水賀城(みずがじょう)

水賀城の基本情報

通称・別名

水ヶ城、水上城

所在地

大分県臼杵市末広

旧国名

豊後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

臼杵長景?

築城年

永正2年(1505)?

主な改修者

主な城主

臼杵氏

廃城年

遺構

曲輪、堀切、竪堀

指定文化財

再建造物

周辺の城

臼杵城(大分県臼杵市)[3.1km]
鶴賀城(大分県大分市)[10.1km]
大友別館(大分県津久見市)[10.4km]
鶴崎城(大分県大分市)[15.1km]
烏帽子岳城(大分県大分市)[15.2km]

水賀城の口コミ情報

カーネル様[2017年12月13日]
スミマセン。ちょっとだけ続き

本丸から、南と西の尾根に降りましたが、遺構は確認できず

HPには南と北に尾根を分断する大きな堀があるとありましたが、尾根を歩いてきたのに発見できず。写真は頂上の標識を投稿しました

どなたかリベンジお願いします。往復して1時間20分でした

カーネル様[2017年12月13日]
臼杵市のHPに水ヶ城の名で情報があります

「通行困難だけど末広の皿山からなら登山可能」とあります。末広の皿山?と思いつつ、城の北の尾根まで、地理院地図に登山道があるのでこの道で登ることに。山頂までは直線で1.1km
山に入る道は沢の北側に書かれてますが、橋で沢を超えると鉄塔整備の標柱があるので、沢の南側から山に入り、沢沿いに登ります

50mほど高度をあげると鉄塔整備の標柱があり、右折して斜面を登ります。階段があり歩きやすいです。鉄塔を2つ超えた先で登山道は尾根を外れて左へ向かっていますが、我々は尾根から外れてはいけません

ここからシダをかき分けて尾根を登ります。青いペンキやピンクリボンがあるので、助かります
一つ目のピークは一段高い地形と周囲が曲輪の城っぽい地形。でも頂上は、まだまだ先なので先に進みます。頂上の北側尾根は、見通しもよく、土塁っぽい凸もありましたが
遺構とは判断できず。頂上では再びシダまみれ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore