大野城(おおのじょう)

大野城の基本情報

通称・別名

大野城砦、宮山城

所在地

愛知県愛西市大字郷前(地図は石碑の場所を示す)

旧国名

尾張国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

佐久間信栄

築城年

天正12年(1584)

主な改修者

主な城主

佐久間信栄、山口重政

廃城年

天正13年(1585)?

遺構

消滅

指定文化財

市史跡(大野城址)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

蟹江城(愛知県海部郡)[1.8km]
前田城(愛知県名古屋市)[5.5km]
松葉城(愛知県海部郡)[6.1km]
小木江城(愛知県愛西市)[7.1km]
荒子城(愛知県名古屋市)[7.7km]

大野城の解説文

大野城(おおのじょう)は、かつて尾張国海部郡(現在の愛知県愛西市)にあった城である。

略歴
1584年、蟹江城の支城の一つとして、織田信雄の家臣、佐久間正勝によって築城される。

天正12年(1584年)4月、小牧・長久手の戦いでは、徳川家康側の城となる。同年6月、羽柴秀吉は長期化する戦いを決するため、蟹江城を味方に付け、滝川一益、九鬼嘉隆率いる水軍で大野城を攻めた。佐久間正勝の家臣、山口重政は母親を人質に取られたが城を守りきり、徳川家康・信雄の援軍により蟹江城は占領された。その間、大野城に家康の本陣が置かた。

この戦い(蟹江城合戦)が小牧・長久手の戦いの決着をつけ、和議となったといわれている。

廃城時期は不明だが、天正13年11月(1586年1月)の天正大地震で大きな損害をこうむっている事から、そのまま廃城された可能性が高い。

現状

屈曲した佐屋川の右岸・水田の中が当時の城跡である。遺構はほぼ滅失し、城跡を示す石碑が立っている。愛西市の史跡に指定されている。

大野城の口コミ情報

ハッセー丹後守様[2011年02月02日]
名古屋・蟹江からは県道29号を西進し、
日光川ポケットパークへ左折できる道のさらに一本奥を左折。
数百メートル南下し、道の左側を注意していれば「←大野城址」の小さな看板があるので
左折してすぐに石碑と真新しい説明板があります。遺構は特にないです

うさチ様[2010年11月25日]
近くにある蟹江城跡にもぜひ寄ってみてね近くの蟹江の民族資料館でこの大野城の事も学べるよぉ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore