小田井城(おたいじょう)

小田井城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県清須市西枇杷島町古城他

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

織田敏定

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

織田氏

廃城年

天正12年(1584)頃

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

清洲城(愛知県清須市)[3.1km]
田幡城(愛知県名古屋市)[3.2km]
日比津城(愛知県名古屋市)[3.2km]
名古屋城(愛知県名古屋市)[3.3km]
九之坪城(愛知県北名古屋市)[3.5km]
溝口城(愛知県西春日井郡)[6.0km]
松葉城(愛知県海部郡)[6.6km]
古渡城(愛知県名古屋市)[6.6km]
守山城(愛知県名古屋市)[7.0km]
北島城(愛知県稲沢市)[7.2km]

小田井城の解説文



小田井城(おたいじょう)は、現在の愛知県清須市西枇杷島町の古城交差点にあった、室町時代中期の日本の城(平城)である。

今ある城跡公園は、交差点を作る際に石碑を移築したものである。

歴史 

築城時期は応永年間(1394年 - 1428年)である。

清洲の尾張国守護代「織田大和守家」当主の織田敏定が清洲城の支城として築城したといわれる。その後織田敏定が本拠を清洲城に移すと、その弟とされる「織田藤左衛門家」当主の織田常寛が城主となる。

以来、「織田藤左衛門家」の居城として子孫の織田寛故、織田信張、織田信直らが城主となった。天正12年(1584年)頃、織田忠辰が羽柴秀吉によって追われ廃城になったとされる。

石碑は、1916年(大正5年)11月に大正天皇御大典記念事業の一環として建てられたものである。

歴代城主 

  • 初代:織田常寛
  • 2代:織田寛故
  • 3代:織田寛維
  • 4代:(織田寛故)
  • 5代:織田寛廉(信張)
  • 6代:織田信直
  • 7代:織田信氏
  • 8代:織田忠辰(津田忠辰)(廃城)

交通手段 

  • 名鉄犬山線 下小田井駅から徒歩で約10分。城跡(城址)公園内。

参考文献 

  • 【書籍】「西春日井郡誌」|ref=harv}}

小田井城の口コミ情報

2022年07月06日 SATO内匠頭
小田井城

公園の一角に石碑はありますが、遺構は全くないと思います。

2022年04月28日 スーさん
小田井城



公園の中に碑が建っているだけで、遺構はありません。Google mapsではそこから歩いて5分くらいの所に 本丸跡という表示があるので行ってみましたが、何も見当たらず💧でした。

2021年08月15日 最上右近衛少将一輝
小田井城



名古屋城からは徒歩で1時間弱。鉄道の最寄駅は下小田井か中小田井。名古屋市から赤とんぼ橋で庄内川を渡り、右側へ降っていき住宅地をしばらく歩くと現れる。公園に石碑がある城址。

2021年03月09日 しげしげ左馬頭信繁
小田井城



公園として整備されてました。立派な城碑があります。

2018年06月19日 杉ちゃん淡路守
小田井城

古城交差点も行ってきました。交差点付近は周囲の土地よりせりあがっていて、少しだけ痕跡があるように思えました。

2017年01月10日 大宰大弐お砂糖くん
小田井城

石碑のみ。大正5年設置のものと、昭和38年設置のもの2種類。
石碑自体移築されたもののようで、本来の城は少し離れたとこにあるようですが、遺構はありません。

小田井城の周辺スポット情報

 名塚城(周辺城郭)

 丹羽長秀邸(周辺城郭)

 大野木城(周辺城郭)

 坂井戸城(周辺城郭)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore