更木陣屋(さらきじんや)

更木陣屋の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県各務原市那加西市場町3-117-1(旗本徳山陣屋公園)

旧国名

美濃国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

徳山則秀

築城年

慶長5年(1600)

主な改修者

主な城主

徳山氏

廃城年

遺構

土塁

指定文化財

再建造物

模擬門、復元井戸、石碑、説明板

周辺の城

長森城(岐阜県岐阜市)[3.1km]
野口館(岐阜県各務原市)[3.7km]
伏屋城(岐阜県羽島郡)[4.2km]
岐阜城(岐阜県岐阜市)[4.6km]
松倉城(岐阜県各務原市)[5.3km]

更木陣屋の解説文

更木陣屋(さらきじんや)は岐阜県各務原市(美濃国各務郡)にあった旗本徳山氏の陣屋である。

旗本徳山氏の所領地は美濃国大野郡徳山郷(旧岐阜県揖斐郡徳山村、現揖斐川町)であるが、美濃国各務郡西市場、山後、霧野、岩池、大島、島崎、野口など(現各務原市那加地区、蘇原地区)も所領していた。この地を治めるための陣屋である。

設置当初の陣屋の名は不明である。更木陣屋の名は、この地域を更木郷と呼ばれるようになってからという。

概要
戦国時代、織田信長、柴田勝家、前田利家に仕えたていた徳山則秀は、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは徳川家康に仕え、功績をあげる。この功績により、徳山則秀は旗本として、出身地の徳山郷と各務郡を所領する。本拠地は徳山郷としたため、各務郡を治めるために、1600年(慶長5年)に各務郡西市場に陣屋を設置する。陣屋の建物などの配置は、江戸時代に描かれた「更木陣屋絵図」で判明している。

旗本徳山氏は、1868年(明治元年)まで12代続く。

2000年(平成12年)、陣屋跡にて発掘調査が行なわれ、堀、井戸の跡、礎石などが発掘されている。

旗本徳山陣屋公園
2000年の発掘調査と古文書の「更木陣屋絵図」を元にした復元が行なわれ、、一帯は2003年(平成15年)、旗本徳山陣屋公園として整備され、江戸期陣屋風景が再現されている。

広さ0.45ha。建物跡などの遺構は、枕木や石、植物などで示されている他、白壁の門、復元井戸、池などが配置されている。また、園内にはエゴノキやウメなどの樹木が植えられている。

2006年(平成18年)、日本の歴史公園100選に選出される。

交通...

更木陣屋の口コミ情報

與儀様[2012年06月29日]
駐車場はありません…バスなどで来る方が良いと思います。今は公園となっているので、ちいさい子がときどき遊んでいます。

小学校がすぐ近くにあります。卒業生です。地域の歴史を学ぶという授業があります。手力神社も近くにあります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore