鷺山城(さぎやまじょう)

鷺山城の基本情報

通称・別名

鷺山城

所在地

岐阜県岐阜市鷺山

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

佐竹秀義

築城年

文治年間(1185〜1190)

主な改修者

斎藤義龍

主な城主

土岐氏、斎藤氏

廃城年

弘治2年(1556)

遺構

曲輪、土塁、横堀、竪堀

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

黒野城(岐阜県岐阜市)[2.7km]
岐阜城(岐阜県岐阜市)[3.3km]
北方城(岐阜県本巣郡)[5.5km]
加納城(岐阜県岐阜市)[5.7km]
川手城(岐阜県岐阜市)[6.1km]
高富陣屋(岐阜県山県市)[6.2km]
長森城(岐阜県岐阜市)[7.0km]
更木陣屋(岐阜県各務原市)[7.9km]
伏屋城(岐阜県羽島郡)[8.2km]
軽海西城(岐阜県本巣市)[9.0km]

鷺山城の解説文

鷺山城(さぎやまじょう)は、現在の日本岐阜県岐阜市にあった平安時代末期または鎌倉時代から戦国時代にかけての日本の城である。標高68mの鷺山の山頂にある。麓には福光御構(蝉土手城館)が築かれていた。

歴史
鎌倉時代の文治年間(1185年 - 1190年)、佐竹常陸介秀義が築城する。

室町時代、美濃国守護大名である土岐氏が文和2年(1353年)に川手城を築城するとその支城となったとされる。

永正6年(1509年)土岐政房の命で斎藤利綱が福光御構の普請を行っており、川手城から鷺山城に美濃守護所が移された。

永正16年(1519年)に土岐政房が死去すると、政房により追放されていた土岐頼武と守護代・斎藤利良は越前国の大名朝倉孝景の支援を受けて、福光御構、鷺山城、池戸城を落とし、福光御構に入った。大永5年(1525年)には、頼武の弟・土岐頼芸に鷺山城が占拠され、翌年迄に頼武は鷺山城を奪い返している。この内訌は享禄3年(1530年)まで続いたが、長井長弘や長井新左衛門尉(斎藤道三の父)に支援された頼芸方が勝利し、頼武は大桑城に入っている。

天文元年(1532年)頼芸は枝広館(現:長良公園)に移ったが、天文4年(1535年)の大洪水により枝広館は流された。 なお、同年には斎藤道三と小見の方(明智光継の娘)との間に濃姫が生まれて、1548年(天文17年)、道三が家督を息子の斎藤義龍に譲ると鷺山城に隠居し、濃姫は天文18年(1549年)2月24日にここから尾張国の織田信長に嫁いだので、鷺山殿と呼ばれている。

しかし義龍は、道三が義龍の弟(斎藤龍定)に名門一色姓を名乗らせたことから、弟に家督に譲るつもりと思って、1555年(弘治元年)、道三を鷺山城から追放する。翌1556年(弘治2年)、義龍は道三を攻め滅ぼし、これを討ち取った(長良川の戦い)。この戦いの後、鷺山城は廃城となったとされる。

現状
1964年(昭和39年)、東海道新幹線や名神高速道路の建設用土砂の採取のため鷺山城があった鷺山の一部は削り取られ、この時鷺山城の礎石と思われる石が発見されている。

一部は削り取られたが、城跡は保存され、土塁、堀等がある。 岐阜市鷺山水門社宅2棟傍に、山から伸びた土塁の一部が残る。館跡の物と思われる。

鷺山城の口コミ情報

2020年10月12日 播磨屋弾正大弼
鷺山城

公共交通機関では岐阜バス市内ループ線の緑ヶ丘バス停が最寄り。登山口のある鷺山公園まで300mほど(2020年9月現在)

2020年09月19日 JC大宰大弐VD
蝉土手城館[鷺山城  周辺城郭]

Google Mapで「蝉土手城館跡」となっている地点に、スポットを置かせていただきました。1509年ころに守護所が川手城から福光御構に移転ました。蝉土手城館は、その福光御構に関連するものだそうです。

2020年09月15日 幸畑相模守辰之助
鷺山城



岐阜城をこちらから眺めたくて登城。雲掛かっていて残念。城山の周囲は、かつての城下が想像出来そう。

2020年08月31日 とんかつおやじND
船田合戦終焉の地・舎衛寺[鷺山城  寺社・史跡]



舎衛寺(しゃえいじ)は岐阜県岐阜市城田寺にある真言宗御室派の寺院。船田合戦終焉の地の碑がある。

船田合戦(ふなだがっせん)は、戦国時代前期に発生した、美濃守護土岐成頼の後継者を巡る斎藤妙純と石丸利光の合戦。近隣の近江・越前・尾張も巻き込んでの争乱となった。利光は29日に自分の切腹と引き換えに成頼と毘沙童の助命を書いた降伏の書状を包囲軍に送り、承諾の返書を受け取ると翌30日に利高と共に切腹した。毘沙童は13歳という幼少だったため罪を許され、後に出家、日運と改名した。成頼は元頼と共に城を出ると言って聞かなかったが、政房の説得を受けて6月16日に単独で城を出た。そして20日に成頼を加納城に奉じる一方で城田寺城に火が放たれ、残された元頼は観念して自殺、1年に渡る合戦は終結した。

ウィキペディアより抜粋

遺構は微妙です。鷺山と鳥羽川を挟んだ北側にあります

2020年08月25日 VTR美濃守シゲ
鷺山城



今回は心洞寺さんに声を掛けて車を止めさせていただきました。本堂と反対側に登城口有り、鷺山城説明板有ります。

登り始めて直ぐの竹藪に竪堀、登城路はそのまま堀切になっていて北郭と南郭に分けてます。北郭は立木も有り展望は望めず、夏は下草に覆われてます。

堀切より山頂本丸は、駐車場より10分程で到着。三角点有り。そのまま一段下がると南側の展望良い所に東屋有り、東側に金華山岐阜城を望めます。

30分程有ればグルリと一回り出来ます。

東側麓に館跡の土塁有りですが、市の閉鎖中建物内なので立ち入り禁止となってます、道路から眺めると言った所でしょうか。

2020年08月06日 【城郭道】兵部少輔タッキー
鷺山城

冬の少し暖かい時期に心洞寺より登りました。歩くと土塁と曲輪が見れます。その奥には墓地があり、さらにその奥へ行くと山頂への登城路があります。上へ行くと堀切や虎口などの遺構が見られ、山頂の主郭に着きます。
主郭には石碑や説明板などがあり、主郭から土橋を渡って行くと屋根付きベンチがあります。そこからは斎藤道三の稲葉山城(岐阜城)を臨むことができます。

斎藤道三ゆかりの地である鷺山城。
岐阜城に行ったついでにやってみてはいかがでしょうか?

2020年04月19日 我流尾張守クール
登山口[鷺山城  その他]

鷺山小学校の隣に鷺山公民館が在り、道路を挟んだ向かい側に説明板があります。私は公民館駐車場に車を止めさせてもらいました。

2020年03月18日 青コアラ美濃守
鷺山城

登城路は複数ありますが、鷺山南麓の北野神社から登りました。神社用の駐車場が1~2台分。隣の鷺山公園にも駐車場があるみたいですが未確認です。

山といっても低山なので10分もあれば登れます。山頂近くの説明板に、「遺構は無い」と断言されていますが、それを信じて退却するのはあまりにもったいない気がします。
石碑がある曲輪(主郭?)と北側の曲輪の間の地形は堀切にしか見えないし、主郭の西側斜面には畝状竪堀と呼んでもいいぐらい、何条も竪堀が入っています。(あくまで素人の見立てですが)

また、北野神社の北、今は閉鎖されている社宅の北側の棟の裏に、館跡の土塁の一部が残っています。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore