鏡島城(かがしまじょう)

鏡島城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県岐阜市鏡島

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

石河光清

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

石河氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板(切通陣屋)

周辺の城

北方城(岐阜県本巣郡)[3.5km]
加納城(岐阜県岐阜市)[4.1km]
川手城(岐阜県岐阜市)[4.6km]
鷺山城(岐阜県岐阜市)[5.0km]
黒野城(岐阜県岐阜市)[5.2km]
墨俣城(岐阜県大垣市)[5.9km]
軽海西城(岐阜県本巣市)[5.9km]
岐阜城(岐阜県岐阜市)[6.2km]
田代城(岐阜県羽島郡)[6.7km]
伏屋城(岐阜県羽島郡)[7.6km]

鏡島城の解説文

※この城郭は2021年4月6日に名称と位置が変更となりました。

鏡島城(かがしまじょう)は、美濃国厚見郡鏡島村(岐阜県岐阜市鏡島)にあった、戦国・安土桃山時代の日本の城(平城)。乙津寺の南門の前に位置した。

概要
築城者及び城主には諸説あり、『美濃明細記』は斉藤帯刀左衛門が創築し、河渡城主の安藤守就(守龍)の城であり、織田信長に武田信玄との内通を疑われ追放されるまで治めたとする。

『新撰美濃志』や『美濃稲葉志』によると、1545年に水害にあった乙津寺を復興している石河光清(石河駿河守)が築城者であり、豊臣秀吉に仕えた石川光政までの4代が在城した。光政は関ヶ原の戦いにおいて西軍に属し、改易される。 乙津寺の門前には、石河駿河守が領主であったとする塔頭が残されている。

鏡島城の口コミ情報

2020年12月28日 とんかつおやじND
鏡島城



築城者及び城主には諸説あり、『美濃明細記』は斉藤帯刀左衛門が創築し、河渡城主の安藤守就(守龍)の城であり、織田信長に武田信玄との内通を疑われ追放されるまで治めたとする。

『新撰美濃志』や『美濃稲葉志』によると、1545年に水害にあった乙津寺を復興している石河光清(石河駿河守)が築城者であり、豊臣秀吉に仕えた石川光政までの4代が在城した。光政は関ヶ原の戦いにおいて西軍に属し、改易される。 乙津寺の門前には、石河駿河守が領主であったとする塔頭が残されている。

石河氏は承久の乱の後に平政子(北条政子)に任じられて以来の美濃国厚見郡市橋庄の地頭を務めた豪族・小領主。
ウィキペディアより

現在は長瀬公園向かいの稲荷神社になります

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore