中島城(なかしまじょう)

中島城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県一宮市萩原町中島字城址(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

中島氏

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

中島氏

廃城年

室町時代後期

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

苅安賀城(愛知県一宮市)[2.0km]
片原一色城(愛知県稲沢市)[3.3km]
一宮城(愛知県一宮市)[4.3km]
下津城(愛知県稲沢市)[5.1km]
北島城(愛知県稲沢市)[5.2km]
野府城(愛知県一宮市)[5.6km]
加賀野井城(岐阜県羽島市)[5.7km]
八神城(岐阜県羽島市)[7.3km]
蜂須賀城(愛知県あま市)[7.4km]
黒田城(愛知県一宮市)[8.3km]

中島城の解説文

中島城(なかしまじょう)は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、尾張国中島郡中島村(現在:愛知県一宮市萩原町中島)にあった豪族中島氏の居城。

城主:尾州中島城主本居山城守源氏孝(戦国時代)

略歴
承久3年(1221年)6月5日に嵯峨源氏の流れをくむ中島氏が当地に土着したと伝えられる。
城主は中島左衛門尉宣長を名乗り、子孫は歴代中島蔵人とも号した。
戦国時代中期以降、近隣の斯波氏や織田氏(織田信長)などの勢力に所領を奪われ一時没落、一族は全国に四散した模様である。

落城後、中島氏は豊臣秀吉の家臣となり、中島式部少輔氏重(のち中島氏種)は大坂城に移り大坂七手組頭に任じられた。

資料
中島城址碑(一宮市萩原町中島字北方北浦)
:「尾張ノ豪族中嶋氏ノ城址ナリ 中嶋氏ハ嵯峨源氏ノ末流 平安末期コノ地ヲ領シテ勢アリ 城主ノ子滅宗 妙興寺ヲ創建スルヤ百町歩ヲ寄進ス 城ハ室町末期廃サレ 一族全国ニ散在ス」一宮市長

中島城の口コミ情報

2021年08月16日 主計助桜姫
中島城

疎らな家屋と、畑と植木畑の間に、石碑があります。

2021年07月04日 猫耳『感謝感激雨霰』
二子砦屋敷[中島城  周辺城郭]



築城時期、城主等は不明。

小牧・長久手の戦いの際、織田・徳川連合軍の砦として築かれたと伝わっているが、砦のあった正確な位置は不明で、二子不動明王高福寺の西側の踏切近辺が推定地とされているが、南側の住宅地内という説もある。

見張りや伝令等を置いただけの、小規模な砦だったと考えられる。

2021年05月23日 【城郭道】尾張守たっきー
高木城[中島城  周辺城郭]



現在は高木神社と成り化した高木城。遺構は見当たりません。この付近は城郭や史跡が多く存在するのでそれらを巡りながら攻城するのがおすすめです。

2021年05月23日 猫耳『感謝感激雨霰』
高木城[中島城  周辺城郭]



瀬味尾守瀬部正明の居城とされるが、築城年代等は不明である。

城跡は、高木神社の南東辺りとされるが、遺構、城址碑等は無い。

高木神社、隣の公民館改築の為なのか、参道が改変されて蕃塀が変な位置にある…。

2021年05月09日 猫耳『感謝感激雨霰』
滝川下屋敷[中島城  周辺城郭]



築城時期は不明。

滝川豊後守忠征の屋敷とされる。
父、忠澄は木全氏であったが、長男 忠征は滝川一益に仕えて、滝川氏を名乗った。
江戸時代に入ると、名古屋城築城奉行の一人となり、初代尾張藩主 徳川義直に仕えて6000石を賜ったと云う。

一時は廃されたが、1803年 滝川豊後守忠暁の時、この地に再び屋敷を構えて住んだと云う。

屋敷跡の場所は、因性寺を中心とする集落の北側辺りとされるが、遺構等は残っていない。

稲島城 滝川下屋敷跡の石碑は、以前はもっと南側の田畑の中にあったそうです。


2021年05月09日 猫耳『感謝感激雨霰』
木全屋敷[中島城  周辺城郭]



築城時期は不明。

滝川豊後守忠征の父、木全又左衛門忠澄の屋敷とされる。
苅安賀城主 浅井新八郎政貞に仕え、滝川一益の家老を経て、秀吉に仕えたと云う。

屋敷跡の場所は、不明だが因性寺を中心とする集落の北側に滝川屋敷跡があり、その近辺にあったと思われる。

2021年05月08日 猫耳『感謝感激雨霰』
中嶋宮距址[中島城  寺社・史跡]



人皇第十一代 垂仁天皇の第四皇女で皇大神宮(伊勢神宮内宮)を創建された倭姫命が、天照大神を奉斎する地を求めて各地を巡斎された際に、三ヶ月間逗留し、奉斎された場所と言われている。

石碑碑文

垂仁帝代倭姫命
奉於天照皇大神
自美濃伊久良川
遷而賜奉斎之地

2021年05月08日 猫耳『感謝感激雨霰』
中島廃寺[中島城  寺社・史跡]



中島廃寺跡 

昭和三十九年・四十年の発掘調査で、奈良・平安時代の軒丸瓦・鬼瓦等多数出土した。
石碑前の細長い石は、この時検出した一堂跡より発見された物である。
(石碑碑文より抜粋)

2021年05月07日 猫耳『感謝感激雨霰』
大道寺城[中島城  周辺城郭]



築城時期は不明。 別名・天池城

大道寺玄蕃頭直重の居城とされる。
1600年 松平忠吉が清州城主になった際、清州に移り居を構えた。
廃城時期は不明。

城址は、大願寺(廃寺になってます)北側、徳正寺西側辺りとされる。

2021年05月07日 猫耳『感謝感激雨霰』
鵜飼民部屋敷[中島城  周辺城郭]



築城時期は不明だが、鵜飼民部清重の屋敷跡と言われる。

鵜飼民部清重は織田信長に仕え「岩倉城攻め」や「浮野の戦い」で名を挙げたという。
「浮野の戦い」では、13の首級を挙げたといい、屋敷跡の南西に、その首級を弔った「十三塚」や「烏帽子塚」がある。

屋敷の跡地は、専正寺の東側付近と言われていますが、城址碑等は有りませんでした。

2021年05月07日 猫耳『感謝感激雨霰』
烏帽子塚[中島城  寺社・史跡]



鵜飼民部清重が、1558年の「浮野の戦い」で13の首級を挙げ、その首級を弔った際その一人の烏帽子を埋めたのが「烏帽子塚」と言われています。
付近に説明板等無く、田んぼの中央にある為、稲が成長すると場所が確認出来ないかも?
一応竹の棒が刺さってますが…。

2021年05月07日 猫耳『感謝感激雨霰』
十三塚[中島城  寺社・史跡]



鵜飼民部清重が、1558年の「浮野の戦い」で13の首級を挙げた際、その首級を弔ったのが「十三塚」と言われています。

田んぼの中央にあり、木々が生えている為、詳細は不明です。
稲刈り後、地面が乾燥した時しか近づけないかな?

2021年05月01日 猫耳『感謝感激雨霰』
萩原城[中島城  周辺城郭]



萩原城城主は、秀吉の姉婿・三好吉房の居城とされ、関白・豊臣秀次の実父。
天正十八年(1590年)秀次が尾張を領した際、吉房は尾張に十万石を与えられ、犬山へ移った。
江戸時代になり、徳川義直の鷹狩りの休憩所として、御茶屋御殿が築かれた。

現状は、住宅地・畑地で遺構は無く、御茶屋御殿跡の看板が駐車場の片隅に立っているが、経年劣化で文字が微かに読める程度になっている。


2021年05月01日 猫耳『感謝感激雨霰』
東宮重城[中島城  周辺城郭]



織田信雄の家臣 酒井新左衛門の居城。
後に、美濃国 板倉に移り廃城となる。

城跡は、東宮重公民館東側の神明社と云われているが、城址碑等はなく、地名に西屋敷・東屋敷の僅かな痕跡が残る。

2021年01月07日 【城郭道】尾張守たっきー
二子砦屋敷[中島城  周辺城郭]



名鉄尾西線の踏切あたりにあったとされる二子砦屋敷。かつて、小牧、長久手の戦いで徳川、織田連合軍によって築かれました。
現在、遺構はなく、畑地と化しています。

2021年01月04日 【城郭道】尾張守たっきー
稲島城[中島城  周辺城郭]



一宮興道高校の南にある城です。この城は現在、石碑があります。わかってるのは国府宮の神官・久田弥四郎の居城だったくらいです。もともとこの辺りは白鳳時代(645~710)創建の尾張最古の東畑廃寺の跡地だそうです。一宮市と稲沢市の境界に近いところにある稲島城。遺構は残っていませんが是非、行ってみてください。

2020年04月30日 【城郭道】尾張守たっきー
中島城

中島城付近にはアプリに載っていない城がたくさんあります。

東宮重城
二子砦屋敷
高木城
北方城
鵜飼民部屋敷 などなど

よかったら調べてみてください。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore