岩倉城(いわくらじょう)

岩倉城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県岩倉市下本町城跡124、121

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

織田敏広

築城年

文明11年(1479)頃

主な改修者

主な城主

岩倉織田氏(織田伊勢守家)

廃城年

永禄2年(1559)

遺構

指定文化財

市史跡(岩倉城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

小牧山城(愛知県小牧市)[3.8km]
小折城(愛知県江南市)[3.9km]
九之坪城(愛知県北名古屋市)[4.1km]
溝口城(愛知県西春日井郡)[4.5km]
下津城(愛知県稲沢市)[4.8km]
下奈良城(愛知県一宮市)[5.9km]
清洲城(愛知県清須市)[7.2km]
一宮城(愛知県一宮市)[7.5km]
宮後城(愛知県江南市)[7.5km]
小田井城(愛知県清須市)[7.7km]

岩倉城の解説文

岩倉城(いわくらじょう)は、尾張国丹羽郡岩倉(現在の愛知県岩倉市下本町)にあった城。市指定史跡。

文明11年(1479年)頃、「織田伊勢守家」当主の織田敏広(または織田信安の時代とも)によって築城されたといわれる。

この城を拠点として「織田伊勢守家」(岩倉織田氏)は尾張上四郡を支配し、尾張守護所が置かれた清洲城を拠点として尾張下四郡を支配した「織田大和守家」(清洲織田氏)に対し、武威を示して当時の尾張では清洲城と並び、重要な城であった。

弘治2年(1556年)、稲生の戦いで城主織田信安が、「織田弾正忠家」当主の織田信長の弟で末森城主織田信行(信勝)に味方したため、信長と対立した。その後、永禄元年(1558年)、浮野の戦いで信安の跡を継いだ嫡男織田信賢は敗れ、翌永禄2年(1559年)3月、岩倉城に篭城するも、信長に攻撃されて岩倉城は落城。

また一説に、岩倉落城は永禄元年(1558年)とする説もある。

現在の本丸跡には「岩倉城址」と「織田伊勢守城址」の碑がある。後者の碑は安政7年(1860年)に建てられたもの。なお二重の堀で囲まれた城だったらしい。

交通
名古屋鉄道犬山線「岩倉駅」下車 徒歩10分

岩倉城の口コミ情報

2021年09月02日 千鶴✿飛騨守
岩倉城



幹線道路沿いなので簡単に見つけることができます。この近くの『五条川さくら祭り』は多くの屋台が並んでたくさんの花見客で盛り上がります。

2021年02月11日 マイロ
岩倉城

県道沿い、気をつけなければ見落とします。周囲に車停めれるとこはありません。駐車場を探して県道より中に入りましたが、一通の狭い道が続いてお勧め出来ません。信長さん縁の、稲生の戦いを頭に入れてから来ると楽しいかもしれないです。今は桜で有名な五条川、当時は外堀に使われたのが地図から分かりました。

2021年01月13日 しげしげ右兵衛佐信繁
岩倉城

県道沿いに城碑、案内板が建てられていました。

2020年12月26日 【城郭道】尾張守たっきー
石碑『織田伊勢守城址』[岩倉城  碑・説明板]



岩倉城には2つ石碑があります。そのうち、階段を上がったところにあるのが『織田伊勢守城址』と刻まれた石碑です。この石碑はどうやら1860年(安政7年)に建てられたもののようです。
記念に撮影してみてください。

2012年04月12日 三河守コーキしゃん
岩倉城

石碑と説明板だけですが近くを流れる五条川はお花見スポットで1400本の桜がとても綺麗です

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore