下津城(おりづじょう)

下津城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県稲沢市下津ふじ塚町他

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

室町時代中期

主な改修者

主な城主

斯波氏、織田氏

廃城年

文明8年(1476)

遺構

土塁

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

北島城(愛知県稲沢市)[4.3km]
岩倉城(愛知県岩倉市)[4.8km]
九之坪城(愛知県北名古屋市)[4.9km]
清洲城(愛知県清須市)[5.0km]
中島城(愛知県一宮市)[5.1km]

下津城の解説文

下津城(おりづじょう)は尾張国中島郡下津(現在の愛知県稲沢市下津高戸町)にあった城。種類は平城。「下津城址」の碑がある。一部土塁も残る。

解説
築城者の評細は不明であるが、応永7年(1400年)頃、尾張守護に補任された斯波義重が、下津城に尾張国の守護所を置いたといわれる。また永享4年(1432年)に第6代将軍・足利義教が富士遊覧の際に宿泊したといわれる。

応仁の乱が起こると、尾張国でも守護代織田氏が斯波氏の家督争いに介入して、二家に分裂して抗争を始めた。この時期に守護代織田家の嫡流で元々守護代職を世襲していた「織田伊勢守家」当主の織田敏広が入城し、居城としたという。

文明8年(1476年)、敏広は守護代織田家の分家筋の「織田大和守家」当主の織田敏定と戦って敗れた。『和漢合符』によると、この際に下津城は焼失したという。その後、尾張守護所はその別郭であった清洲城へ移ることになった。また、下津城を追われた敏広は岩倉城を築いて居城としている。

交通
JR東海東海道本線「稲沢駅」下車 徒歩15分

下津城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore