桑名城(くわなじょう)

桑名城の基本情報

通称・別名

扇城、旭城

所在地

三重県桑名市吉之丸3421-1他

旧国名

伊勢国

分類・構造

梯郭式平城

天守構造

複合式層塔型[4重6階/1635年築/焼失(火災)]

築城主

本多忠勝

築城年

慶長6年(1601)

主な改修者

松平(久松)定勝

主な城主

本多氏、松平氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、石垣、堀

指定文化財

県史跡(桑名城跡)

再建造物

蟠龍櫓(外観復元)、石碑、説明板

周辺の城

長島城(三重県桑名市)[3.0km]
小木江城(愛知県愛西市)[8.8km]
茂福城(三重県四日市市)[8.9km]
大野城(愛知県愛西市)[9.8km]
蟹江城(愛知県海部郡)[11.5km]
浜田城(三重県四日市市)[13.5km]
前田城(愛知県名古屋市)[14.6km]
勝幡城(愛知県稲沢市)[15.5km]
松葉城(愛知県海部郡)[15.9km]
荒子城(愛知県名古屋市)[16.3km]

桑名城の解説文



桑名城(くわなじょう)は、三重県桑名市にあった日本の城である。江戸時代は伊勢桑名藩の藩庁が置かれた。

概要 

桑名市街の東端に位置し揖斐川に臨む水城である。城の北辺には東海道桑名宿「七里の渡し」があり、交通の要衝となっていた。歌川広重の東海道五十三次「桑名」に往時の城が描かれている。

城跡には現存建造物はなく、石垣、堀が残るのみで、現在は桑名城址九華公園として整備されている。

平成15年(2003年)に国土交通省水門統合管理所を建造するにあたって、かつての蟠龍櫓跡に建てることとなり、蟠龍櫓を外観復元した。二重櫓であり、1階は水門管理所となっているが、2階は桑名市所管の展望台兼資料室となっている。

沿革 

戦国時代の桑名の地には北勢四十八家と呼ばれる土豪が蟠踞(ばんきょ)して、伊藤氏の伊藤武左衛門の東城、樋口氏の樋口内蔵の西城、矢部氏の矢部右馬允の三崎城の桑名三城と呼ばれる城があった。現在の桑名城は東城があった辺りであり、永正10年(1513年)に伊藤武左衛門が城館を築いたのが桑名城の起源と考えられている。天正2年(1574年)織田信長がこの地を征し、部将の滝川一益が三城を配下に置いた。その後、豊臣秀吉の時代になると神戸信孝、天野景俊、服部一正、一柳直盛、氏家貞和、松平家乗と支配者が目まぐるしく入れ替わった。

関ヶ原の戦い後、覇者となった徳川家康は慶長6年(1601年)徳川四天王の本多忠勝を桑名10万石に封じた。忠勝は入封直後、揖斐川沿いに城郭の建造を開始した。城には船着場も整備し、4重6階の天守をはじめ51基の櫓、46基の多聞が立ち並んだ。また同時に城下町も整備された。築城開始当初には四天王の一人である井伊直政も家臣を動員して普請の応援を行ったという逸話がある。

元和3年(1617年)2代忠政は播磨姫路藩に移封となり、代わって松平定勝が入城。松平定重の時代、元禄14年(1701年)には桑名市街地の過半を焼く大火に遭い、この際に天守も焼失し以後再建はされなかった。

宝永7年(1710年)定重は越後高田藩に移封となり、代わって松平(奥平)忠雅が入城し7代続いた後、文政6年(1823年)に武蔵忍藩に移封となった。代わって松平(久松)定永が入城。先に高田に移封となった久松家の再入城となった。この際に藩祖である松平定綱(鎮国公)と実父松平定信(守国公)を祀る鎮国守国神社を城内に勧進した。

幕末には松平容保の実弟である松平定敬が藩主となり、京都所司代として兄と共に京都の治安を預かった。大政奉還の後の慶応4年(1868年)鳥羽・伏見の戦いに敗れた旧幕府軍と共に定敬も江戸に向かった。藩主不在の桑名城では抗戦か恭順か激論となり鎮国守国神社の神籤により上層部では抗戦と決定したが、下級藩士の猛反発にあい、結局は無血開城した。明治政府軍はこの際に辰巳櫓を焼き払い開城の証とした。

松平定信没後100年にあたる昭和3年(1928年)に本丸・二之丸一帯を整備し九華公園とした。昭和17年(1942年)には三重県の史跡に指定された[1]。 平成15年(2003年)には国土交通省水門統合管理所を建造するにあたって蟠龍櫓を外観復元した。

遺構 

伝承では、了順寺(桑名市大福)の山門が城門を移築したものとされ、現存する。三の丸御殿は浄泉坊(三重郡朝日町小向)に移築され、現存する。その他の遺構としては、一部堀が残り、また、海沿いには石垣が残り、県史跡の指定を受けている。

また、築港家の稲葉三右衛門による四日市港(四日市市)の建設工事の際に、明治政府の桑名藩に対する懲罰処分として桑名城石垣の一部を転用して外洋との防波堤が建造された。この堤防は通称「潮吹き堤防」と呼ばれ、堤防上に空いた穴より波の威力を半減するという珍しい構造から国の重要文化財に指定されている。しかし、その一方で歴史的建造物を破壊し富国強兵・殖産興業政策を推し進めた明治政府の行った悪政とみる見方もある。

復元建造物・周辺施設 

  • 蟠龍櫓(外観復元) - 「ばんりゅうやぐら」と読む二層櫓。国土交通省水門統合管理所の建物。
  • 本多忠勝像 - 他に「本多忠勝公墓石碑」など随所に忠勝関連の建造物。
  • 鎮国守国神社
  • 照恩寺山門
  • 七里の渡し - 「東海道」道標と鳥居が建つ。
  • 六花苑 - 実業家二代目諸戸清六の邸宅。国の重要文化財・名勝。
  • 立教小学校 - 藩校「立教館」の流れをくむ小学校。

画像集 

交通 

  • JR関西本線・近鉄名古屋線・養老鉄道養老線 桑名駅から徒歩で約15分。
  • 駐車場(無料)あり。

参考文献 

  • 【書籍】「定本 日本城郭事典」

桑名城の口コミ情報

2022年03月06日 三河守天天丸
桑名城



七里の渡跡から歩いてまずは蛮龍櫓。川に面しているので昔はよく見えたと思います。お堀に囲まれた公園はとても広く、天守跡は何処だ!?とウロウロしていたら神社の裏手にありました。石垣保全の為に登れなくて、下から見ました。

2021年09月23日 安濃津伊勢守壱午【若】
柿城[桑名城  周辺城郭]



城主は室町将軍奉公衆の佐脇氏とされています。弘治3年(1557年)に城主であった佐脇宗喜が六角氏家臣小倉三河守によって攻め滅ぼされました。

10年ほど前は、竹藪に埋もれていたため、虎口や土塁、堀など遺構はよく残っていたらしいですが、現在は宅地開発のため破壊されてしまっています。本丸跡には、展望台と東屋が建てられ、近隣住民の憩いの場となっています。また、僅かにですが土塁の痕跡も見られます。二の丸跡に案内板がありますが、朽ち果てており、まともに見れません。

10年前の柿城を見てみたかった…

2021年04月06日 安濃津伊勢守壱午【若】
矢田城[桑名城  周辺城郭]



北畠家臣であった矢田俊元の居城。滝川一益の伊勢侵攻により落城。長島一向一揆鎮圧の最前線基地となる。一益が長島城へ移ると家臣の杉山氏、野呂氏が入る。

現在は勧学寺の境内となっており、走井山公園として整備されている。春には100本以上のソメイヨシノが咲き誇り美しい。遺構は周辺を散策してみたが、それらしい遺構は無かった。公園内には、矢田城の説明板や第二次世界大戦の殉国碑、庚申塚がある。また、野良猫が多く、癒された。

新たな遺構が発見される事を望む。

2021年03月01日 【城郭道】尾張守たっきー
三之丸石垣[桑名城  遺構・復元物]

揖斐川に面する川口水門から南大手橋に至る堀の東側の城壁。この約500mは、ほぼ完全な形で現在も残っている。市の指定文化財。 ディアゴスティーニ日本の城より

2021年01月23日 さっちゃん
桑名城



15時半頃に車で行きました。
駐車場は柿安の隣の駐車場に停めました。
お花見やお祭りで何回かきた事のある九華公園ですが、桑名城の城址を訪ねるという目的で来たのは初めてだったので、色々発見があって面白かったです。
城址は二の丸掘りの橋を渡ってすぐの鎮国神社の奥にありましたが、戊辰戦争で亡くなられた桑名藩士の碑が立てられていました。
そして、橋の近くにある花壇に、お城の石垣に使われていたのではないかと思われる石を発見。無常を感じました。

2020年09月03日 桜井民部卿静龍
桑名城

桑名駅前の桑名物産観光案内所でレンタル自転車をかりました。雨降ってたけ。途中で止みましたが。本多忠勝公像近くのチャリ置き場から直ぐのところからはなーにもなくて驚きましたが、少し周り歩くと水門が藩政時代の櫓を再現してたり、縄張りが残ってたり、明治以降ですが治水工事の頑張りがみられたりしました。
天気がよければ楽しめる場所でした。ちなみに店は昼前は軒並み閉まってました😅今時勢やしね。

2020年03月12日 安濃津伊勢守壱午【若】
桑名城

遺構は少しだけ物足りないですが、水堀や水上に浮かぶ曲輪群、一部残る石垣や本多忠勝像は見ものです。水堀はとにかく幅が広い!忠勝はここで晩年を過ごしたと思うと感慨深いです。付近の旧東海道や七里の渡し、忠勝公墓所の浄土寺と合わせて訪れるのがお勧めです!

2019年03月22日 ドラガン尾張守店長
桑名城

東本願寺の桑名別院に寄りつつ、桑名駅から徒歩約30分。
東海道の要所、本多忠勝公の桑名城跡に着く。
見事な堀や縄張りは残るも、本丸跡には神社が建てられている。
近くには七里の渡しもあり、熱田の宮だけではなく、津島の佐屋にも航路が結ばれていたのを知る。
道すがら、焼き蛤や安永餅の店も多数あり、朝早く行ったのを悔やむ(^-^)

2018年05月19日 織田上総介晃司
桑名城

九華公園(桑名城)の駐車場はありますが利用は17:00までです。

水堀と神社脇に天守台があります。

投稿写真の蟠龍櫓は九華公園から揖斐川方向に進み本多忠勝公像からさらに進み九華公園からは離れた場所に水門管理所として復元されてます。

木曽川、揖斐川、長良川が注ぎ込み常に水害との闘いの場。

桑名の焼き蛤食べたかった…


2017年05月04日 右衛門督かげちゃんⅢ号
桑名城

バイクは駐輪場に駐める事ができます。本丸跡のグラウンドで近くの中学校(高校?)野球部が練習試合やっていたので、本多忠勝さんもどっかで見ていたかもしれないです。

2016年05月29日 あきちい播磨守
桑名城

桑名の由来…桑名城のある九華公園の九華(きゅうか)を(くはな)と呼ぶようになったと説明板に書いてありました

2012年08月24日 野舘宮内少輔サラマンダー
桑名城

2012年8月24日8時10分頃(45分)

駐車場は辛うじて開いていた市民プールに停めました(後払い200円)
本丸にあたると思われる神社の裏手から入ってしまい、訳も分からず天守台とおぼしき石垣を撮影し、水堀をぐるっと回って時間切れ

投稿写真にある復元櫓等は全く分からず、中途半端に退散してしまいました…

城跡というより地域に根付いた憩いの水上公園という趣があり、小坊主君も亀やアヒルを見つけてテンションを上げていました

2011年05月16日 シャア専用ゲルググ尾張守
桑名城

天守台が残ってます
神社の隅にあります!
(プールと野球場の間)

2010年07月25日 徳川内大臣源朝臣康武
桑名城

[武将像]本多忠勝像
三ノ丸跡に鎮座。

桑名城の周辺スポット情報

 二之丸石垣(遺構・復元物)

 二之丸堀 石垣礎石(遺構・復元物)

 三之丸石垣(遺構・復元物)

 了順寺(移築城門)(遺構・復元物)

 刻印石(遺構・復元物)

 浄泉坊(移築書院)(遺構・復元物)

 桑名城絵図(碑・説明板)

 辰巳櫓跡(碑・説明板)

 本多忠勝 銅像(碑・説明板)

 神戸櫓跡(碑・説明板)

 桑名城 天守台跡(碑・説明板)

 蟠龍櫓(碑・説明板)

 石碑(碑・説明板)

 中江城(周辺城郭)

 尾畑城(周辺城郭)

 尾野山城(周辺城郭)

 西方城(周辺城郭)

 江場城(周辺城郭)

 柿城(周辺城郭)

 矢田城(周辺城郭)

 公衆トイレ(トイレ)

 公衆トイレ(トイレ)

 柿安コミュニティパーク 有料駐車場(駐車場)

 六華苑 第二駐車場(駐車場)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore