関城(せきじょう)

関城の基本情報

通称・別名

安桜山城

所在地

岐阜県関市山ノ手(安桜山公園)

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

建造されず

築城主

長井長弘

築城年

享禄元年(1528)

主な改修者

主な城主

長井道利

廃城年

遺構

曲輪、竪堀

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

加治田城(岐阜県加茂郡)[6.8km]
小倉山城(岐阜県美濃市)[7.0km]
堂洞城(岐阜県美濃加茂市)[7.4km]
猿啄城(岐阜県加茂郡)[8.1km]
野口館(岐阜県各務原市)[9.4km]

関城の解説文

関城(せきじょう)は、美濃国武儀郡(現在の岐阜県関市)に存在した山城。別名を安桜山城といった。

概要
安桜山(標高152メートル)に築かれた山城。山頂付近には、かつての本丸跡と思われる平地が残り、山の南側は急峻な岩壁、北側の斜面には複数の曲輪が造られている。関市黒屋から流れてきた用水が城の北で東西に分かれ、東は吉田川、西は関川となって城を巡り、南で津保川に注いでいるが、これらは築城後に掘られたもので、津保川と合わせて惣構の機能を持っていたと見られる。北の山麓には、城前という小字が残る。

歴史・沿革
享禄元年(1528年)に、長井長弘が築いたと伝えられる。その後城主は斎藤龍興の重臣長井道利になり、中濃から東濃可児郡あたりまでを勢力下においていたと考えられる。織田信長の美濃侵攻の中で、急遽防御施設が作られたと見られる。

永禄8年(1565年)には、長井道利が城主を務めており、道利と近隣の加治田城主佐藤忠能、堂洞城主岸信周は同盟を結んでいたが、忠能が信長に内通。同年8月28日に、信長と忠能は堂洞城を攻め落とした(堂洞合戦)。その翌日、道利は加治田城を攻撃したが、信長が派遣した斎藤利治に攻められ関城に退却。9月1日に利治に包囲されると、道利は開城して立ち退き、関は信長の手に落ちた(関・加治田合戦)。

その後、関に城主は置かれず、信長は代官を派遣し直轄統治したと見られる。

関城の口コミ情報

あきおこ弾正大弼様[2017年05月16日]
【アクセス】関市の中心にある安桜山山頂に位置し、わかくさトンネル南口右側、各所に遊歩道があります。長良川鉄道関駅西側に有料駐車場があります。
【見どころ】主郭や東西の郭、北側に帯郭がありますが北側帯郭は城跡の雰囲気を残しています。かなり埋もれていますが竪堀が一条確認できます。西山麓には善光寺のミニチュア版、関善光寺があり、五郎丸ポーズの仏像を拝む事ができます。また関は、うなぎの名店が多く、しげ吉などはお薦めです。

とも様[2014年03月16日]
安桜山の南西、孫六町に安桜山駐車場(無料)があります。
山頂へ登る道は何ヶ所かあり、駐車場の奥にもあります。
関城の由来が書いてある看板は、若草トンネルの南口脇に立っています。

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年08月21日]
関城からR248を東海北陸道をくぐり抜けた町外れに白神ってラーメン屋の軟骨海老そばが旨い。東海テレビの番組で柴田理恵が絶讚していた。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore