中島城(なかしまじょう)

中島城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市萩原町中島字城址(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

中島氏

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

中島氏

廃城年

室町時代後期

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

苅安賀城(愛知県一宮市)[2.0km]
片原一色城(愛知県稲沢市)[3.3km]
一宮城(愛知県一宮市)[4.3km]
下津城(愛知県稲沢市)[5.1km]
北島城(愛知県稲沢市)[5.2km]

中島城の解説文

中島城(なかしまじょう)は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、尾張国中島郡中島村(現在:愛知県一宮市萩原町中島)にあった豪族中島氏の居城。

城主:尾州中島城主本居山城守源氏孝(戦国時代)

略歴
承久3年(1221年)6月5日に嵯峨源氏の流れをくむ中島氏が当地に土着したと伝えられる。
城主は中島左衛門尉宣長を名乗り、子孫は歴代中島蔵人とも号した。
戦国時代中期以降、近隣の斯波氏や織田氏(織田信長)などの勢力に所領を奪われ一時没落、一族は全国に四散した模様である。

落城後、中島氏は豊臣秀吉の家臣となり、中島式部少輔氏重(のち中島氏種)は大坂城に移り大坂七手組頭に任じられた。

資料
中島城址碑(一宮市萩原町中島字北方北浦)
:「尾張ノ豪族中嶋氏ノ城址ナリ 中嶋氏ハ嵯峨源氏ノ末流 平安末期コノ地ヲ領シテ勢アリ 城主ノ子滅宗 妙興寺ヲ創建スルヤ百町歩ヲ寄進ス 城ハ室町末期廃サレ 一族全国ニ散在ス」一宮市長

中島城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore