臼杵城(うすきじょう)

臼杵城の基本情報

通称・別名

丹生島城、巨亀城、金亀城、亀城

所在地

大分県臼杵市臼杵1175

旧国名

豊後国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

複合式望楼型[3重4階/1601年築/破却]

築城主

大友宗麟

築城年

永禄5年(1562)

主な改修者

主な城主

大友氏、福原氏、太田氏、稲葉氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、櫓、石垣、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(臼杵城跡)

再建造物

大門櫓、石碑、説明板

周辺の城

水賀城(大分県臼杵市)[3.1km]
大友別館(大分県津久見市)[8.1km]
鶴賀城(大分県大分市)[13.2km]
烏帽子岳城(大分県大分市)[13.5km]
久保泊城(大分県津久見市)[16.4km]

臼杵城の解説文

臼杵城(うすきじょう)は、大分県臼杵市にあった日本の城。城跡は大分県の史跡に指定されている。戦国時代、大友宗麟により臼杵城の前身となる「丹生島城」が築かれ、大友氏の拠点となった。江戸時代には臼杵藩の藩庁が置かれた。

概要
丹生島は北、南、東を海に囲まれ、西は干潮時に現れる干潟の陸地でつながるのみという天然の要害をなしていた。ちなみに丹生島の「丹生」とは「金属鉱石の産出する島」という意味である。義鎮は、この島一つを城郭化して干潟を干拓して城下を形成した。

大友氏改易後、石田三成の妹婿である福原氏、太田氏を経て、関ヶ原の役後は、慶長5年(1600年)に郡上八幡より5万石で稲葉貞通が入封した。以降、明治維新まで、稲葉氏15代の居城となった。

城には3重の天守と31基の櫓が上げられた。総二階造り(上下階の平面が同規模)の重箱櫓と呼ばれる形状をした二重櫓が特徴的であった。廃藩後は天守以下建物は一部を残し取り壊され、周囲の海も埋め立てられた。現在、城郭主要部は都市公園として整備され、石垣、空堀が残る。また、二の丸に畳櫓が、本丸に切妻造りの卯寅口門脇櫓が、それぞれ現存する。

歴史
戦国時代
15世紀後半、大友氏の16代当主である大友政親が一時的に臼杵に本拠を置いたことが知られている。政親は後に大内義興によって処刑され、本拠地も府内に戻されているが、その菩提寺である海蔵寺は現在の臼杵市内にあった(現在は遺構のみ)。

通説では1561年(永禄4年)、毛利氏との戦いに敗れた大友義鎮は、翌1562年(永禄5年)に臼杵湾に浮かぶ丹生島に新城を築き、大分府内大友館から移ったとされている。だが、1557年10月29日に宣教師のガスパル・ヴィレラからイエズス会に送られた書簡(『耶蘇会士日本通信』)には家臣の反乱(小原鑑元らによる「姓氏対立事件」)を避けるために丹生島に移った事が記されており、その後永禄年間初頭までの大友氏関係文書を分析しても義鎮が要人との会談や家臣の呼出を臼杵において行っており、そのまま「在庄(庄=丹生島がある臼杵庄)」していた可能性が高いことが裏付けられる。従って、具体的な時期を断定する史料は存在しないものの、義鎮自身は1557年(弘治3年)前後には臼杵へ拠点を移していたと考えられている。

ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの記録によると、城下には多くのキリスト教の施設が建立され城内には礼拝堂もあったとしている。その後、田原親貫の反乱鎮圧のために1579年(天正7年)から2年ほど府内に政庁を戻しているものの一時的な措置であり、大友氏の改易まで臼杵に本拠地が置かれていたと考えられている。

1586年(天正14年)の島津軍の侵攻(丹生島城の戦い)に対して「国崩し」と呼ばれたポルトガルから入手の大砲、「フランキ砲」を動員するなどして島津軍を退けたが、城も城下も大きく損失した。その翌年、大友義鎮は死去した。

近世
文禄慶長の役にて、義鎮の嫡子義統が敵前逃亡の咎を受けて改易処分となり、かわって石田三成の妹婿である福原直高が3年の間居城。...

臼杵城の口コミ情報

美濃守@チャージしたい様[2017年08月11日]
臼杵駅を出ると石仏のレプリカが迎えてくれます。駅から10分歩くと、案内板などがあり、迷わず東側の卯寅口に着きます。

丘というか岩盤上に石垣とともに建つ卯寅口櫓は、貫禄がある感じです。近くに卯寅口稲荷の赤い鳥居が連なるのを眺めつつ、丘に上がるとまず本丸に着きます。
本丸は東屋や神社、トイレなど散在して少し寂しげな感がありますが、鉄門櫓など周囲の石垣が立派で、特に北の空堀に下りて見る御三階櫓台の石垣は、草に覆われててもその偉容が伝わります。
鉄門櫓付近の土橋をわたると二ノ丸で、こちらはグランドや護国神社、国崩しなとあり、本丸より広く、フォトによく出てくる西側の大手口もこちらになります。
石垣も二ノ丸のほうが立派に見えましたが、より岩盤上に建つ城を感じさせてくれます。ここから国崩しを撃ち込まれたら、島津軍も堪らなかったのではと思わずにいられませんでした。

周囲の散策含め、一時間半滞在しましたが、夏場は水分補給必須です。記憶に残る見応えある城でした。

大塩東郷平八郎隼人佑鼎衛門様[2017年05月20日]
私の県の城跡は草ボーボーの荒れ山となっている所が多いので臼杵城みたいに街の真ん中にあって綺麗に整備されているのは羨ましいです。ついでに城下町を楽しく散策して心が癒されました。醤油ソフトクリームがあるので是非ご賞味下さい。

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
ここは私の好きな城のひとつです。
町に突如エアーズロックじゃないけど、こんもり城が出現します。
昼見ても夜見てもいいですね。
駐車場はあります。
尚、この町には一見した所宿はあまりない様でした。
お城の近くに一軒ありましたが、それ以外道中近くでは見なかった。

この城は正面の入口がいいですね。
夜ライトアップされてる所登るのもいいです。

織田大膳大夫晃司様[2017年02月13日]
[追記]臼杵城から西へ6〜7km行くと、国宝の臼杵石仏があります。
臼杵城とセットでどうぞ

織田大膳大夫晃司様[2017年02月13日]
古橋口前の駐車場に停めてまずは全景を眺める。自然岩の上に現存の畳櫓。そして長塀は5万石の城にしては規模の大きい城に感じる。
駐車場の道中を挟んだ向かいにあるCO・OPのお店で買い物をすると1時間無料になる。

ぐっさん^。^)y-様[2016年08月15日]
まずは~駐車場ですが、古橋口大手前にパーキングが有りますので(有料)そこを利用しました。
さて、城郭案内図が古橋口の横のトイレ付近に有りますので確認を♪登城前に…本丸・二ノ丸は当時は丹生島と呼ばれた様に島です。現在は埋め立てられて陸続きですが…当時の島だった事を城郭を1周する事で確認出来ます。だが…城郭断壁周りはすでに住宅が並び当時の面影が全て確認出来ないのも事実…悲しい事ですが…近代化には敵わない。(悲)ですが…見応えは有りますよ♪って事で1周しましたら定番ですが…古橋口門から1枚パシャッ♪記念を♪では登城ですが、古橋口門から入ります♪写真じゃよく見る畳二重櫓がお迎えしてくれます♪そして蛇行しまして大門櫓が…そして門を潜りますと二ノ丸に入ります。奥に進みますと…フランキ砲のレプリカが有りその奥に市民の憩い広場が有ります。さらに進みますと本丸入り口黒鉄門跡と堀切が(左側は土塁・右側は石垣)有り右側に進むと稲荷神社及び卯寅櫓が有ります。左側に行きますと天守台石垣が有ります。井戸は稲荷神社の階段を下りたら有りました。あとは…本丸と二ノ丸を1周しますと各櫓台石垣が確認出来ます。

加藤豊後守清正様[2013年04月13日]
美濃三人衆の一人、稲葉氏が築城しただけあって見事な造り。広大な場所に櫓19,門9基あるのだからいかに重要な場所かわかる。現存する畳櫓や卯虎口門櫓がそれを物語ってる。5万石にしては立派すぎる。

león伊豆守大途様[2012年10月02日]
臼杵駅より歩いて10分程、登城ルートは東側の卯寅口と西側の大手口がありますが、岩盤を削った鐙坂を登り、畳櫓に至る大手口からの登城がオススメです。

遺構は本丸の石垣と堀切、畳櫓と卯寅口門脇櫓が残っており、かなり見応えがありました。
天守台石垣は調査の結果、1594年〜1600年の間に築かれたことが確認されたそうです。
また卯寅口にある卯寅稲荷神社には、築城時に大友宗麟公が城の鬼門封じのため建立したとの由緒書きがありました。

その他二ノ丸にある大友宗麟公記念碑の隣に、島津軍との籠城戦の際使用されたフランキ砲“国崩し”のレプリカがあります。ちなみに本物の“国崩し”は東京・靖国神社の宝物館に展示されています。

卯寅口方面からは臼杵湾が望め、天気が良いと海風が心地いいですよ。

加藤豊後守清正様[2012年09月30日]
ここを治めていた美濃三人衆の一人、稲葉氏は質素倹約の一つとして、黄飯を食べていました。黄飯とは、お米にくちなしの実を入れて炊いたもので、参勤交代の際にもよく食べていたそうです。現在も郷土料理として残っています。
もう一つ、きらすまめしという料理がありこれが一番好きです

左近衛大将M三郎様[2011年08月14日]
臼杵城は、市街地に囲まれていますが、もともとは、周囲が高い断崖となっている丹生島に築かれた城です。島の崖上を本丸、二の丸とし、大手側でのみ平地部と接続されていました。このためか、外向きの石垣は大手方面と海側の虎口付近に集中しています。関ヶ原後のものと思われる石垣は切込接の精緻なもので、見応えがあります。また、大手口の登城路下部は、岩崖を削って設けられたもので珍しく、上部には櫓が残り城門、塀が復元されていますが、蛇行しながら登る白塀がとても素敵です。この城の建物は軒の出の小さい南国仕様です

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore