蟹江城(かにえじょう)

蟹江城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県海部郡蟹江町蟹江本町城

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

北条時任

築城年

永享年間(1429〜1441)

主な改修者

主な城主

北条氏、滝川氏、佐久間氏

廃城年

天正12年(1584)

遺構

井戸

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

大野城(愛知県愛西市)[1.8km]
前田城(愛知県名古屋市)[3.7km]
松葉城(愛知県海部郡)[4.6km]
荒子城(愛知県名古屋市)[6.0km]
蜂須賀城(愛知県あま市)[7.8km]
日比津城(愛知県名古屋市)[7.9km]
勝幡城(愛知県稲沢市)[8.2km]
小木江城(愛知県愛西市)[8.6km]
長島城(三重県桑名市)[9.7km]
清洲城(愛知県清須市)[10.1km]

蟹江城の解説文

蟹江城(かにえじょう)は、現在の愛知県海部郡蟹江町にあった中世の日本の城(平城)。

概要
蟹江城は永享年間(1429年 - 1440年)に北条時任(ときとう)が城塞を築いたのがはじめと言われ、戦国時代には、本丸、二の丸、三の丸の三郭(さんかく)があり、大野、下市場、前田の三つの支城があった。しかし、1584年(天正12年)に起きた蟹江城合戦と翌年の大地震で壊滅した。現在は住宅地に城址の石碑と本丸井戸跡が残るのみである。

歴史・沿革
永享年間(1429年 - 1440年)、北条時任より築城される。

1555年(弘治元年)、今川方の松平広忠によって攻略され(蟹江七本槍)、その後も長島城主服部友貞の元、織田氏との対立の場となる。 1567年(永禄10年)、友貞の資金により、織田家家臣滝川一益によって再構築され、その後の北伊勢進攻(1568年 - 1570年)、長島一向一揆(1570年 - 1574年)鎮圧の拠点となる。 1583年(天正11年)、一益は賤ヶ岳の戦いの後に羽柴秀吉に敗れ、織田信雄の家臣、佐久間信栄が城主となる。 1584年(天正12年)、小牧・長久手の戦いにおける蟹江城合戦では秀吉方となった一益に攻略されるも、徳川家康・織田信雄の大軍に包囲され、篭城戦の末、半月後に落城した。 1585年(天正13年)、天正地震により壊滅した。

蟹江城の口コミ情報

2020年08月15日 FUKU宮内丞SUKE
蟹江城



信長公が清洲攻めに通ったと伝わる道。
蟹江城にも立ち寄ったのでしょうか? 
蟹江川(蟹江城すぐ)を上流に10分ほどの
所からがスタート地点です。

2020年08月10日 城郭道の兵部少輔タッキー
蟹江城



蟹江町歴史民族資料館に車を止めて資料館へ。中は無料でマンホールカードがもらえます。蟹江城に関する資料や蟹江の偉人についての展示などがありました。

そこから歩いて2分で蟹江城址公園に着きます。石碑を中心に住宅街の中にある公園という感じです。すぐそこに本丸井戸が道路にドーンとあります。蟹江城の唯一の遺構としてかつての姿を教えてくれる手掛かりの一つです。城攻めのあとは車ですぐそこの蟹江足湯の郷へ。足湯があり、無料で入れます。10時00分から20時00分までで良い湯でした。蟹江城の後に行くおすすめの場所です。

あ、コロナ対策はしっかりされてますよ!

2018年02月08日 れいぶ右兵衛佐りっく
蟹江城

道中の道は狭いのですが 石碑の回りはしっかり管理されてました


2011年01月07日 うさチ
蟹江城

石碑と看板がありました近くには本丸井戸跡がありますよ
また近くの歴史資料館には蟹江合戦の資料が閲覧できまぁす

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore