栂牟礼城(とがむれじょう)

栂牟礼城の基本情報

通称・別名

所在地

大分県佐伯市稲垣

旧国名

豊後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

佐伯惟治

築城年

大永年間(1521〜1528)

主な改修者

主な城主

佐伯氏

廃城年

文禄2年(1593)

遺構

曲輪、堀切、堅堀、土塁

指定文化財

市史跡(栂牟礼城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

佐伯城(大分県佐伯市)[3.7km]
大友別館(大分県津久見市)[11.5km]
宇土山砦(大分県佐伯市)[12.5km]
用来城(大分県佐伯市)[14.0km]
久保泊城(大分県津久見市)[15.3km]

栂牟礼城の解説文

栂牟礼城(とがむれじょう)は、大分県佐伯市弥生(旧南海部郡弥生町)大字井崎上小倉にあった山城。大永年間(1521年-1528年)に佐伯惟治によって築かれたとされる。

概要
栂牟礼山は標高223.6m、比高差210mで、大友氏配下の佐伯惟治が1521年に築城。

その後、大永7年(1527年)に大友義鑑が謀反の企てありとして臼杵長景に命じ、2万余の軍勢を引き連れて攻囲、攻めるが天然の堅固な要害で容易に落城させることができなかった。そのため長景は使者を遣わして和議を結び、惟治は城を明渡し日向に落ち延びる。しかし途中、長景と通じていた土民に襲われ惟治は自害し、惟治の子も自害した。

栂牟礼城の口コミ情報

加藤豊後守清正様[2011年01月24日]
佐伯城の前の城。古城で、長年放棄されていたので、荒れ放題。途中、崖崩れでロープが張ってありましたが、山頂まで行くには困難で危険。反対側に道の駅があり、そこからだと、とても近いです。遺構は不明。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore