苅安賀城(かりやすかじょう)

苅安賀城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市大和町苅安賀字火口止外

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

浅井政高

築城年

永禄4年(1561)

主な改修者

主な城主

浅井氏、森久三郎

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

中島城(愛知県一宮市)[2.0km]
一宮城(愛知県一宮市)[2.6km]
野府城(愛知県一宮市)[3.7km]
片原一色城(愛知県稲沢市)[5.1km]
下津城(愛知県稲沢市)[5.5km]

苅安賀城の解説文

苅安賀城(かりやすかじょう)は、現在の愛知県一宮市苅安賀にかつて存在した、戦国・安土桃山時代の平城である。東西42間、南北32間の規模で内外二重堀の構えであった。

歴史
永禄4(1561)年に、近江の浅井氏庶族の浅井新八郎(政高)により築城されたといわれている。

新八郎の死後、その子田宮丸長時(浅井長時)が後を嗣ぎ、本能寺の変で織田信忠が討死すると、織田家次男の織田信雄に仕え、家老の一人となった。

羽柴秀吉に内通したと疑われ、信雄と不和となる。天正12(1584)年、信雄から和解の為、同じく信雄と不和になった岡田重孝、津川義冬と共に長島城に呼び出され、ここにおいて三家老共に討たれた。信雄は、長時を討った、森久三郎を城主とした。
小牧・長久手の戦いでは、信雄・家康軍の城として、尾張西部において重要な役割を負ったといわれる。

現在
現在苅安賀自動車学校の南西に石碑があるのみ。城の形跡は全く無い。

交通
名鉄苅安賀駅北へ徒歩3分。

苅安賀城の口コミ情報

橘友通様[2011年08月03日]
名鉄苅安賀駅から徒歩数分にある、苅安賀自動車学校前にて撮影

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore