黒野城(くろのじょう)

黒野城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県岐阜市黒野388(黒野城跡公園)

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

加藤貞泰

築城年

文禄3年(1594)

主な改修者

主な城主

加藤貞泰

廃城年

慶長15年(1610)

遺構

曲輪、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

市史跡(黒野城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

鷺山城(岐阜県岐阜市)[2.7km]
北方城(岐阜県本巣郡)[3.9km]
岐阜城(岐阜県岐阜市)[6.0km]
高富陣屋(岐阜県山県市)[7.1km]
軽海西城(岐阜県本巣市)[7.1km]

黒野城の解説文

黒野城(くろのじょう)は、現在の日本の岐阜県岐阜市に、戦国時代から江戸時代にかけて存在した日本の城である。

美濃国方県郡黒野の地に豊臣秀吉の命で加藤貞泰が築城。徳川家康の時代まで1代わずか16年間の存在だった。

概要
黒野城は平城で本丸を中心に二の丸、三の丸と三重の堀に囲まれた輪郭式の曲輪。 規模は東西約1,000m、南北約800m。

外堀の土塁は防御に適した凹凸形状の横矢構造で、要所には門、神社や寺院が風水思想で配置されていた。 郭内は二ノ丸・広小路・役所・道場・馬場・蔵屋敷など城の施設と、家臣196家の屋敷などが並んだ。

主な屋敷は土塁・堀に囲まれ、外敵に備えた環濠集落に似た構造である。南西側には、15の町屋敷が整然と配置されていた。

本丸の規模は約110m四方の方形。その土塁は高さ約5m、幅約15mの堀に囲まれていた。 入口は枡形虎口で織豊系城郭の特徴があり、現在の城址碑付近に石垣に囲まれた城門と橋があった。 本丸土塁上の北西と南東隅には櫓が設けられていた。

歴史
1594年(文禄3年)、加藤貞泰により築城される。

加藤景泰(貞泰の祖父)は土岐氏に仕え、美濃国橋詰庄で70貫の地を領していたが、加藤光泰(加藤貞泰の父)は斎藤龍興、豊臣秀吉に仕え、甲斐国24万石を与えられている。光泰は文禄の役に出陣したが、朝鮮で1593年(文禄2年)に病死する。

子供の貞泰は幼少であるという理由で、美濃国厚見郡・方県郡4万石に削封されてしまった。加藤貞泰は領内の寺院を仮の住居とし、黒野城の築城に着手した。

1600年(慶長5年)、石田三成と徳川家康が対立すると加藤貞泰は西軍側の岐阜城城主織田秀信につき、竹中重門(正室は貞泰の姉)ら美濃の武将らと共に犬山城の加勢に入った。また、弟の平内を江戸の徳川家康の下に人質として差し出した。 しかし、 貞泰らは以前から石田三成に恨みがあり、貞泰は加勢衆を東軍に味方するように説得し開城させた。この働きは家康から貞泰宛の5通の書状から、関ヶ原前哨戦での重要性を伺うことができる。 岐阜城が落城すると貞泰は西軍の大垣城の押さえとして本田(ほんでん)村に布陣した。...

黒野城の口コミ情報

青コアラ丹波守様[2017年06月20日]
本丸虎口には石垣が使われていたようで、説明板の裏にある石材には矢穴があるものも見られました。
今は虎口に2本の橋が架かっていますが、南側の橋は昭和に新設されたものです。

僅か16年しか存在しなかった割には外郭の遺構までよく残っています。外堀の跡はそのまま水路として随所に残り、特に多賀神社の裏の堀は水こそありませんが深くて見応えがあります。また、ここから東へ300m程の所に屈折した土塁も残っています。(説明板あり)

休日の駐車場については先人が書かれている通りですが、平日は本丸の西南、二ノ丸資料館の駐車場が利用できます。どちらもご厚意によるものですので、マナーを守って使わせて頂きましょう。

永久楽尾張守マクシミリアン様[2016年08月11日]
1.5キロまで近寄らないと取れず「どうして?」と思い、どうせならとリア攻めした。いやー良い城跡でした。本丸とか二の丸とか住民?による手作り感のある表示看板があちこちに。本丸跡は内堀跡に囲まれ、土日は脇の会社の駐車場が使えます。トイレもきれい(妻談)でした。住民に大事にされてる感があり、パンフレット(本丸跡にあり)によると、城主の加藤貞泰の善政を慕ってのことらしい。

まるき〜淡路守様[2016年02月12日]
どーぞ見ていって下さいと
アピール感を感じる城跡
城内に野球のユニフォームを着た人達が…かつて本丸のあった所はグラウンドに虎口には遊具が設置されており小さいお子さんが遊ぶ空間に
本丸(グラウンド)を土塁で囲う形になっていて土塁上の二ヶ所に櫓跡の案内板が設置されていました。堀はやや埋められて浅くなってしまっているが土塁も立派です
城内のあちこちに手書きの案内があったりと、近隣の方々が自分達の手でこの城を守っている!という感じが伝わってきます
近所に私設の資料館があるらしいのですがパンフレットを読むと事前予約が必要みたいです
武家屋敷跡や馬出し、広小路跡等お手製のプレートで案内されており当時の場所を想像しながら楽しめる城跡、城下だと思います。
パンフレットは城址案内板の所のポスト内にセルフサービスで
駐車場は土日祝のみ城址の奥 南西にある平成医療専門学院の駐車場が使用できるようです
フラっと立ち寄りサクッとみて回れる城址跡でした。

June02様[2011年01月25日]
住宅地にある平城としては、堀も残っており自治体に感謝です。
内堀周囲と土塁上を歩くだけでも、土塁の美しさと迫力を、また、高さをそれぞれ感じる事ができました。また、土塁上は隅櫓台跡を想わせる場所が2ヶ所あり、本丸跡入口では、桝形?虎口を想像してしまいました。
さらに、多賀神社裏手(北に徒歩5分以内)には、外堀と教えて頂いた水路?があり、神社を中心に東西に延びていました。
その外堀一部の写真をアップさせて頂きました。私見ですが、散策より探索の方が楽しめる城郭かも知れません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore