浜田城(はまだじょう)

浜田城の基本情報

通称・別名

所在地

三重県四日市市鵜の森1

旧国名

伊勢国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

田原忠秀

築城年

文明2年(1470)

主な改修者

主な城主

田原氏

廃城年

遺構

土塁

指定文化財

市史跡(浜田城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

茂福城(三重県四日市市)[4.6km]
采女城(三重県四日市市)[5.3km]
神戸城(三重県鈴鹿市)[10.2km]
菰野城(三重県三重郡)[11.2km]
桑名城(三重県桑名市)[13.5km]
千種城(三重県三重郡)[14.1km]
国府城(三重県鈴鹿市)[15.4km]
峯城(三重県亀山市)[15.8km]
長島城(三重県桑名市)[16.1km]
亀山城(三重県亀山市)[19.4km]

浜田城の解説文



浜田城(はまだじょう)は、伊勢国三重郡(現三重県四日市市鵜の森一丁目)にあった日本の城(平城)。

概要 

文明2年(1470年)、この地を治める田原忠秀によって築かれた。田原氏は、もともと上野国赤堀庄に住んでいたが、応永年間(1394年 - 1428年)に田原景信が伊勢に移り、四日市の赤堀に城を構えたとされる。景信は、長男の盛宗を羽津に、次男の秀宗を赤堀に、そして三男の忠秀を浜田に配して、これを赤堀三家と称した。

忠秀は、浜田城の西方にあった東海道を海に近い東に移して交通の便を図った。また市場の整備をおこなったのも彼の頃で、四日市という地名も忠秀のころに生まれた名前といわれる。

伊勢軍記によると、忠秀の二代後の田原元綱の時、織田信長の家臣、滝川一益に攻められ落城。 元綱は討死したが子の田原重綱は城を脱出し、織田信雄に属していたが、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで討死し、田原家は滅んだとされる。 四日市市教育委員会によると、この浜田城落城は天正3年(1575年)の事で、その際に浜田城は廃城された。

また『勢州軍記』によると小牧・長久手の戦いの時、滝川雄利が松ヶ島城を開城した後、浜田城に移って籠城したとされる。

現在城跡は茶室「泗翠庵」を備えた鵜の森公園となっており、公園内の鵜森神社には忠秀以下四代の霊が祀られている。神社の周囲に土塁が残っている。また、同神社南側の池は、かつての浜田城の堀の一部である。

構造 

周囲が市街地化しており、現状では鵜の森神社周辺に土塁の一部が現存しているに過ぎず、当時の城の詳細は不明である。

浜田城の口コミ情報

2022年04月01日 藤堂内蔵助遼真
赤堀城[浜田城  周辺城郭]

石碑があるだけで、城郭などは残っていません。約700年ほど前に赤堀氏が築いたのことです。

2022年04月01日 藤堂内蔵助遼真
四日市陣屋[浜田城  周辺城郭]

今は中部西小学校にあります。江戸時代に四日市代官所としてあったらしいです。

2021年11月26日 おっちゃん868号
浜田城



現在、城跡は鵜の森公園になっており土塁が一部残るのみで、鵜森神社が建っています。南側の池はかつてのお堀だったと言われています。

2021年06月06日 安濃津伊勢守壱午【若】
羽津城[浜田城  周辺城郭]



上野国赤堀庄に土着していた田原氏が、伊勢に移り、この地に城を構える。元亀3年、信長による伊勢侵攻で落城する。小牧・長久手合戦後、廃城となる。

現在、城址には主郭、僅かながら土塁が残っている。看板や立派な石碑も設置されている。主郭は近鉄名古屋線で分断されてしまっている。私が訪れた際、駐車場は何故か封鎖されていた。この辺りは道が狭いので注意。近鉄阿倉川駅から徒歩での登城可能。

2021年05月01日 課長大和守side-B
羽津城[浜田城  周辺城郭]



羽津城は15世紀後半頃に田原盛宗によって築かれ、以降6代にわたり1570年前後に織田軍の北伊勢侵攻により滅ぶまで赤堀三家の一拠点として存在した城です。

現在は公園となった主郭の真ん中を近鉄名古屋線が貫通し、2分割された中央部を橋で繋いでいます…(^^;
西側部分には土塁や空堀の痕跡がうっすら残り、城跡碑や説明板も建っています。
また東側部分は広場になっていて遺構は無いですが周辺住宅地との高低差が城を偲ばせています。

アクセスは近鉄阿倉川駅から程近い位置で、クルマの場合も駅近辺に置いて向かわれると良いと思います。

2021年04月22日 御勘解由長官
浜田城



四日市駅からすぐのところの公園の一角にあります。高台を予想してましたが、平地でした。広くはないですが見どころの多い神社でした。

2021年01月31日 能登守さとみっくす
浜田城

近鉄四日市駅付近にある浜田城。現在は鵜森神社と化し、復元された冠木門をはじめ、石碑説明板、土塁らしきものがあります。
なかなかいいところなので行ってみてください。

2020年11月14日 てるちゃん
浜田城



市民の公園になっています。土塁らしき盛り土、かつての物か不明です


2016年09月14日 ソバッソ81.8
浜田城

遺構はほぼ残ってないっぽいっす

アプリの示す場所にある「鵜の森公園」→「鵜森神社」の境内に土塁が残ってる程度だとの事。
実際に見ましたが、遺構なのか後世の造成なのかは僕には分からんです。

平和な公園があり、近隣住民たちの憩いの場になっていました。
ジイ様が歩行器を使って散歩して
お母さんと女のコが遊んでて
若いカップルが昼間からイチャイチャしてて
そんな中、僕はカメラ片手に遺構はないかー遺構はないかー、と30分もフラフラとしてました。
ガツガツと遺構を探さずに、のんびりと公園を散策するが良いかと。

ただ、東海道と四日市工業地帯との位置関係から、交通の要衝を押さえる城郭だった事は読み取れます。
古地図片手に移動される前の東海道を探しながら歩くのも面白そうです。

2016年02月21日 御狐神左近衛大将双熾
浜田城

田原美作守忠秀によって築かれた城。
現在城跡は茶室を備えた鵜の森公園となり、公園内の神社に、忠秀以下四代の霊が祀られています。
公園側はかなり整備され遺構を確認することは難しいですが、神社側は一周するかのように土塁が巡っています。
茶室…泗翠庵(しすいあん)では一服400円でお菓子と抹茶が楽しめます。

浜田城の周辺スポット情報

 冠木門(遺構・復元物)

 浜田城址の碑、説明板(碑・説明板)

 羽津城(周辺城郭)

 四日市陣屋(周辺城郭)

 赤堀城(周辺城郭)

 鵜森神社(寺社・史跡)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore