松葉城(まつばじょう)

松葉城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県海部郡大治町西條字城前田

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

織田伊賀守

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

前田城(愛知県名古屋市)[4.0km]
日比津城(愛知県名古屋市)[4.2km]
蟹江城(愛知県海部郡)[4.6km]
蜂須賀城(愛知県あま市)[5.3km]
清洲城(愛知県清須市)[5.6km]
荒子城(愛知県名古屋市)[5.8km]
大野城(愛知県愛西市)[6.1km]
北島城(愛知県稲沢市)[6.4km]
小田井城(愛知県清須市)[6.6km]
勝幡城(愛知県稲沢市)[7.0km]

松葉城の口コミ情報

2022年04月13日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
深田城[松葉城  周辺城郭]



築城主、築城時期は不明。

天文二十一年(1552)八月十五日、清洲城 織田彦五郎の家老、坂井大膳は、深田城・松葉城を攻めて、城主 織田右衛門尉(深田城)、織田伊賀守(松葉城)を人質に占領したとされる。

翌日、早朝に知らせを聞いた信長は、那古野城から出陣し、これを、きっかけに萱津合戦に発展しました。
信長は、合戦に勝利し、深田・松葉城の両城を奪回した。

深田城の位置は、よく分かっていない。
あま市にも、深田城があったとされている推定地があり、大治町内の地名にも、深田・西深田、大堀、堀之内等、城跡の名残りと思われる地名が残されている。

2022年04月13日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
松葉城



築城時期は、不明だが、戦国時代、この地域の豪族の安井氏の居城として築城され、その後、織田伊賀守の居城となったと思われる。

松葉城・深田城の城跡の位置は、特定されていない為、複数の推定地が存在する。

松葉城の位置には、深田城があり、少し北側の南屋敷の光暁寺・法城寺の周辺に、松葉城があったとされている説も有り、詳細は不明となっている。

近所の和菓子屋さんの和菓子の自販機の側面に、松葉城の文字が!?
大治歴史銘菓、松葉城。

和菓子になるくらいなので、近所の人はこの辺りに、城跡があったと認識はあると思うが、城址碑や説明板が、無いのが残念です。

2022年03月11日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
南大門[松葉城  寺社・史跡]



甚目寺南大門は、境内正面に建つ三間一戸の楼門で、屋根は入母屋造、こけら葺。下層中央を通路とし、その両脇後方に金剛力士像を安置する、柱は全て円柱で下層の柱上には手先が三つ前に出る、三手先斗栱を組んで上層の縁を受け、縁の四周には先端の刎ね上がった手摺状の刎高欄を廻らす。
上層は下層よりも柱間間隔を狭くして、円柱を立て正面と背面の中央間に両開きの板戸を設け、他の柱間は板壁とする、柱上には斜め下前方へ突き出る尾垂木を用いた、三手先斗栱を載せて屋根の深い軒先を支える。
この南大門は、あま市に現存する最も古い木造の建築物で、伝説によると建久年間に源頼朝の命により、梶原景時が奉行をつとめて建立したとされ、明治三十五年(1902)の解体修理の際に「建久七年造立」と書かれた墨書が見つかっている。
また、南大門に安置された仁王像は、鎌倉時代を思わせる作風から、伝承では鎌倉時代の仏師 運慶と云われていたが、平成二十年(2008)の調査により、慶長二年(1597)に福島正則によって、奉納されたことが確認された。

源頼朝・梶原景時と大河につられて、口コミ投稿です。

2021年12月04日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
桂城[松葉城  周辺城郭]



築城時期は不明。織田氏の一族、織田弥十郎の居城とされ、城の規模は、東西約90㍍、南北約72㍍と伝わる。

城跡の正確な位置は、特定されていないが、旧あま市役所七宝庁舎辺りの『城之堀』辺りか?、七宝庁舎南側を、東〜南へ流れる、小切戸川南側にある『月桂山 法光寺』辺りにあったとされている。

2021年06月17日 北風
松葉城



R302からすぐなので大治町というよりも中川区から北へ来た感じです。県道がカーブしている所がリア攻めマップにあります。保育所の東、元商店の角(鋭角)から北へ伸びる車1台がやっとと言う道も県道で、古の信長街道とのこと。甚目寺や蟹江ではそこそこ案内されていて意識させられますが、この道も集落が続き微妙に曲がっています。遺構はありません。津島への県道は交通量が多く、停車もままならない状況です。

2020年08月15日 kazzy
松葉城

ここが城跡と知らないと通り過ぎてしまいます。城跡の形跡も見つかりませんでした💦

松葉城の周辺スポット情報

 深田城(周辺城郭)

 深田城(周辺城郭)

 桂城(周辺城郭)

 お松の方生誕地(寺社・史跡)

 馬頭観音菩薩(寺社・史跡)

 鐘楼(寺社・史跡)

 平和之塔(寺社・史跡)

 宝物殿(寺社・史跡)

 (寺社・史跡)

 不動堂(寺社・史跡)

 十王堂(寺社・史跡)

 六角堂(寺社・史跡)

 大徳院(寺社・史跡)

 明王堂(寺社・史跡)

 弘法堂(寺社・史跡)

 社務所(寺社・史跡)

 鳳凰殿(寺社・史跡)

 東門(寺社・史跡)

 手水舎(寺社・史跡)

 釈迦堂(寺社・史跡)

 八大神社(寺社・史跡)

 甚目寺(寺社・史跡)

 本堂(寺社・史跡)

 日吉社(寺社・史跡)

 漆部神社(寺社・史跡)

 法花院(寺社・史跡)

 法華院(寺社・史跡)

 七福神石像(寺社・史跡)

 三重塔(寺社・史跡)

 南大門(寺社・史跡)

 鳳凰山 甚目寺 トイレ(トイレ)

 駐車場(駐車場)

 駐車場(駐車場)

 駐車場(駐車場)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore