北方城(きたがたじょう)

北方城の基本情報

通称・別名

(北方陣屋)

所在地

岐阜県本巣郡北方町北方249

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

伊賀光就、戸田光賢(陣屋)

築城年

応仁年間(1467〜1468)、寛文9年(1669)(陣屋)

主な改修者

主な城主

伊賀(安藤)氏、稲葉氏、戸田氏(陣屋)

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

県史跡(北方城跡)、町史跡(北方陣屋跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

軽海西城(岐阜県本巣市)[3.4km]
黒野城(岐阜県岐阜市)[3.9km]
相羽城(岐阜県揖斐郡)[5.4km]
鷺山城(岐阜県岐阜市)[5.5km]
加納城(岐阜県岐阜市)[7.4km]

北方城の解説文

北方城(きたがたじょう)は岐阜県本巣郡北方町(美濃国席田郡)にあった戦国時代の平城である。

現在の大井神社の南東一帯といわれている。

概要
明応年間、伊賀太郎衛門光就が築城したという。

4代目城主の伊賀太郎衛門守就から安藤氏を名乗り、安藤守就に改名する。守就は当初土岐頼芸に仕えていたが、美濃が斎藤道三によって奪取されると、道三の家臣として仕えた。稲葉良通や氏家直元らと並んで西美濃三人衆と称されたという。

1556年(弘治2年)、道三と斎藤義龍の抗争(長良川の戦い)では義龍に協力し、義龍の没後は斎藤龍興に仕えた。

1567年(永禄10年)、織田信長の美濃侵攻に対して他の三人衆らと共に内応し、そのまま信長の家臣として仕え、引き続き北方城城主となる。しかし1580年(天正8年)、甲斐の武田勝頼と内通したという罪により、信長によって織田氏から追放され、北方城城主は稲葉良通がなった。

1582年(天正10年)、本能寺の変が起こり、信長が家臣の明智光秀により討たれると、守就は子の安藤尚就と共に挙兵して北方城を奪い、再起を試みた。しかし、稲葉良通に攻められ敗死し、北方城は廃城となる。

北方城の跡地には、1668年(寛文8年)に北方陣屋が築かれ、美濃国加納藩藩主松平光重の三男である戸田光直(戸田光賢)、旗本5,000石の陣屋となり、1868年(明治元年)まで存続する。なお北方城跡は1968年(昭和43年)11月に県指定の史跡に指定されている。

交通機関
岐阜バス北方円鏡寺線、岐阜高専線、北方穂積線、大野北高線「岐阜農林高前」バス停下車、徒歩5分。または大野真正北方線「北方一本松」バス停下車、徒歩5分。

JR岐阜駅バスターミナル(岐阜駅北)7番のりば。または名鉄岐阜のりば(名鉄岐阜駅西)6番のりば...

北方城の口コミ情報

無限織部正武威鉄駆様[2016年03月08日]
北方城、安東守就戦死地に行って来ました。両方とも最近、案内が綺麗に整備された様で迷わずに行けましたが駐車スペースが無く少し離れた場所に停めました。

酒水様[2015年09月18日]
ナビに岐阜県北方町北方代表地点と入力して案内通りに車を走らせます。ナビの地図を見ると目的地付近に三方が水路に囲まれた地点があります。そこへ行くと大井神社がありました。神社の鳥居の前に自然山常誓寺があります。その寺の向かいにある水路の橋に案内板があります。矢印の方向に進むと常誓寺の駐車場になっていて戸惑いましたが、駐車場と書かれた看板の奥に北方城の説明板があります。
「 安東守就戦死地」の石碑は偶然見つけました。場所の説明はできません。北方接骨院の向かいにある小路の突き当たりにあります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore