大桑城(おおがじょう)

大桑城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県山県市青波

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

大桑又三郎

築城年

鎌倉時代

主な改修者

土岐定頼

主な城主

大桑氏、土岐氏

廃城年

天文16年(1547)

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

市史跡

再建造物

模擬天守(ミニチュア)、説明板(古城山)

周辺の城

高富陣屋(岐阜県山県市)[7.7km]
黒野城(岐阜県岐阜市)[12.2km]
鷺山城(岐阜県岐阜市)[12.7km]
小倉山城(岐阜県美濃市)[12.9km]
岐阜城(岐阜県岐阜市)[14.4km]
北方城(岐阜県本巣郡)[15.7km]
関城(岐阜県関市)[16.0km]
相羽城(岐阜県揖斐郡)[16.9km]
神所城(岐阜県本巣市)[17.0km]
更木陣屋(岐阜県各務原市)[17.5km]

大桑城の解説文

大桑城(おおがじょう)は、鎌倉時代から戦国時代にかけて現在の岐阜県山県市にあった日本の城(山城)である。山県市大桑・青波・富永地区の境にある古城山(別名・金鶏山)(標高408m)の山頂付近に存在した。

概要
美濃守護土岐氏の守護所が置かれた城。古城山の山頂付近が本丸であり、その南に二の丸・三の丸が続き、400mにわたって曲輪が連なっていたと推定される。現在も曲輪、土塁等の遺構が残る。南麓(現在の市場、椿野、市洞)には城下町があって、栄えたという。城下町は越前国の朝倉氏の一乗谷城の城下町を参考にしたものであり、江戸時代まで残った。

歴史
『美濃国諸旧記』によれば、逸見義重が承久の乱の功績によって大桑郷を領地とし、子の大桑又三郎が大桑城を築いたとされる(1250年頃か)。また、守護・土岐成頼の3男の土岐定頼が明応5年(1496年)に改築し、大桑兵部大輔と名乗って一代限りで住んだともいう(後に大畑と改姓)。その後は土岐頼純・頼芸の兄弟が居城とした。1509年(永正6年)には守護代の斎藤氏が台頭してきた事もあり、土岐氏は拠点を川手城(現済美高等学校付近)から福光館(現岐阜市福光)に移し、さらに1532年(天文元年)に枝広館(現岐阜県立長良高等学校付近)に移す。

天文4年7月1日(1535年)、長良川の洪水で枝広館は流失したため、当主の土岐頼芸は拠点を稲葉山山麓に拠点を移した。また、土岐頼純は越前国の朝倉氏の協力で大桑城を拠点とし、城下町を開く。『美濃国諸旧記』によれば、1542年(天文11年)に斎藤道三に攻められ頼芸は城を出たが、尾張国の織田信秀の仲介で和睦し帰城した。しかし1547年に道三が再び侵攻すると落城して頼純は討死し、頼芸も本巣郡河内(現・本巣市)に逃れ、大桑城は道三によって焼かれた。

現在
1988年(昭和63年)、古城山山頂近くの大桑城本丸跡地近くにミニチュアの大桑城(模擬天守閣)が造られている。ミニ大桑城と呼ばれている。
城山山頂からは岐阜の街を展望できるため、現在では古城山は登山・ハイキングコースとして親しまれている。
大桑城、および大桑城城下町の跡は、山県市教育委員会の手で発掘調査が進められている。

登場する小説
司馬遼太郎 『国盗り物語』・・・土岐頼芸の籠る大桑城を斎藤道三が攻めて追放すると書かれるなど、大桑城がたびたび登場している。

落城に関する言い伝え
斉藤道三の配下の者が大桑城への抜け道が無いかを、山のふもとに薪を拾いに来ていた青波村の餅屋の老婆に尋ねると、抜け道は無いと答えた。老婆はふと考えると、「ふもとから城の下へ向かって草木を刈り取り、枯れた枝で火道を作ればよい」と提案した。この提案により火道が作られ、老婆が刈った枝や草の乾き具合を確認し、乾いた頃合を見て火をつける合図をした。すると火はふもとから城の建物の西へ、あっという間に燃え移り大桑城は落城したという。その後、落城は青波村の老婆が関与したことを知った大桑村の住民は、青波村との嫁入り、婿取りを行わなくなったという。

大桑城の口コミ情報

2020年08月14日 わんこ
大桑城

ミニチュアの大桑城がかわいいです!

2020年08月14日 武sige田sige弾正忠
大桑城



麓の大駐車場に駐めて『健脚コース』の方に挑みました。大河ドラマの効果かとても整備されており、歩きやすくて迷うこともなく山道を登って歩いて、途中見所の番所跡、曲輪、石垣、切井戸など観る事が出来ました。私場合約45分程で主郭跡に到着出来ました。ミニ大桑城が設置してあり記念写真をパチリ。かなりの達成感を得られました。

下りははじかみ林道コースを下って行きましたが、こちらは万人向けでロープで手摺りなど、簡易版ですが階段も整備されて、しかも駐車場からの歩く距離が約880mと短くお手軽に山頂まで行く事が出来ます。

私は麓の大駐車場に駐めて来たので、はじかみ林道コースの入り口からのアスファルト道路がめちゃくちゃ長かったです。

2020年08月13日 とんかつおやじND
十五社神社[大桑城  寺社・史跡]



室町時代、土岐頼芸が大桑城城主となると、石清水八幡宮を勧請、合祀して「十五社大権現」と改称し、以後土岐氏の氏神として保護された。元禄14年(1701年)、本殿を改築(現本殿)、文化9年(1812年)、岩倉具選により「十五社大神宮」と改称された。
ウィキペディアより

大桑城御城印あります

2020年06月09日 陸奥守たろす
御城印[大桑城  その他]



美濃守護土岐氏最後の居館である大桑城が斉藤道三に攻められ落城するにあたり麓の老婆の助言で麓から火を放ちあっという間に城に燃え移ったとの逸話が残る
◆その逸話からか?御城印にあえてバーナーで焦げ目を付けるという一風変わった御城印です
◆先人様の口コミの他に麓のインディアンビレッジTWO-SPIRITSさん(革製品や銀細工)で入手可能
◆古銭で造ったオリジナル桔梗家紋ピンバッチもあります

2020年06月07日 尾張国の毬部
はじかみ林道登山口 説明板[大桑城  碑・説明板]



登山口には案内板あり。
観光パンフが、雨に濡れないように作られた棚に各種入っていて、登山と城郭の説明があるマップももらえました。

案内・整備されている方が登山口にいらして、2020年6月から開始した御城印の販売(200円)をしていて、登山道と周辺のことなども詳しく教えてくれました。
※その際に聞いた情報では、土日に限らず滞在していることもあり、また下の古城山登山口(けんきゃくコース)にいることはほぼない、とのことでした。

御城印は、美濃和紙でできており、1枚1枚バーナーで焼き目を入れた世界で一枚のもの。土岐市の菩提寺である南泉寺の印が入っています。枚数がどれほどか分かりませんが、その方から購入する以外に南泉寺、十五社神社、四国山香りの森公園カフェといった場所で授与があると聞きました。

2020年05月05日 城郭道の兵部少輔タッキー
四国堀[大桑城  遺構・復元物]



大桑城下の谷筋をふさぎ止めるようにつくられた堀と土塁の跡があります。深さ5メートル、幅8メートルで長さは100メートルほどです。

尾張、伊勢、越前、近江の4ヶ国の加勢を受けてつくられたことから四国堀と呼ばれるようになったそうです。

2020年05月05日 城郭道の兵部少輔タッキー
模擬天守[大桑城  関連施設]



1988年(昭和63年)に古城山山頂付近の大桑城本丸跡にミニチュアの大桑城天守(模擬天守)がつくられた。ミニ天守と言われている。

2020年04月19日 我流尾張守クール
大桑城

古城山登山口→山頂 約2.1㎞ 遺構等を確認しながら約80分 比高300m

何人もの方々が一筆で書き込みをされていましたが、軽い「登山」です。
トレッキングシューズ、トレッキングポールがあると便利です。

山頂→はじかみ林道登山口 約0.9㎞ →古城山登山口 約2.7㎞
約12,000歩です。

遺構は当然として特筆するのは新調された「ロープ」及び「ロープワーク」です。
切井戸への誘導ロープは本当に助かりました。

熊には出会いませんでしたが、大河ドラマに呼応したか?蝮がトグロを巻いていました。



2020年02月24日 甲府左京亮城介
戦死六萬墓[大桑城  碑・説明板]



斎藤道三との戦いで、戦死した者を弔った墓。なお、この六万という数字は、実際の数ではなく、沢山という意味のことです。

2020年02月15日 蘭来(¬_¬)河内守蘭丸
大桑城

はじかみ林道側からの登城
令和2年2月17日〜21日の間、大桑城登山道が整備のため通行止になります。
お越しの際は椿野広場方面から登城可能か問い合わせの上お越しください。

2020年02月05日 陸奥守たろす
伝「切井戸」[大桑城  遺構・復元物]



先人のリア攻めマップに説明等補足させて頂きます。

【アクセス】
古城山登山口から登城すると細長い曲輪を抜け主郭に登る手前位に「国盗り物語ゆかりの地 霧井戸入口 →」の看板が現れます。
(本来は立て看板だったのが破損したまま置かれてます。無くならなければ良いが…)

矢印に従い右に向かうと、すぐに両脇に白ロープが張られてますので、それに従い急斜面を降りると切井戸に着きます。

途中に分岐点がありましたが、これははじかみ林道登山口からのルートでしょうかね?

この急斜面の道、登山道も含め多分この城を散策する中で一番険しい道で、帰りは四つん這いになるような所もある道でしたのでご注意を!

切井戸の下にはこの城で一番高い(と思われる)石垣もあります。

【切井戸】
古城山服に位置し、現在も水をたたえている。土岐頼芸が斉藤道三との戦いに敗れ逃れる際、家宝の「金色の鶏」をこの井戸に隠したといわれ、元日の朝にこの井戸から鶏の鳴く声を聞いた者は、長生きできるという言い伝えがある〈金鶏伝説〉

2020年01月14日 しょう備中守
大桑城

登山口は、二つありますが、遺構を見るなら、古登山口がお奨めです。
たまたま、係員がパトロールしてて、パンフレット頂きました。

2019年06月13日 庄内尾張守矢田
大桑城



素晴らしい眺望でも左側のミニ模擬天守はダメ‼登城道普請は感謝!模擬天守撤去し石柱表示等にしてm(__)m

2011年02月28日 シャア専用ゲルググ尾張守
大桑城

登山40分で山頂のミニチュア大桑城を拝めます!
堀切や番所跡もありました

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore