神戸城(かんべじょう)

神戸城の基本情報

通称・別名

本多城

所在地

三重県鈴鹿市神戸5-10他

旧国名

伊勢国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

複合連結式[5重6階/1580年築/解体]

築城主

神戸具盛

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

神戸信孝、本多忠統

主な城主

神戸氏、石川氏、本多氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

石垣、堀

指定文化財

県史跡(神戸城跡)

再建造物

石碑、説明板、移築櫓、移築大手門

周辺の城

浜田城(三重県四日市市)[10.2km]
伊勢上野城(三重県津市)[10.2km]
峯城(三重県亀山市)[10.3km]
亀山城(三重県亀山市)[11.9km]
茂福城(三重県四日市市)[14.7km]

神戸城の解説文

神戸城(かんべじょう)は、三重県鈴鹿市神戸本多町にあった城である。江戸時代には神戸藩の藩庁が置かれた。

概要
神戸氏4代の神戸具盛が天文年間(1532年 - 1555年)に築城し、本拠地を澤城(神戸西城)から移した。その後、織田信長の3男神戸信孝により、より強固に修築された。城主は度々代わり、関ヶ原の戦い以降は一柳氏が5万石で入った。

その後一時期天領となった時期もあったが、慶安3年(1650年)、石川総長が1万石で当地に封じられた。享保17年(1732年)には本多忠統が2万石で封じられ、城を修築し入城した。以降明治維新まで、本多氏7代が居城として用いた。

本丸には野面積みの天守台があり、かつては神戸信孝により5重6階の天守が築かれ、北東に小天守と南西に付櫓がある複合連結式の天守であったことが確認されている。天守は文禄4年(1595年)に解体され、桑名城に三重櫓として移築され神戸櫓と呼ばれた。現在城の中心部は神戸公園となり、二の丸跡には、三重県立神戸高等学校が建てられている。

遺構
城跡は公園として整備され、本丸の石垣および堀の一部が残る。三重県の史跡に指定されている(1937年)。

現存する建物として、市内東玉垣町の蓮花寺の鐘楼として移築された二の丸太鼓櫓、および,四日市市西日野町の顕正寺に移築された大手門がある。

城下の龍光寺には、神戸城主の本多忠統が建てた書院(坐忘亭、県指定有形文化財)がある。

神戸城の口コミ情報

まー宮内卿様[2016年04月23日]
神戸城への案内表示はされてません。現在は神戸公園として整備されてます。天守台の石垣、本丸の土塁、堀も縮小されていますが残ってます。城跡が住宅地の中にあるため道路は一台分ほどの幅です。
駐車場は有ります。

ソバッソ店長様[2016年01月12日]
かんべ城に行って来ましたー
成り立ちは詳しくないので、現在の城郭について書きます。

現在遺構としてドカンと残ってるのは、本丸跡と天守台跡。なかなか立派な土塁と石垣でした。
石垣の天守台に使われている石が丸こい大きい物が多かったのが印象に残ります。滋賀の大溝城跡みたいな感じ。(河川もしくは湖なんかにあるような石ばっかりやったんで、もしかしたら鈴鹿山脈から採掘したものではなく鈴鹿川上流?)

神戸公園として整備されてるのですが、そのすぐ隣りが神戸高校です。二の丸かな。水路がその周囲にありまして、恐らく堀跡ではないかと。
ひとまず一周しましたが、民家の周りなんで怪しまれないようにご注意を。

神戸公園は高校生や近所の方の憩いの場のようです。天守台のベンチで高校生カップルがイチャイチャしておりました。

賛否あるとは思いますが、個人的には城跡の良き活用方法かと思います。地域のシンボルとして今も神戸城は健在でした。

startrek様[2013年05月29日]
二の丸二重櫓の鯱が市役所ロビーに展示されています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore