大洞城(おおぼらじょう)

大洞城の基本情報

通称・別名

一柳城、津保城、町村城

所在地

岐阜県関市富之保大洞町一柳

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

宇佐見左衛門尉?

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

一柳直末

主な城主

一柳氏、斎藤氏、森長可、稲葉氏、遠藤慶隆、金森長近

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、石垣、土塁、竪堀、堀切、櫓台

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

加治田城(岐阜県加茂郡)[10.8km]
小倉山城(岐阜県美濃市)[10.9km]
堂洞城(岐阜県美濃加茂市)[12.1km]
関城(岐阜県関市)[14.8km]
金山城(岐阜県可児市)[16.8km]

大洞城の解説文

一柳城(ひとつやなぎじょう)は、岐阜県関市(旧美濃国武儀郡)富之保一柳にある日本の城跡(山城)。

別名、大洞城、津保城、町村城。

位置
郡上八幡城加治田城(加茂郡)の中間地点にあり、重要な位置にあり重視された。濃尾平野最北端からまだ津保川を上流へ向かうと、山に囲まれた盆地に位置する。一柳城(大洞城)は武儀町一柳の山頂付近に築かれており、西を武儀倉川、東を津保川が流れ、二つの川は下流で合流して三方を川に囲まれた地形にある。

概要
築城年代は明応年間(1492年から1501年)までの間とされ、美濃国守護土岐氏の家臣と伝わる宇佐見丹波守弘房が大洞城を築城し先谷八幡宮を造営した。天正12年(1543年)には宇佐見左衛門尉という人物が先谷八幡宮へ大般若経600巻を寄進している。その後美濃を攻略した織田信長は、郡上八幡城の遠藤慶隆の南下に備えて、大洞城を一柳直末に命じて改修させる。その際大洞城から一柳城と改称する。その後、加治田城主の美濃斎藤氏利治の領土となり支城となる。斎藤利堯病死後、加治田城(廃城後)に次ぐ重要拠点となる。森長可が小牧・長久手の戦いで討死後の1587年、豊臣秀吉は遠藤慶隆を転封し、一柳城(大洞城)に稲葉貞通を入封。稲葉貞通は郡上八幡城を中心とし、中でも大洞城は加茂郡から郡上八幡に至る重要な位置にあり重視された。

1600年、関ヶ原の戦いの際、遠藤氏は東軍に属して郡上八幡城、一柳城を攻めた。戦後、稲葉氏は豊後国臼杵城主として転封され、一国一城令に基づき、一柳城は廃城となった。

現在
主郭、腰曲輪、小曲輪、土塁、竪堀、堀切、櫓台、石垣、虎口跡の石積が残り城郭遺構が現存している。
主郭には小さな祠が建っており一柳神社がある。
城跡より、周りの盆地を見渡すことが可能で小さいながらも城下町が残る。

大洞城の口コミ情報

あきおこ【御旗楯無】様[2017年05月17日]
【アクセス】関市富之保県道63号線沿いのスーパーマルマンと住宅の間に神社への道路が登城路です。トイレはありません。駐車場は無いので神社の空き地か路肩スペースに駐車することになります。
【見どころ】神社左横は居館跡と思われる削平地があります。ここから城跡までは約10分。竪堀状の虎口を経て左側が郭を破壊した空き地がありその先の藪の中に破壊を免れた土橋を伴う堀切があります。虎口右側が主郭側で城の見どころともいえる立派な櫓台石垣が現れます。破城痕なのか一部崩れています。櫓台横の狭路には鏡石が置かれ虎口となっています。帯郭を経て桝形虎口を通ると主郭に至ります。虎口付近は石垣が残存します。主郭北尾根には堀切があります。北帯郭周辺は樹木が刈られて眺望がいいです。未完成な感もある小城ですが、この奥美濃山中に織豊期の石垣が見られるのは感動ものです。

ゆう様[2015年09月30日]
以前 神社の脇から登りましたが 頂上から見下ろすと車で上れるような工事をしてました。
完成してるか どなたか教えてください。

三河守コーキしゃん様[2013年02月24日]
地図のピンの位置より南側(県道63号線)にスーパーがあり、スーパーの脇の路地を北に進むと一柳神社があります。

一柳神社の裏の山が大洞城です。

神社に3台程クルマを置けるスペースがあり、トイレはありません。

山の谷間をひたすら登ると、途中で竪堀になります。

主郭部には石垣があり、南側の櫓台にも石垣が残っていています。

登城道に当たる谷間は道がないので登る際は注意が必要です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。