。南側に駐車場もあります。

2020年08月07日 とんかつおやじND
上茜部城[加納城  周辺城郭]



1990年に堀秀政没後400年として、上茜部城跡堀秀政顕彰碑という石碑がある。

2019年06月08日 Pretty美濃守継之助
加納城



徳川初期城郭の特徴で「加納城型」とも呼ばれる東に突出した外枡形の石垣です。

2019年04月01日 えるパパ右兵衛督
加納城

只今、加納城参上!
中々感じの良い野面詰の石垣です。
桜も3分から5分咲きです。
もう2〜3日で見頃かと

2018年01月05日 みきを渡島守
加納城

JR岐阜駅から徒歩15分程度で到着します。
本丸をぐるっと回る形で石垣が残っており、なかなか見ごたえがあります。
特に南側からは、本丸を含めた外枡形の石垣も見ることができるのでオススメです。
また、本丸内は現在公園となっており、下記の通り開園時間が決まっていますので、注意が必要です。
5月〜9月:7:30〜19:00
10月〜4月:8:30〜17:00

2013年02月07日 はせちゃん弾正忠
加納城

2/10 10:00〜
厩曲輪跡にて、発掘調査現地説明会が実施されます
貴重な遺構を見られるかと

2011年01月28日 傾奇揚げ仙兵衛
加納城

今はただの運動公園

2010年09月13日 古楽侍従広家
加納城

本多忠勝が築城に関わった城の一つ

加納城の周辺スポット情報

 加納城二ノ丸跡(遺構・復元物)

 天守台(遺構・復元物)

 南門(裏門)跡(遺構・復元物)

 御三階櫓跡(遺構・復元物)

 大藪曲輪(遺構・復元物)

 大手門跡(碑・説明板)

 説明板(碑・説明板)

 説明板(碑・説明板)

 加納城跡 二の丸と三の丸(碑・説明板)

 上茜部城(周辺城郭)

 盛徳寺(奥平信昌墓所)(寺社・史跡)

 トイレ(トイレ)

 駐車場(駐車場)

 中山道加納宿まちづくり交流センター(関連施設)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore