堂洞城(どうほらじょう)

堂洞城の基本情報

通称・別名

堂洞山城、堂洞掻上城

所在地

岐阜県美濃加茂市蜂屋町下蜂屋

旧国名

美濃国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

岸氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

加治田城(岐阜県加茂郡)[1.6km]
関城(岐阜県関市)[7.4km]
猿啄城(岐阜県加茂郡)[7.6km]
金山城(岐阜県可児市)[9.3km]
明智長山城(岐阜県可児市)[10.4km]

堂洞城の解説文

堂洞城(どうほらじょう)は美濃国中濃(岐阜県加茂郡富加町夕田)にあった日本の城(平山城)。別名、堂洞山城、堂洞掻上城。濃尾平野の北で、加治田城から目と鼻の先にある。

概要
創築者・築城年は不明。蜂屋頼隆が織田信長に内心してから、天文・永禄の頃には岸信周が城主であった。

信長の中濃攻略阻止のために築かれた城で、加治田城・佐藤忠能、関城・長井道利、堂洞城・岸信周の中濃三城で盟約を結んだが、佐藤忠能が信長に内心し、堂洞城を中心とした堂洞合戦の後、落城。そのまま廃城となった。本能寺の変後、混乱に乗じて斎藤利堯と森長可による加治田・兼山合戦の際、堂洞城跡は森長可の加治田攻城戦の本陣として使用された。

現在
本丸、長尾丸、二の丸跡、土塁、堀が残り、本丸には石碑が建っており「南無阿弥陀佛」と刻まれている。城の米蔵跡からは黒く焦げた焼米が今でも出る。本丸にある岩場は岸信周が酒宴を催した岩で、八畳岩と言われている。

城域は富加町夕田、羽生、美濃加茂市蜂屋辺り。跡地の大部分がゴルフ場となっている。

登山道
富加町夕田、美濃加茂市蜂屋方面の二か所から本丸近くまで車で移動できる。ただしそこに至る道は狭い。

堂洞城の口コミ情報

カーネル様[2017年04月14日]
高山本線 美濃太田駅から
曜日によってはコミュニティバスが、運行してますので、利用するといいと思います

城は駅から北北西の方向にありますので、北上しながら、たまに西へ向かい、県道63号を目指します。県道63号が国道418号にぶつかったら左折します。ここから西に10分弱の左手に『土木造園河合建設』の看板で右折して北上します
小さく一山越えると貯水地にでます

狭い緩やかな登り坂の舗装路がだんだんキツくなり、坂を登りきった左手に給水塔、右に青フェンスがあります。フェンス左手から山道を進みます。ここからゴルフ場の敷地のようです

駅を出て1時間半で本丸着
石碑と案内板が立ってます。周囲は刈り込まれていて、整備されてました

次は北に直線距離で1.6kmの加治田城に行くので、本丸から北上すると、道は藪に。さらに先に進むと眼下にはゴルフ場が広がってるので、断念して戻る。途中で西に抜ける道があったので、こちらに進むとこちらもゴルフ場。しょうがないので、給水塔まで戻りました

本丸の北側は曲輪っぽい地形がいくつかありましたが、元々の地形なのか判断できず

木工助良澤様[2016年07月06日]
富加町郷土資料館にパンフレットがあるし、登り道の地図ももらえるぞ!

青コアラ丹波守様[2013年04月04日]
美濃加茂側から来ると、池の辺りから道が狭くなり、最後は前が見えないぐらいの急勾配になります。
駐車スペースも狭いので、大きい車は池の横に止めて歩いた方がいいかも。

日光人様[2012年05月22日]
美濃加茂方面より登城!中蜂屋の交差点に石碑があり!800㍍北へ道なりに進み、峠辺りにゴルフ場へ入るフェンスがありそこへ車を止め登城!
フェンス脇に山道(殆ど獣道)があり道なりに進みますが猪に注意の看板にビックリ!! 猪用の罠もあるので気を付ける事!!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore